原因不明の腰痛が改善するのは何故?

医療機関の検査で異常無いのになかなか改善しない腰痛に悩むあなたへ。

原因不明とされた腰痛。

医療で原因不明でも、整体アプローチでは改善していくことが多いのは何故か?

整体実績から、その改善のカギは、自律神経にあると考えています。

良くなりたい、慢性化から抜け出したい方に何らかのお力になればと、整体実績を基にまとめた改善へのヒントのページです。

腰痛は自律神経の乱れがかかわって起きている

医療で異常が無いことが前提ですが、施術実績から言えるのは、

腰痛は、

  1. 冷え(温度差)・ストレスが関わる自律神経の乱れ
  2. 自律神経の乱れによる緊張の蓄積現象
  3. 筋膜を通じた緊張の連動現象

によって起きています。

自律神経の乱れと緊張の蓄積現象

ストレスにより自律神経が乱れて、内臓や筋膜(筋肉)に緊張が入ります。

  • イライラしたら胃が痛くなる
  • 緊張したら下痢をする
  • 試合の時にはいつもの実力が発揮できない

など。

これらであれば一時的な緊張であることが多く、ストレス事象が過ぎると緊張は開放されます。

しかし、

  • 継続的なストレス要因
  • 一度に複数のストレスがかかる

このようなことがあると、緊張がカラダにかかったまま残ってしまう場合がある。

入ってくる量が多いと上乗せでかかって量が増えます。

これを緊張の蓄積現象と呼んでいます。

継続的ストレス要因とは、

  • 冷え(温度差)ストレス
  • 責任感・不安・不満・感情の抑圧ストレス
  • 物理的刺激に対する防御反応

これらが代表的なものです。

緊張の蓄積現象と腰痛の関係

緊張の蓄積が、腰周辺に集中すると、その箇所の緊張が高まります。

緊張の高まりがカラダの許容範囲を超えると、腰痛として現れます。

緊張の蓄積が許容範囲を超えると痛み、余裕ができると痛みが出にくくなる図

緊張の蓄積が許容範囲を超えると痛み、余裕ができると痛みが出にくくなる図

筋膜を通じた緊張の連動現象と腰痛の関係

カラダ全体が筋膜で覆われていますので、他部位の緊張の影響で不調が現れる場合があります。

連動現象と呼んでいます。

痛い箇所に何か起きているわけでは無いのに、他部位からの緊張連動で、腰周囲の緊張が高まり腰痛になる場合があるのです。

蓄積が減るとその場で痛みが変化

腰痛は、自律神経が関わる緊張の蓄積現象と、筋膜を通じた連動現象によって腰周囲の緊張が高まり痛みになっている状態。

自律神経に着目した整体では、緊張の蓄積を減らす技術があります。

蓄積の大半は、本来は抜けていても良いはずの古い緊張が抜けにくくなっている状態なので、【整体チェック法】を使ってそれをカラダに気づかせ、開放するように促していけば蓄積が減り、その場でカラダが緩んでいきます

緊張の蓄積が解放されるイメージ図

緊張の蓄積が解放されるイメージ図

腰痛を繰り返す理由・腰痛が長引く理由

2つ上の図、『緊張の蓄積が許容範囲を超えると痛み、余裕ができると痛みが出にくくなる図』にあるように、

カラダの許容範囲に対して余裕ができて痛みが出にくい状態の図

カラダの許容範囲に対して余裕ができて痛みが出にくい状態の図

自分自身の容量(許容範囲)に対して、蓄積が少なく余裕がある状態を維持できれば、腰痛を繰り返しにくくなります。

腰痛が長引く理由は、単純に、カラダが開放する緊張の量より、入ってくる緊張の量のほうが多くて許容範囲を超えているからいつまでも痛みが続いているのです。

したがって、「何年も続く腰痛だから難治性腰痛。」とか、「痛みが強いから難治性。」とかいう考えは当院にはありません。

単純に緊張の入りと出の関係や蓄積の量の問題で長引いたり繰り返したり強く出たりしているだけと実績から感じています。

  • 緊張の開放で痛みや可動域が変化することを体感していただく
  • 緊張がなぜ発生していたかを説明
  • 緊張がなぜ自然に抜けにくかったかを説明

することで、おカラダの状態をご理解していただき、習慣改善も合わせて改善を進めていけば、慢性化からすんなり抜け出せることが多いのです。

心的ストレス・冷えストレス・刺激など物理的ストレスと自律神経の関係がわかりやすい事例をピックアップして、以下、解説をしております。

心的ストレスが原因の腰痛

中腰が3h、3日後動けない腰痛になった 60代女性

「6日前ですが、いつもの作成作業を3hくらい、イスに座らずに前かがみでしたんです。」

「作業した日の2日後の夜に痛みが出始めて、次の日の朝は動けなくなったんです。」

寝返りや立とうとしたり動こうとしたら強い痛みが腰に入る。

改善回数

2回の施術で、腰の痛みがでなくなりました。

(詳細はブログ→中腰が3h、3日後動けない腰痛になった

整体チェック法でみた不調との連動部位

腰痛

  • ストレス系緊張 60%
  • でん部の緊張からの影響 20%
  • 太ももの緊張からの影響 20%

解説

ストレスが関わっていた腰痛だった

中腰の様な姿勢で3h夢中に作業された。

しかし、すぐには痛みが出ていない。

出始めは2日後の夜で、その次の日には酷い痛みで動けなくなる。

結果的に施術では、ストレス系の緊張の蓄積を取ることが主でした。

いつもの作業であったことと、筋肉疲労は休むことで解決することが多いこと、発症タイミングを考えるとストレスは納得できるところです。

「いついつまでに作らなければならない。」など、責任感は意外と強いストレスになります。

中腰、かがみ姿勢が原因ではないのか?

作業姿勢は原因としてではなくきっかけ』として作用したと考えられます。

責任感ストレスの様に心的なストレスは神経を通じて筋膜などに緊張を入れていきます。

緊張がかかる位置は、その無理な姿勢や動作を止めさせる形でかけてくることがあるので、中腰がきっかけになって腰に緊張が集中したと考えています。

心的ストレス要因と腰痛の痛みの強さ
  • 責任感(いつまでにこれをしなければ)
  • 不安・不満
  • 感情の抑圧
  • 心的ショック・悩み

それぞれで強さは変わりますが、

  • 一つのストレス事象だけで許容範囲を超えるケース
  • ストレス系緊張が蓄積して許容範囲を超えるケース

と大きくは2種類あり、

一つの事象で痛みが強く出ている場合は、頭の中で思い返す度合いの強い事象によって発生していることが多いと感じています。

頭の中で思い返しすぎると、脳が疲労します。

すると、脳としては、自分が疲労するとカラダを管理することができなくなるので、『わざと痛みをどこかに出して、そちらに意識を向けさせる。』ことで、思い返すことを止めさせようとする。

この様なメカニズムもストレスとの関りで起きる場合もあります。

他の心的ストレス事例リンク

「腰が痛い!かがみながら歩いとるんです。」「整形にも行ったけど...」70代女性。娘さんが見かねて連れてきてくださいました。

冷え(温度差)ストレスが原因の腰痛

バレーの試合中にぎっくり腰してからの寝起きの腰のつらさと膝のつらさ 30代女性

「3ヶ月前に、バレーの試合中にぎっくり腰みたいに動けなくなって、」

「それ以来、寝起きの腰の辛さ、左膝裏の痛み、右膝の痺れが出てきて。」

「寝起きや、朝の正座がしんどいです。」

「今は右肩まで痛み出てきて! 2年間、絶好調だったのに。」

バレーの試合中にぎっくり腰してからの寝起きの腰のつらさと膝のつらさ 30代女性

【バレーの試合中にぎっくり腰してからの寝起きの腰のつらさと膝のつらさ 30代女性】

動きの確認では、

挙上で右肩の痛み、前屈左腰痛可動域の悪さ、後屈OK、左膝裏は常に重痛い、右膝は膝の右側面に痺れで感覚がない感じ。

改善回数

1回の施術で腰の痛みと前屈の可動域が改善しました。

(詳細はブログ→バレーの試合中にぎっくり腰してからの寝起きの腰のつらさと膝のつらさ

整体チェック法でみた不調との連動部位

腰痛

  • 冷えからの内部緊張との連動 40%
  • 脚部との連動 40%
  • ストレスが直で関わる 20%

左膝裏痛: 腰と同じ

  • 冷えからの内部緊張との連動 40%
  • 脚部との連動 40%
  • ストレスが直で関わる 20%

右膝:

ストレスが主でかかわって痺れになっている

右肩:

肩は腰と同様のリレーションで、過去に出た関係で右肩に影響が出やすくなっている

解説

2年前のご来院はストレス痛でしたが、今回は冷えによる緊張がじわじわ溜まってきて不調に至るケースでした。

冷え(温度差)による緊張
温度差によって自律神経が乱れてカラダに緊張が入る現象。
内臓系に緊張がかかりやすく蓄積が起きやすい緊張です。
温度差なので、運動の後きゅーっと冷たい飲料を飲んだり、シャワーだけで済ませたり、エアコンの影響などがその要因で、外気温の差によるヒートショック現象なども関わります。
気づかないうちに溜まってくる緊張なのです。
内部(内臓系)の緊張との連動現象

整体の範疇の痛みに一番関わっている現象です。

カラダ全体が筋膜で覆われていますので、内部の緊張が、筋膜を通じた連動現象により他の部位に影響するのです。

内部の緊張の蓄積は、自然には抜けにくい傾向がありますが、ほとんどが古い緊張なので、当院で行う、カラダに気づかせ間接的に開放を促す手法で比較的スムーズに開放されます

頭痛や不定愁訴、踵の痛みに至るまで、この内部の緊張との関わりで辛さになっていることが多いと整体実績から感じています。

刺激により悪化した腰痛

左膝裏が痛くてしゃがめない!最初は腰痛だけだったのに 40代女性

「しゃがんだら膝と腰がすごく痛いんです。」

「2年前は腰痛だけだったのですけど。」

「1年後には左の肩甲骨へ、その後に、左の膝裏まで痛みが広がって、MRIでは異常無しだったんです。」

「左の肩甲骨から膝裏まで筋が張ったようになっています。」

左膝裏が痛くてしゃがめない!最初は腰痛だけだったのに、肩甲骨や膝裏まで痛みが広がった40代女性

左膝裏が痛くてしゃがめない!最初は腰痛だけだったのに、肩甲骨や膝裏まで痛みが広がった40代女性

しゃがむとヒアリング通り左膝裏の痛みと左腰痛でしゃがんでられない状態。

前屈をしていただくと、左腰の痛み、左膝裏の突っ張り。

頭を動かすと左肩甲骨の痛みが際立ちます。

改善回数

4回の施術で腰の痛みが消えました。

(詳細はブログ→左膝裏が痛くてしゃがめない!最初は腰痛だけだったのに

整体チェック法でみた不調との連動部位

しゃがみ時の左膝裏痛と左腰痛

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • 全身に覆われた緊張層との連動 20%
  • 脚部全体の緊張との連動 60%

左肩甲骨痛:

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • 全身に覆われた緊張層との連動 20%
  • 脚部全体の緊張との連動 60%

同じリレーションで反応しています。

「左側の筋が張っている。」という表現があったのですが、肩甲骨から膝裏まで同じ要因で緊張がかかっていて、上図3点で痛点として強調されている状態でしょう。

解説

痛みが広がったのはなぜか?

今回はカラダに入れた刺激に対する防御反応によって、腰だけでなく他部位(肩甲骨・膝裏)に痛みが広がっていったケースでした。

無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係
自分のカラダは自分が一番知っている? ドキドキしたとき、からだはどうなりますか? 意識しなくても心拍数が上がり、カラダが緊張します た...

カラダは不要な刺激に対して、緊張を入れて守ろうとするのです。

防御反応が関わって悪化すると、施術としては複雑になる場合が多いので注意が必要です。

痛い箇所には揉んだりストレッチとか刺激は入れないほうが良いのです。

実際に落ち着くまでに4回かかりました。

元々は冷えによる腰痛だったと思われる

始まりは、上の事例にある冷え(温度差)による腰痛だったと思われます。

それに対する対処が悪く、防御反応が発生して痛みが広がっていったのです。

基本的には、整体の範疇で起きている不調は、その箇所がどうにかなっているのではなく、自律神経がかかわる緊張の蓄積現象や連動現象によって起きています。

刺激やストレッチによって緊張の蓄積が減っていくわけではありません

  • カラダに付帯した古い緊張を開放していく
  • 緊張が入る要因(冷え・ストレス)に対し対策をしていく

ことが大切です。

気を付けるべき生活習慣

腰痛は、上記事例にあるように、

  • 心的ストレス
  • 冷えストレス
  • カラダの防御反応

この組み合わせで、結果的に腰に痛みが起きている状態。

キーとなるのは自律神経なので、検査の数値には出ないわけです。

いつまでも腰痛が続く方は自律神経と緊張の蓄積に着目すると、改善のきっかけを見つけることができると思います。

筋肉の問題や姿勢の問題で説明を受けた方もおられると思いますが、当院で施術した事例の中に、それらが不足して改善しないケースにはまだ出会っていません。

きっかけを原因と勘違いしやすい

よくある事例で、くしゃみでぎっくり腰になったり、上記事例では、中腰で腰痛になったりとありますが、くしゃみや中腰はきっかけであって、原因ではありません。

緊張の蓄積が許容範囲ギリギリだったのが、くしゃみで許容範囲を超えた。中腰で無理な姿勢なのでストレスによる緊張がそこに集中しやすくなった。つまり、不要な緊張が溜まったことが原因なのです。

そして、緊張自体は冷え・ストレスによって自律神経が乱れたことで発生しているため、根本は、冷え・ストレスに対して注意が必要になるのです。

冷え取りは温度差のリセットだけでなくストレスにも効く

冷え(温度差)による内部の緊張については、自律神経の乱れという意味で、意外と盲点になっていて、一部の実績を出せている医師や治療師からしかこの提案が聞かれないのが実情なのです。

根本解決を考えた場合、温度差による自律神経の乱れを日常の中で抑える努力をされている方は、改善が加速的に早まることを日々の施術から感じています。

温度差を日々リセットするために、半身浴などの冷え取りが有効です。そして、自律神経の安定効果があるので、心的ストレスにも有効です。

ただ、冷え取りの湯温には個人ごとの最適値がありますので注意が必要です。お客様ごとに整体チェック法で温度と時間を確認してお伝えします。

防御反応に注意

「これだけのことをやっているのに痛みがいつまでも抜けない。」

というお言葉をお客様とのヒアリングで伺うことが多いです。

よかれと、やってはいけないことをやってしまって悪化しているケースが意外と多いのです。

元の状態に戻す力は皆様持っているので、防御時反応が起きる刺激を入れるのではなく、本来の原因に対して対策することが大切です。

  1. ホーム >

【Related page】