整体での目標達成とは施術で辛さが消えることではありません

「こっても一晩寝ると消えています。」

「こんな感覚いままでなかった。」

「前は重石のように肩に乗っかっていて、何をしてもだめだったけど。」

「普段、気にならなくなった。」

目標達成です。

元々持っている機能がうまく働いている状態を目指す

本来、コリとか痛みが慢性化しているのは異常な状態です。

普段なんともなくて、無理をすればこることがある。

でも、十分休めば治る。

これが、治癒力がうまく働いている。機能的にバランスが取れた状態です。

慢性化の原理

緊張の蓄積によって、蓄積が許容範囲を超えた時に不調が出て、常にその状態から抜け出せない状況が慢性化です。

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

本来、蓄積を解放する力(治癒力)は誰も備わっていますが、カラダが解放する量より入ってくる量の方が多いから許容範囲を超えて慢性化状態になるわけです。

緊張の蓄積を減らす

整体の役目は、緊張の蓄積を早く減らすことです。

しかし、それだけではだめで、入ってくる緊張を減らさないと、いづれは受け皿がいっぱいになってしまいます。

蓄積にかかわる主要因である、

  • 冷え
  • ストレス

に対して対策をする。

そして、一番厄介な種類の緊張としては、

  • 防御反応

防御反応による悪化は、当院に来られる方ほとんどの方がかかわっているのです。

慢性化から抜け出すために大切なこと

冒頭のお言葉をもらえた時が、私としても一番の達成感を感じる瞬間ですが、冒頭のお客様は4回の施術で、慢性化から抜け出せた状態を体感できました。

ご来院当初の状態を思い出すと、とても速い改善と感じます。

習慣改善に真剣に取り組んでいただけたことが大きいでしょう。

習慣改善が大きく影響する

「何回で改善しますか?」

個人差がありますと記されていることが多いのがこの項目ですが、緊張の蓄積と不調との関係をご理解いただけたらわかっていただけると思います。

自律神経を乱す要因に対して極力対策して行くことが大切で、特に改善を長引かせる要因として防御反応に注意することが大切です。

不要な刺激を辛い箇所に入れないことが一番なのです。