感情の抑圧で起きるストレスは強い痛みとしてカラダに出やすい

言いたいことがあるけど...言えない。

これは、自律神経が乱れます。

つまり、緊張がカラダにかかることになります。

緊張の強さやかかる場所によっては痛みになる場合があります。

今回は、感情の抑圧ストレスのお話。

感情の抑圧から起きた痛み事例 動けないレベルの尾骨痛40代男性

「尾てい骨が痛いんです。」

「カラダを動かそうとすると激痛がします。」

一昨日の夜、急に痛みが出て、次の日、病院で異常無くご来院。

40代男性。

動き始めると激痛が始まり、ゆっくり痛みをこらえながら時間をかけて立ったり座ったりされている。

施術では、内部の緊張連動や部位間の緊張連動を取っていっても尾骨の痛みは変わらず、

動こうとすると、

「グぅぅっ。」

と、顔がゆがんで固まってしまう状態。

こういうケースでは何か強いストレスが尾骨に直にかかっていることが多いです。

一昨日、痛みが出る前に何かなかったですか?

「ない!」

「ん...ギャンブルとかも関係するの?」

「ならパチンコかなあ? でも、ストレス解消じゃからなあ。」

パチンコという言葉に整体チェック法が反応しました。

「その日は、〇万円持っていかれた日じゃ。」

「でも、トータルで考えるようにしとるから、気にしてないから、ストレスじゃないじゃろ。」

金額に整体チェック法が反応。

関連解除の自律神経系の手法をかけると、

「あれえ?ええよ。なんで?」

「座っても立っても痛とうない。」

ポイントは収支管理されていたこと

パチンコの勝ち負けをきっちり記録されていて、今回はそれが感情の抑圧につながったと考えています。

負けたことを悔しがって、発散すればその場で終わっていたと思われます。

『悔しい!でも、トータルで勝っているんだから悔しがらなくていいんだ。』

と、自分自身に言い聞かせて、感情を抑えてしまった。

このような感情の抑圧は、自律神経の乱れが強く出やすいと実績から感じています。

自律神経が乱れて尾骨に直に緊張が強くかかった事例でした。

現在進行形の感情で痛みが移動する事例も

怒りなど強い感情を抑え込んでいて、それが現在進行形の場合は施術の最中に痛みがあちこちに移動する場合があります。

「あ!今、ふくらはぎが急に痛くなりました。」

施術を進めていくと、

「こんどは、腕に痛みが出ました。」

みたいな感じです。

ヒアリングからは、この方はお仕事の人間関係で悩んでられて、施術の経過からもそれによる強い感情の抑圧がかかわっていることがわかっています。

ストレスが現在進行形で、それを常に意識している状態の時には、自律神経系の技で開放しても脳が他の箇所にかけてしまうこともあるわけです。

ストレスの発散が大切

お客様が試されたことなどから、感情的ストレスの発散としては、

  • 誰もいないところで声を出して発散する
  • 信頼できる人に内容を聞いてもらう

これらが結構効果あるみたいです。

- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。