姿勢に気を付けても肩こりが出る

姿勢が肩こりにかかわっているって信じていた

猫背だから仕方ないのかなあ?

とか、以前の慢性的な肩こりに悩んでいた私は、刷り込まれた情報を信じて矯正ストレッチなどをしていた時期があります。

しかし、常に重石が乗っかったような肩こりが変化することはありませんでした。

今の私は習慣改善によって慢性の肩こりから抜け出しております。

無理をすればコリは出るのですが、休めば引いていく。

慢性化から抜け出した私が今感じること

慢性化から抜け出したことで、何に反応してコリが発生しているかわかりやすいです。

特にパソコン作業の時に出やすい。

「早くこれを済ませなければ。」

って、期限とか設けるとコリが出やすい。

つまり、ストレスと比例して出ることが多いのです。(私のケースです)

コリは脳が神経を通じて起こしているもの

先のケースでは、ストレスの中でも責任感的なものとかプレッシャー的なものとかを感じて脳が神経を通じて肩に緊張を入れていることになります。

つまり、姿勢を正しても筋肉を付けても、負荷の問題ではないのであまり関係ないわけです。

発表会などいつもと違う状況でカラダが固くなるのと同じで、それが肩にかかっていると考えていただけたらわかりやすいと思います。

ストレスの影響。

これは整体的不調の代表的な要素で、影響を少なくするには習慣改善として何が必要なのかのアドバイスが大切と考えています。
肩こり専門ページへ戻る

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

↓更新情報の取得に使えます