カラダの硬さと整体の範疇の不調との関係・ストレッチ信仰の弊害

「カラダが硬いから仕方ないかもしれませんけど、慢性の腰痛で。」

このようなお言葉を伺うことがよくあります。

実際には、カラダが硬いことは無理をしたときに不利になる場合もあるかもしれませんが、整体の範疇の痛みとは比例関係に無いと感じています。

痛みとは自律神経の仕組みがかかわり起きている現象

たとえば、病院で異常無い、

  • 頭痛
  • 目の疲れ、痛み

など、筋力や負荷とあまり関係しない箇所の不調。

自律神経に着目した整体でカラダに蓄積した緊張を取っていくと、その場で緩和していきます。

アプローチとしては、腰痛や膝痛などと同じなのです。

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

つまり、整体の範疇の不調は自律神経の乱れが関わる緊張の蓄積現象や部位間の連動現象によって、結果的にその箇所に辛さが出ているだけで、カラダの硬さや筋肉量などは特殊な環境下に置かれない限りあまり関係してこないと実績から感じています。

ストレッチすれば治るという考え方は注意が必要

「硬い箇所は伸ばせばいい。」という考え方には注意が必要です。

筋膜にかかった偏った緊張が広がることにって辛さが緩和する場合はあるので、ストレッチを否定することはしませんが、かけてはいけない場合があるので注意が必要です。

  • 脳がなぜその箇所に緊張をいれているか?
  • 脳がなぜその箇所に痛みを出しているか?

カラダを守るために、「休んでほしい。」ために、緊張をかけて動きにくくしてくれている。

休んでほしいから、痛みというシグナルを出して気づかせようとしてくれている。

この様に考えると、伸ばす行為によって脳がどのように反応するか?

痛い箇所にストレッチをかけることで、カラダ(脳)が防御反応を起こして緊張が増したり、痛みが強く悪化されているケースは多々ありますので注意が必要です。

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

↓更新情報の取得に使えます