マッサージがストレスになる場合があります

コリとは理由があって脳が起こしている緊張現象なので、マッサージによってその理由が無くなるわけではありません。

つまり、脳がその箇所への緊張を辞めてくれるわけでなく、すぐに復活させます。

したがって、当院ではマッサージは一切使わない自律神経系の手法で改善をはかります。

マッサージは、意味が無いだけであれば弊害がないことになりますが、マッサージの仕方によっては悪化する場合があるので、物理的ストレスの一つとして気を付けたほうが良いと考えています。

自律神経によってカラダは守られて管理されている

他のページに書いているので、重複を避けますが、

無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係
自分のカラダは自分が一番知っている? ドキドキしたとき、からだはどうなりますか? 意識しなくても心拍数が上がり、カラダが緊張します た...

このリンクページに書いてあるように、自律神経の仕組みがカラダに入る物理的刺激にも反応します。

反応とは、刺激の入る箇所を守ろうと緊張を入れてくる現象で、これを防御反応と呼んでいます。

先の悪化の可能性とは、この防御反応が関わることで、その箇所がかえって硬くなることを指します。

マッサージはすべてだめなのか?

自律神経の仕組みが反応しないレベルの刺激であれば、効果が期待できると思われます。

実際に刺激の回数などを変えて比較したデータを健康番組で見たことあります。

ソフトな刺激が前提ですが、狭い範囲を少ない回数行ったほうが効果が高いことがデータとしてでていました。

ここでの狭い範囲とは、『入れるべきポイントを絞る』という意味に捉えていただければよいかと思います。

ソフトでも物理的ストレスには違いないので、意味が無い箇所には入れないほうが良いわけです。

因果関係の把握と生活習慣の改善が大切

冒頭に、コリとは理由があって脳が起こしている緊張現象と書きましたが、その理由とは自律神経を乱す要素ということになります。

心的ストレスなのか、冷えストレスなのか、使いすぎなのか?それらの影響を抑えることが大切で、習慣改善とはそれらの影響をリセットする習慣を日々行うことになります。

何をすればよいかは個人ごとアドバイスが異なります。

  • 刺激をやめて防御反応が起きないようにする
  • 施術で古い緊張の蓄積を取る(自律神経に着目した整体)
  • 新しい緊張が入らないように習慣改善をする

習慣改善が一番のポイントで、その効果が上がってくると、マッサージや整体が必要ないカラダになる可能性があります。

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

↓更新情報の取得に使えます