刺激系の施術で対処しないほうが良い場合があることを体感していただけた

以前、コラムで書きました 「 不自然に残るポイント痛は今まで受けてきた刺激の弊害で起きていた 」の50代女性が3度目のご来院。

東京からなので宿泊を挟んで両日施術ですから、施術回数としては5回目になります。

刺激を入れる施術に対しての防御反応が消えていた

施術前の確認として動いていただくと、

前回対象としていた首の付け根、肩甲骨の内側、腰のL1の位置の痛みが、前屈や後屈で出てきません。

背骨のきわにまとわりついていた痛みや不快感が出なくなっていました。

前回一旦消えて、再発していないことになります。

頭を上にあげた時の可動域もアップしています。

  • カラダに入れる刺激を一切やめていただけたこと
  • 緊張の蓄積が減ってきたこと

これらが徐々に効いてきて、カラダの防御反応も起きなくなり、辛さや可動域が改善したことになります。

両足の足底筋膜炎の変化量もアップ

前回のコラムには記述していませんが、両足の足底筋膜炎の痛みも、砂利のような当たり感は残るものの、痛みとしてはだいぶ減ってきました。

まだ足底に影響する緊張の蓄積がカラダに残っているので次の施術が必要とですが、順調な経過です。

刺激を入れるのをやめるだけでも改善していく事例はたくさんある

当院では、ご遠方からのお問い合わせがあってもすぐには受け付けないようにしています。

それは、悪化されている方のほとんどが、合っていないアプローチで悪化を促進してしまっていることが多いからです。

つまり、しばらくマッサージやストレッチなど刺激を一切やめていただくだけで痛みが緩和する場合があることと、防御反応が弱まっている方が施術がスムーズに進むので、まず、ご来院前にそのことをお願いするようにしているのです。

痛みと緊張の蓄積の関係という整体理論から、刺激回数に比例してカラダへの蓄積が多くなるため、刺激を入れられていた方ほど施術回数が増える傾向があるので注意が必要です。

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

↓更新情報の取得に使えます