ぎっくり腰の対処法は暖めも必要?

ぎっくり腰が起きたら。

「まず、アイシング。」 というのがよく聞かれるところですが、これには意見が分かれるところではないでしょうか?

まずは、病院です。

先に整体を受けていただいても問題はありませんが、検査は大切です。

検査で問題ないぎっくり腰はどうしたらよいか?

コラム 「 繰り返すぎっくり腰 」 でも書きましたが、

ぎっくり腰は、きっかけはくしゃみなどの小さなきっかけであることが多いですが、

  • 冷え障害
  • ストレス

が要因になって、潜在的にカラダ全体に緊張が溜まっていて起きることが多い。

つまり、温めを行うことで元々溜まっている緊張を緩めることも可能なわけです。

ただ、痛い箇所はさわらないほうがいいですし、痛い箇所を温めるのも良くないでしょう。

どこを温めるか?

足を温めると緊張を緩める一助になると思います。

なぜ足なのか?

体内に発生する緊張のメカニズムの一つに、

『体内に温度差が生まれると自律神経が乱れてカラダに緊張を入れる』

というのがあります。

ぎっくり腰になる前に、この仕組みによってカラダに慢性的に緊張が堆積していたと考えると、カラダの温度差を無くすために、カラダの末端を温めるのが改善の一助になるわけです。

自律神経が整う効果があります。

一旦、ぎっくり腰になってしまうと、カラダはかなり過敏になっています。

足の暖めに即効性は無いでしょう。

早期改善には施術で緊張を解くことが必要になりますが、 間接的に末端を温めるのは施術を受けるまでの最も有効な対処と当院では考えています。

ぎっくり腰専門ページへ戻る