前頭の頭痛とめまい様な症状が出てきた育児中の常連様

育児中はやはり緊張の蓄積が早まる傾向があります。

3ヶ月間隔で問題なかった常連様が、今回は2ヶ月に満たない間隔でご来院。

30代女性。

お子さんは8ヶ月でつかまり立ちを始めているので目が離せないらしいです。

頭痛とめまい以外に首から背中にかけて強いこりが覆っています。

ストレス系の緊張が広い範囲で覆っていた

めまい様な不調が出て病院で異状がない場合は、緊張の蓄積が広い範囲で多くかかっている場合が多いです。

今回も同様でした。

マスキングとして広い範囲でかかるストレス系の緊張が2つ反応。

それに紐付く緊張も開放していきますが、やはり、ストレス系の緊張が反応してきます。

自律神経系の技で相対解除の間接手法を使って順序良く開放して確認。

「カラダ楽になっています。首も背中も大丈夫。」

「前頭部にボーッとした感じが残っています。」

再調整して確認。

「消えました。楽です。」

仰向けの確認で、

「顎を上げると前頭部に出てきます。」

再調整で、

「大丈夫です。」

緊張の蓄積が一時的にカラダの許容範囲を超えていただけで、複雑化していないので短時間に簡単に取れていきました。

普段、メンテナンスで定期的にリセットされているからです。

生活習慣に気を付けてれば、3ヶ月に一回くらいのメンテナンスで十分になる方が多いです。

そして、整体が必要無くなる方もおられます。

妊婦整体・産後骨盤整体・育児疲れ専門ページへ戻る
戻る自律神経失調症(不定愁訴)専門ページへ戻る

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

↓更新情報の取得に使えます