エアコンが寒いと感じた時から...カラダの防御反応が滞りを生む

6月。暑い日があったり、雨が続くとひんやりしたり。

自律神経が乱れやすく、カラダに緊張が入りやすくなります。

エアコンなど、日々細かい調整ができていればよいかもしれませんが、暑い日に設定したままひんやりした日もその設定で稼働していることがあります。

「寒い!」

と感じた時は既に遅かったり。

2名様が違う症状でご来院していただけましたが、原因は冷えの影響でした。

冷気に対するカラダの防御反応が滞りを生む

緊張の蓄積は、量の個人差はありますが、普段のストレスや温度差による自律神経の乱れによって生じています。

自律神経が乱れて緊張が溜まる緊張の蓄積現象

蓄積がカラダの許容範囲を超えると何らかの不調がそこに現れてきます。

我慢したりする状況があると、カラダが広い範囲で緊張を入れて守ろうとします。

広い範囲で入った緊張は、既にある緊張の蓄積に対して、自然な開放を妨げてしまう場合があります。

これが滞りを生み、不調が自然治癒しにくい状況を作ります。

S.T様の腰痛

1年ぶりで、前回もこの時期に腰痛で来られました。

整体チェック法での因果関係のリレーションは、

  • エアコンの冷気に対する防御反応
  • 内臓系への緊張の蓄積

これらがかかわる腰痛でした。

主は、内部緊張と腰との連動(引き合い現象)による痛み。

整体チェック法で緊張を捉え、古い緊張の開放を促す手法で痛み無くなり、引き合いも無くなるので可動域アップで終了できました。

M.Tさまの胃の不調と肩こり

「一週間前に、飲食店でエアコンが寒いって感じて。」

「冷たい飲料も飲みながらだったからかな?それから食欲がなくなって、調子悪い日が続いています。」

S.T様とよく似た緊張分布で、冷気に対する防御反応と内臓系に蓄積する緊張が、そのまま胃の不快感という形で現れているケースでした。

施術後、

「胃がすごい楽になっている。」

これで大丈夫だと思います。

温度差をリセットする習慣で最善を尽くす

会社とか飲食店とか、そこでの空調はなかなか自分の都合で変えることができない場合があります。

そこで我慢していると上記のような防御反応が起きやすくなります。

これ自体は防ぎにくいことかもしれませんが、普段の温度差やストレスによる緊張の蓄積を日々リセットして、蓄積を最小限にしておけば大きな不調は避けられたりします。

半身浴などで毎日リセットすることが大切なんですね。

温度差のリセットだけでなく自律神経の安定効果があるので、ストレスにも効きます。

- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。