用紙をめくる作業で指が痛い!肩から腕にかけての辛さもあります

今回、3ヶ月間隔でメンテナンスしていただけているお客様が、1ヶ月の間隔でご来院。

指が痛くて、「使い傷みかもしれないけど。」とおっしゃられてますが、今年の寒暖差や会社のストレスからの自律神経の乱れはどのようにかかわっているでしょうか。

用紙をめくる作業で指が痛い!肩から腕にかけての辛さもあります 40代女性

「今、仕事で用紙の整理をするのが集中していて。」

「指が痛くて。左親指でめくるのですけど、なぜか右も痛いんです。」

「両腕全体、肩まで辛さがあります。」

親指は付け根に痛み、紙をめくる左の方が強い。

整体チェック法でみた痛点との連動箇所。

  • 冷えによる内部緊張との連動 20%
  • 胸の緊張との連動 20%
  • 肩甲骨の緊張との連動 20%
  • 背中の緊張との連動 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%

これらの緊張の蓄積と連動を開放して、指の痛みが消えれば使い傷みではないことになります。

整体チェック法でチェックしながら相対解除の間接手法を使って、古い緊張の開放を促していきます。

一ヶ月後なのに、緊張の量は結構多いです。

「会社でストレスもあるんです。」

割合としては、冷え(温度差)による緊張と心的ストレスによる緊張が半々といった感じです。

チェック法の反応が落ち着いたところで確認。

「指の痛み消えています。」

「腕と肩もだいぶ消えてきました。」

再調整で、完全に辛さが無くなり終了しました。

緊張の量は多かったですけど、メンテナンスをされていた方なので、サクサク緊張が取れていきました。

冷えからくる緊張は時期的なものか?

意外と冷えからの緊張が多かったです。

今年は、寒暖差が激しくて、その影響もあるかもしれません。

冷え(温度差)で自律神経が乱れると、内臓系に緊張がかかることが多いです。

生活習慣や環境からきているので、カラダに残りやすく蓄積を生みます。

蓄積した内部の緊張は筋膜を通じた連動現象を起こしますから、カラダの様々な箇所に影響を及ぼします。

どこに影響するかは、

  • 刺激が入っている箇所
  • 過去に怪我など何かあった箇所
  • 過度に動かしている箇所

この様な箇所と連動しやすい傾向があると実績から感じています。

連動箇所は緊張が高まり痛みや可動制限が起きたりします。

今回は親指に影響していました。

ストレスからくる緊張の蓄積

「会社でストレスもあるんです。」

と、おっしゃられていましたが、いつも症状の出やすい肩周囲の位置に蓄積していました。

紙をめくる作業が過度な状況であれば、脳が紙をめくる作業を止めさせようと緊張を入れて制限してくる場合もありますが、今回は、そういうケースでは無かったです。

季節の変わり目は注意

施術の経緯から、紙をめくるという作業は、そこに緊張が連動するきっかけになっていただけで、筋組織が傷んだ状態ではなかったと思われます。

季節の変わり目の寒暖差は自律神経を乱しやすく、他の常連様にも影響がみられています。

お客様は、半身浴がいつもより短くなっていたらしく、忙しいと悪循環が起きます。

冷え取りでリラックスすることはストレスの緊張の開放にもつながりますから、忙しい時ほど気を付けたほうが良いと思います。

あと、数週間忙しい時期が続くみたいですが、温度差に気を付けて頑張ってください。

- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。