ご主人の定年退職に伴う奥様のストレス!?自由な時間が無くなることが原因?

生活のリズムが変わることは相当なストレスになるのかもしれないと感じるケースがありました。

主人が定年退職してから不定愁訴が...仲が悪いわけではないのですが

「食欲がない。」

「動悸も時々あって、口が乾くし、眠れない日々が続いています。」

60代女性。

病院では異常が無くて、自律神経系の薬を飲んでられますが改善なくご来院。

整体チェック法でチェックすると、食欲はストレスと連動。動悸・口の渇き・眠れないはストレスと冷え(温度差による自律神経の乱れ)が関わっているみたいです。

整体チェック法の反応順に緊張層を一つずつ開放していくとマスキング層が反応してきます。

ヒアリングで、最近の変化として伺っている項目をチェック法にかけると、

  • ご主人の定年退職
  • 気分転換で始めたコーラス

が反応します。

マスキング層に照準を合わせて、その奥に溜まった緊張層を開放していくと、

「唾が出てきました。」

起き上がっていただいて、施術前に確認していた肩こりについては、

「楽になっています。」

冷え取りの最適値やご来院間隔をお伝えして終了。

後日、次のご予約のお電話で

「施術していただいた後、本当に楽で、良かったです。」

「でも、また出はじめました。次の予約をお願いしたいのですが。」

カラダが動いて奥に潜んでいた緊張が表に出てきます。

それをどんどん取っていけばカラダに余裕が出てきます。

今回のケースはカラダに余裕ができることで解決するかどうかは経過してみないとわかりませんが、何れにせよ不要な蓄積層は取っておくほうが体調としては良い方に運びます。

意外と多い定年退職後の体調変化

「ややこしいことなく、良い人なんです。」

とおっしゃってられて、奥様もそのことがストレスになっているのかどうか疑問を持ってられる感じもありました。

「食欲がない。」とおっしゃられていましたが、「外では普通に食べられる。」とおっしゃられていて、そのあたりからも、施術経緯からも関係はありそうですね。

「今まで自由だった時間が...。」とおっしゃられていましたから、ご主人というよりそのあたりの影響というのが大きいのかもしれません。

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

↓更新情報の取得に使えます