めまいの原因?自律神経との関係を紐解く

病院で異常が認められないけど、めまいがよくならない。

そういう方に何らかのお力になればと、整体実績を基にまとめたページです。

めまいは自律神経の乱れがかかわって起きている

医療で異常が無いことが前提ですが、施術実績から言えるのは、

めまいは、

  1. 冷え(温度差)・ストレスが関わる自律神経の乱れ
  2. 自律神経の乱れによる緊張の蓄積現象
  3. 筋膜を通じた緊張の連動現象

によって起きています。

自律神経の乱れと緊張の蓄積現象

ストレスにより自律神経が乱れて、内臓や筋膜(筋肉)に緊張が入ります。

  • イライラしたら胃が痛くなる
  • 緊張したら下痢をする
  • 試合の時にはいつもの実力が発揮できない

など。

これらであれば一時的な緊張であることが多く、ストレス事象が過ぎると緊張は開放されます。

しかし、

  • 継続的なストレス要因
  • 一度に複数のストレスがかかる

このようなことがあると、緊張がカラダにかかったまま残ってしまう場合がある。

入ってくる量が多いと上乗せでかかって量が増えます。

これを緊張の蓄積現象と呼んでいます。

継続的ストレス要因とは、

  • 冷え(温度差)ストレス
  • 責任感・不安・不満・感情の抑圧ストレス
  • 物理的刺激に対する防御反応

これらが代表的なものです。

緊張の蓄積現象とめまいの関係

緊張の蓄積が、頭部を含めて広い範囲で覆っていると、痛点が不明確なめまいやふらつきという形の不調として出やすい傾向があります。

筋膜を通じた緊張の連動現象とめまいの関係

カラダ全体が筋膜で覆われていますので、他部位の緊張からの影響で不調が現れる場合があります。

頭部に向けた緊張の連動の仕方によって、特定の動作に合わせてめまいが発生することがあると感じています。

めまいの改善事例でみる緊張の蓄積との関係

どの箇所の緊張が連動してめまいになっていたか?

技をかけた場所など、緊張要因リレーションを記録している事例を何点か掲載します。

事例1)めまい・頭痛が伴う顎の痛み 19歳女性

「頭痛が小学1年からほぼ毎日出ています。」
「何度か頭痛で入院もしたことありますが、MRIなど検査で異常がでないんです。」
めまいは中二くらいから出るようになって、朝が多くて、立っているのが辛くなります。」
「顎関節症は一年前からで、両アゴの痛みと口の開きにくさがあります。」

改善回数

2回の施術で、めまい・頭痛・顎の痛みが改善しました。

(詳細はブログ→小1からの頭痛・中2からのめまい・1年前から顎関節症

整体チェック法でみた不調との連動部位

(めまい)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレスがかかわる緊張 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%
  • 肩の緊張との連動 15%

(頭痛)

  • ストレスがかかわる緊張 60%
  • 肩甲骨の緊張との連動 20%
  • 股関節の緊張との連動 20%

(アゴの痛み)

  • 全身に渡る緊張との連動 100%

事例2)数ヶ月前から、めまい、吐き気、動悸 30代女性

数ヶ月前から、めまい、吐き気、動悸が続いています。」

「病院では、自律神経かなあ?といわれました。薬は効かないです。」

「耳の痛い詰まり感もあります。」

めまいは常に付きまとっていて、日に何度かグルグルと強まる

吐き気も常に感じている。

動きの確認で、肩こりで腕が上げにくく、後屈で腰に痛み。

改善回数

3回の施術で改善しました。

(詳細はブログ→数ヶ月前から、めまい・吐き気・動悸が続いています

整体チェック法でみた不調との連動部位

(めまい)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系の緊張 20%
  • 肩からの影響 20%
  • 腰からの影響 15%
  • 鎖骨周辺からの影響 20%

(吐き気)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 40%
  • ストレス系の緊張 10%
  • 肩からの影響 30%
  • でん部からの影響 10%

(動悸)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系の緊張 20%
  • 肩からの影響 30%
  • 鎖骨周辺からの影響 25%

事例3)目を左右に動かすと起きるめまい 30代女性

「2ヶ月前に、めまいで急に起きられなくなって、病院に連れて行ってもらいました。」

「点滴や薬でしばらく休んで仕事に復帰すると、また同じ症状で倒れました。」

「それからは、めまい、吐き気だけでなく、手足の痺れ、頭痛が出るようになって、薬を飲んでいます。」

めまいは視線を左右に動かすだけで気持ち悪くなる。車の運転ができません。」

「頭は常にボーッとした状態で、心配事が常にぐるぐる回る。」

4ヶ月前に育休から復帰。

それ以来、育児、仕事と息つく暇がない状態。

改善回数

4回の施術でめまいは出なくなりました。

(詳細はブログ→目を左右に動かすと起きるめまい

整体チェック法でみた不調との連動部位

(目を動かしたときのめまい)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系 20%
  • 頭の緊張の影響 20%
  • 肩の緊張からの影響 20%
  • 腹部の緊張からの影響 20%

事例4)頭痛だけでなく、めまいや息苦しさも 30代男性

「1年半前から、寝起きにめまいや倦怠感が出るようになって、内科で漢方をもらって飲み始めました。」

「さらにひどく悪化した時期を経て、今も、波がある形で不定愁訴が続いています。」

目の周りのモヤモヤしためまい、頭痛、息苦しさ、だるさ。」

「頭痛については20歳から頻発しています。」

サーフィンをされていて体格の良い方です。

病院も何軒か試されています。

改善回数

めまいは4回の施術で改善しました。

(詳細はブログ→20歳からの頭痛に加え、めまいと息苦しさを頻繁に繰り返す。30代サーファー

整体チェック法でみた不調との連動部位

(めまい)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 30%
  • ストレス系の影響 20%
  • 太ももや脛の緊張からの影響 40%

(頭痛)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 45%
  • ストレス系の影響 25%
  • 肩や首の緊張からの影響 30%

(息苦しさ)

  • 冷えによる内部の緊張との連動 30%
  • ストレス系の影響 20%
  • 太ももの緊張からの影響 20%
  • 股関節の緊張からの影響 20%
  • 首の緊張からの影響 10%

他のめまい事例は下記ブログリンクをご参照ください

気を付けるべき生活習慣

上記、実例から、冷え(温度差)による内部の緊張との連動が目立つことがわかります。

自律神経の乱れという意味で、意外と盲点になっていて、一部の実績を出せている医師や治療師からしかこの提案が聞かれないのが実情なのです。

根本解決を考えた場合、温度差による自律神経の乱れを日常の中で抑える努力をされている方は、改善が加速的に早まることを日々の施術から感じています。

これは、入ってくる緊張が減るからです。

整体で古い蓄積を開放、入ってくる緊張も減らすとカラダに余裕ができてきて、めまいが出にくくなる。

温度差を日々リセットするために、冷え取りが有効ですが、冷え取りの湯温には個人ごとの最適値がありますので注意が必要です。お客様ごとに整体チェック法で温度と時間を確認してお伝えします。

  1. ホーム >
  2. 自律神経失調症(不定愁訴)に悩むあなたへ >