プロの声楽講師。こんどは風邪の声枯れのような状態でご来院

以前のコラム、プロの声楽講師。高音域の発声がいまいち抜けが悪いの、

プロの声楽講師の女性が、コンサート前のコンディション管理でお越しいただけました。

風邪なのか何なのかわからない長引く声枯れ

「今度は風邪のような声枯れなんです。」

主治医の耳鼻科にもいかれたが変化なし。

たしかに、いつもの声ではないですね。

整体チェック法でチェックしていくとストレスが反応します。

ストレスマスキングが反応してきたので、それに紐付いた緊張を相対解除の間接手法を使って開放させて、喋っていただくと、

「いい感じ!声、変わってきてるでしょ。?」

普通のいつも話し声にその場で戻りました。

いつもの慣れた行事でも責任感ストレスがかかる場合がある

コンサートの準備の進捗状況などをヒアリングさせていただいて、ストレスマスキングが何か?それに紐付く緊張層の種類は何か?など整体チェック法の反応を見ながら判断していきます。

今回は責任感ストレスが蓄積して、風邪様な声枯れになっていました。

いつものコンサートではありますが、責任者として準備など全てに気を配らなければならない。その責任感によるものみたいです。

コンサートまでのメンテナンスとして、3回分の施術予約をいただけました。

次のコンサートもうまくいきますように。

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

↓更新情報の取得に使えます