船員さんの腰痛 いつものように運転していたら急に痛みが出て

病院で異常がない整体の範疇の不調は生活習慣の中に原因があることが多いです。

「この日じゃないと行けないのでお願いします。」

大型輸送船の20代運転手さんでした。

いつものように運転していたら腰に痛みが出てきて

「5日前から腰が伸びないんです。」

良くあるタイプの腰痛です。

「いつものように運転していると急に痛くなって。」

痛くなる前に何かストレスとかありませんでしたか?

「いつもより仕事時間が長かったかなあ。その後です。」

温度差で自律神経が乱れる

整体要因リレーション

  • 骨格系 10%
  • 冷えからの内部の緊張との連動 55%
  • ストレスからの影響 20%
  • 肩の緊張との連動 15%

冷え(温度差からの自律神経の乱れ)が大きくかかわっているみたいです。

整体チェック法でチェックしながら相対解除の間接手法で部位間の連動や緊張の蓄積を解放していきます。

緊張の量はたくさんありましたが、そんなに複雑ではないです。

確認で、

「反っても大丈夫です。楽です。」

「ひねると少し違和感があります。」

再調整で、

「痛み無いです。大丈夫です。」

よくある冷えがかかわる蓄積現象でした。

気づかないうちに蓄積する整体要因

なかなか「冷えで腰痛になっています。」といってもピンとこない方が多いです。

特に男性のお客様です。

「暑がりなのに...。」

整体での冷えは温度差で自律神経が乱れることで、冷たいものを飲んだり、エアコンの影響で足元が冷たくなっていたりで、冷えを感じていなくても温度差で自律神経が乱れて緊張がカラダに蓄積していくと言われています。

温度差対策はいろいろ

冷え取りが有効ですが、船の運転のお仕事で各地を行き来している方。

船上ではなかなか自分の都合で冷え取りをすることは難しいみたいです。

しかし、温度差という切り口で考えると、他にも方法はありますからそれをアドバイスいたしました。

腰痛はずっと繰り返してられたみたいですが、あとは習慣改善によって繰り返しにくくなると思います。

戻る腰痛専門ページへ戻る