頭がすっきりしない・喉痛・肩甲骨痛・寝付けない・痛みで目が覚める 50代女性

「まだ大丈夫。」と思いながら過ごしていたら、寝つきの悪さや肩甲骨の痛みで目が覚めたりで、「もうだめだ。」とご来院。

50代女性。

岡山移転当初からのお客様です。

お久しぶりです。

「休日も予定をたてるのめんどくさいと考えるようになってしまって、ただじっと休んでいるんです。」

「いままで、こんなことなかったのに。」

病院にも行かれて、並行しての施術になります。

ストレスが主要因の緊張の蓄積だった

整体チェック法で要因リレーションを確認していくと、

  • 部位間連動は脚部の緊張が主
  • 直接かかる緊張はストレス系

喉・肩甲骨は直接的にストレス系緊張がかかわっている。

一年以内に身内の特別な事が続いたが...

整体チェック法で反応する緊張を相対解除の間接手法を使って解放していきます。

ヒアリングで伺っていた、身内の特別な事がストレスとしてチェック法に反応してきました。

最近の事象が中心です。

解放して確認すると、

「肩甲骨痛み無い!なんで?」

「喉も消えている。」

「頭もすっきりしました。」

よくある簡単な不定愁訴の事例と似ていました。

整体要因を説明して終了。

マスキング現象が最近のストレスの自然な解放を妨げていた

緊張を解放していった経緯から感じたこと。

じわじわ緊張が蓄積したのではなくて、マスキング現象が起きたことで、最近入ってきた緊張が抜けにくい状態になっていたこと。

お支払しながら、楽になったことへの感嘆とお元気そうな表情。

これでいつもの調子に戻っていただけるかな。

戻る自律神経失調症(不定愁訴)専門ページへ戻る