知られていない頭痛(片頭痛)の原因

病院で異常がなかった頭痛が対象になります。

なぜ、薬が効かないか?

なぜ、何度も再発するか?

  • 頭痛の要因へのアプローチ
  • 習慣改善

ができていないからです。

当院では、整体チェック法で反応した要因に技をかけて、その場で痛みの変化を確認しながら施術を進めていきます。

どの箇所にどの種類の技をかけて痛みが減ったかで、原因に対して何をすべきかがみえてきます。

頭痛発生の4大パターン

1.骨格系(疲労、使い疲れ、関節のズレ)の影響

頭痛パターン1

このタイプの頭痛は、薬も効きやすいですし、十分休めば治まることが多いです。

2.冷え障害で内臓が緊張して頭痛になるケース

頭痛パターン2

冷え障害とは冷え性とは違います。生活習慣からくるもので、温度差による自律神経の乱れが緊張を生むもので、普段、冷えとしての自覚がない方も、冷え障害がおきてしまっている場合があります。

冷え障害が起きるとカラダ内部に緊張が溜まって緊張が高まり、筋膜を通じた連動現象が起きます。

影響を受けた箇所が緊張して、それが頭であれば頭痛となるわけです。

このケースはとても多いのですが、ご自身も気づかないし、西洋医学では冷えの概念がないため対処できていないことが多いです。

3.ストレスが要因の頭痛

頭痛パターン3

ストレスによって自律神経が乱れて、様々な箇所に緊張が入ります。

直接、頭痛に関連する箇所が緊張することで頭痛になるパターンです。

強いストレスが関わっていれば、薬が効きにくい状況になります。

4.身に着けているものが影響している頭痛

頭痛パターン4

整体チェック法で片頭痛のリレーションをさぐると、カラダ内部が反応しました。

そこに緊張消去法を入れていくとその場で頭痛が取れていきました。

(緊張消去法とは、自律神経に働きかける相対解除の間接手法で、間接的にカラダ内部の緊張との連動を解放させることができる技です。)

次に、カラダ内部に緊張を入れていた要因をチェック法でさぐります。

すると、磁気ネックレスが反応しました。

これは、相性の問題で、この方には合っていなかったということになります。

磁気ネックレスを外してからは、以前のような大きな片頭痛は起きなくなりました。

治らない頭痛の要因とは

病院に行ってもわからない、薬を飲んでも効かない頭痛の要因。

それは、上記2、3、4にヒントがあります。

  • 冷え障害が強まってきた
  • 現在進行形のストレス要因もしくは古い緊張の蓄積が開放されていない
  • 相性が悪いとしらずにアクセサリをつけっぱなしにしていた

常にカラダに要因がつきまとって影響している。それに気づいていないから、何をしても効かない。
これらの要因にアプローチしていくと徐々に頭痛の出方が変わっていくのです。

もう一点大事な要因

  • 不要な刺激をカラダに入れ続けている

人のカラダは自律神経によって管理され守られています。

自律神経が刺激に反応して防御反応を起こし、痛みを増幅している場合が意外と多いのです。

良いことと勘違いして強いマッサージなどされている方は注意が必要です。

当院での頭痛アプローチ

整体チェック法を使って、痛点との連動ポイントを明確にします。

その箇所に相対解除の間接手法(緊張消去法など)で、緊張の開放や連動の開放をおこないます。すると、ほとんどのケースで頭痛がその場で弱まってきます。

しかし、それだけでは戻る可能性があります。

日常の習慣に元の要因が潜んでいるからです。

  • 冷え障害がなぜ起きるかお伝えする
  • 冷え障害を改善するための方法や方法の最適条件をお伝えする
  • ストレスの影響を最小限にするための習慣
  • 身に着けているもの(時計、アクセサリ、指輪など)とカラダの相性をチェックして身に着けない
  • 体に不要な刺激を入れないことを説明

日常を見直すことと、適切なタイミングで整体で緊張を取り全身を整えることで、薬に頼らない、頭痛になりにくいカラダを目指していきます。

頭痛(片頭痛)専門ページへ戻る

- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。