冷えで尾てい骨が痛くなるの?

「今日は寒いから、〇〇が痛む!」 これは、

『一時的な冷えによるカラダの硬直』 である場合が多いです。

「私は暑がりで、寒い日でも汗ばんだりします。お風呂はシャワーだけです。」

この方のケースは、『冷え障害による冷えのぼせ』の可能性があり、カラダの状態とは逆行した症状が現れたりします。

温度差によって自律神経が乱れて内臓系に緊張が入る。

それが溜まっていくと内部の緊張が高まってくる。

内部の緊張が高まるとどうなるか?

筋膜が関わる引き合いの現象(連動現象)が起きて他の部位に影響してきます。

  • 休んでも取れない慢性の肩こり
  • 頻発する頭痛
  • 生理痛が酷い
  • 常に腰が重い
  • 足がだるい、しびれる

これら辛さの一つの要因として関わっていることがあり、慢性痛だけでなく急性痛にも影響がみられます。

ここでのポイントは、冷え障害によって起きた緊張が連動するという部分です。

構造的に悪くない箇所にも連動していくわけです。

つまり、尾てい骨(尾骨)自体が病院などで異常なくても、緊張の連動によって尾てい骨が痛むことがあるわけです。

尾てい骨の周囲や、肛門痛という形で出る場合もあります。

改善するには、

  • 半身浴などで、こまめに冷えを取り除く
  • 整体で内部との緊張連動を解放する
  • カラダ全体の緊張連動を開放する

内部との緊張連動に対しては、

  • 整体チェック法を使って施術ポイントを特定
  • 相対解除の間接手法により、その近辺に触れることなく緊張連動を開放

このように対処していくわけです。

尾骨痛(尾てい骨痛)専門ページへ戻る