更年期障害かなあ?ホットフラッシュに悩む50代女性

更年期を口にされるお客様は結構おられます。

しかし、カラダに溜まっている緊張の蓄積が少なくなってくると、症状も軽減することが多い。

今回は、ホットフラッシュでご来院のお客様。

更年期障害かなあ?ホットフラッシュに悩む50代女性

「更年期かなあ?ホットフラッシュがひどくて、夜も日中も、1h毎にくるんです。」

「汗がぱーっと噴き出すから、営業していてはずかしい。仕事にならない状態なんです。」

施術を始めようとすると、すぐにホットフラッシュが始まりました。

タオルをお渡ししてスタート。

整体チェック法でチェックしながら、緊張の蓄積の開放を促していきます。

全身を覆う緊張が滞りを強めていた

全身を覆う緊張が異常に多いパターンです。

それに連動する部位としては、内部40%、脚部40%、胸部20%の割合で引き合いが起きています。

ホットフラッシュ以外には、右腕を上げる時の痛み、首全周囲の痛み。

3回ほど、緊張の開放と状態の確認をおこない、腕の痛みホットフラッシュおさまり、首の痛みは少し残って終了。

2日後に経過をショートメールでいただけました

お陰様で元気になりました!
ホットフラッシュの回数が激減してます!!

昨日、今日と、落ち着いて仕事できてます。

ホットフラッシュのカーーーッとくる暑さが柔らいでます。
回数もですが、持続時間も短くなってます^_^

緊張の蓄積を減らすことで良い状態に近づいています。

他の方の事例も含めて言えることが、

  • 自律神経とホットフラッシュの関係
  • 緊張の蓄積とホットフラッシュの関係

この相関関係は明確に感じます。

更年期障害についての整体的見地による所感

ホルモンと更年期障害の関係性は、理論的には存在しているのだと思います。

しかし、発している症状については、すべてがホルモンの影響と考えなくても良いのではないかと感じています。

施術だけでなく、日常の習慣改善も含めて、カラダに溜まる緊張の蓄積を少なくする努力をすれば、症状については、普段気にならないレベルに抑えられるケースが多いのではないかと、実績から感じるところです。

緊張の蓄積については、以下リンクをご参照ください。

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...
- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。