突然のぎっくり腰。思い返してみれば..。

動けなくなる急性腰痛をぎっくり腰と言いますが、なぜ起きてしまったのか?

腰痛専門院として、ぎっくり腰の施術は良くあります。

ヒアリングから、

  • くしゃみをしたらなりました
  • いつもより長くマッサージ機にのっていました
  • 掃除の時に前にかがんだら、急に...

ちょっとしたことで起きていることがおおいですが、既に、余裕がない状態になっていたと思われます。

自律神経に着目した理論でぎっくり腰をみていくと、

『脳(無意識に働いている器官)が自分自身を守るために自分を落とす行為』

緊張が許容範囲を超えてしまって、「休みなさい。」と痛みを出してくれていると考えています。

元々ギリギリだったのです。

「思い返してみたら、最近調子に波がありました。」

と言われる方が多い。

ぎっくり腰になった時に大切なことは、刺激を入れないことです。

防御反応が働いているから、刺激に反応して緊張を強めてしまうからです。

なった時の対処も大切ですが、普段の不調をコントロールできる習慣を身に着けることが大切で、当院では施術だけでなく、習慣改善のアドバイスに力を入れています。

ぎっくり腰専門ページへ戻る