尾骨(尾てい骨)のズレと整体の関係

尾骨(尾てい骨)はしっぽのなごりで、体調には関係なさそうですが、尾骨がズレると、意外と他の部位の不調にもかかわってしまいます。

尾骨のズレとのかかわりが大きかった事例をさっと揚げると、

  • 「100mくらい歩くと、腰とお尻の付け根が痛くなって歩けなくなります。」 狭窄症と診断された。50代男性。
  • 「地面から踵が離れるときが痛いです。」 陸上競技をされている踵の痛みの中学生の男の子。
  • 「両足が臀部からふくらはぎまでつった感じで...」20代女性。
  • 妊娠9ヶ月で、股関節内側と恥骨周辺の強い痛み。 20代女性。
  • 「年明けにギックリ腰になって、それ以来腰が伸びない。」 50代女性。

当然、他の要因もたくさんあるのですが、尾骨がキーになり重要な関連性をもっていました。

尾骨がズレた。それは、カラダの中で補い合う形になります。

その結果、痛みは尾骨に出る場合もありますし、連動した他の部位に出ることもあるわけです。

尾骨が痛いとき、尾骨のズレ以外に要因があるのもそのためです。

カラダの不調との関連性と言う意味では、尾骨は重要な位置づけのある部位の一つと考えています。

尾骨痛(尾てい骨痛)専門ページへ戻る