変形性股関節症と筋トレ

変形性股関節症のお客様とのヒアリングで、

  • 筋力トレーニング
  • 体操
  • 水中歩行
  • ストレッチ

という言葉がよく聞かれます。

医療機関の指導があってのことと思われますので、必要なケースがあるのでしょう。

「股関節の痛みを取りたい!」

整体療法を選択された時点では、かなり悪化されていることがあります。

整体チェック法で状態をチェックすると、カラダの防御反応が強く反応しているケースが多いです。

防御反応: 脳が刺激を検知し、その箇所を守ろうとその箇所に緊張を入れてくる。結果、痛みが刺激の前より増す場合がある。

良くなりたいと頑張りすぎたり、カラダに合っていない動きや刺激を与えることで起きやすい。

脳が自分自身を守ろうと必死で緊張を入れてきている現象ですから、本来の原因とは関係なくマイナス要因として改善を妨げているわけです。

防御反応を弱める

当院では、筋トレや体操やストレッチを一旦やめていただきます。

股関節にかかる負荷や刺激をやめることで、防御反応は徐々に弱まります。

防御時反応は、本来の要因を覆う形で起きていることが多く、防御反応が働きすぎていると技が入らないからです。

本来の整体要因にアプローチ

変形性股関節症改善ブログのリンクを載せておきます。

防御反応を解きながら、上記ブログの様に本来の整体要因にアプローチしていきます。

痛いからレントゲンを撮ると形成不全が発見された

臼蓋形成不全などが発見され変形性股関節症と診断される。

ここで考えていただきたいのが、

  • 痛みが出る前は形成不全は無かったのか?
  • 筋力が著しく低下して痛みが発生したのか?
  • 柔軟性が少なくなり痛みが発生したのか?

これらを考えると、痛みについては筋力・柔軟性・形成不全以外の要素、つまり、整体的要因の蓄積だけで起きている場合もあるというのが実績からも感じています。

整体的要因とは、冷え(温度差)とストレスが主要因です。

それらにより自律神経が乱れて筋膜や内臓系に緊張が入り、その緊張の蓄積現象で不調に至る。肩こりや腰痛など他の要因も同じメカニズムで発生します。

緊張層の蓄積で痛みが出るイメージ

整体チェック法で順序良く付帯する緊張層を解放すると、痛みが整体的要因で起きていれば、その場で痛みが変化していきます。

筋力トレーニングや体操やストレッチで改善していかない場合は、今はそれを行うタイミングではない可能性があると考えてみることも必要かもしれません。

水中歩行は、冷えとのかかわりがあるので、整体的要因との関わりを考えると注意が必要と感じています。

股関節痛専門ページへ戻る