ぎっくり腰の痛みは骨のズレ?

私は開業当初、骨を触診して調整する整体を行っていたことがあります。

ずいぶん前のことです。

疑問に感じることがあって、開業後3ヵ月くらいで今の整体に切り替えました。

今の整体チェック法を使った整体で、その場で起きる変化を見て来て感じることは。

  • 骨のズレは存在している
  • 骨のズレは周囲の緊張のアンバランスで起きている
  • 骨のズレは周囲の緊張が解けると勝手に正常に戻る

痛みに関係している骨のズレって、不調和と言うレベルのズレで起きていて、目で見てわからないレベルなんです。

だからレントゲンでも異常とは映らない。

関節は靭帯でしっかり繋がっています。

骨盤 仙腸関節の靭帯

骨盤 仙腸関節の靭帯

こんな感じです。

だから、整体の範疇の要因では大きくズレようがないんですね。

骨のズレイメージ

これは、背骨のズレのイメージしました。

ズレとはこの様な不調和と考えています。

骨と骨の間は体液で満たされています。

ですから、本来はすぐに元に戻るはずですが、緊張のアンバランスで、動いても元に戻らない状態が続いている。

言い方を変えれば、緊張をとれば骨は勝手に戻るわけです。

ぎっくり腰の大半はカラダの防御反応が起きてカラダに緊張が入っている状態です。

骨のズレも発生していますが、筋肉や内臓の緊張を解くことが施術の中心になるわけです。

ぎっくり腰専門ページへ戻る

- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。