ぎっくり腰の痛みは骨のズレ?

私は開業当初、骨を触診して調整する整体を行っていたことがあります。

ずいぶん前のことです。

疑問に感じることがあって、開業後3ヵ月くらいで今の整体に切り替えました。

今の整体チェック法を使った整体で、その場で起きる変化を見て来て感じることは。

  • 骨のズレは存在している
  • 骨のズレは周囲の緊張のアンバランスで起きている
  • 骨のズレは周囲の緊張が解けると勝手に正常に戻る

痛みに関係している骨のズレって、不調和と言うレベルのズレで起きていて、目で見てわからないレベルなんです。

だからレントゲンでも異常とは映らない。

関節は靭帯でしっかり繋がっています。

骨盤 仙腸関節の靭帯

骨盤 仙腸関節の靭帯

こんな感じです。

だから、整体の範疇の要因では大きくズレようがないんですね。

骨のズレイメージ

これは、背骨のズレのイメージしました。

ズレとはこの様な不調和と考えています。

骨と骨の間は体液で満たされています。

ですから、本来はすぐに元に戻るはずですが、緊張のアンバランスで、動いても元に戻らない状態が続いている。

言い方を変えれば、緊張をとれば骨は勝手に戻るわけです。

ぎっくり腰の大半はカラダの防御反応が起きてカラダに緊張が入っている状態です。

骨のズレも発生していますが、筋肉や内臓の緊張を解くことが施術の中心になるわけです。

ぎっくり腰専門ページへ戻る