お客様の声

当院では、「アゴの整体」のみ声をいただくことにしています。

理由としては、

  • アゴの不調が整体で良くなることをご存じない方が多い
  • アゴの改善は、頭痛、肩こり、腰痛など他部位の不調改善の上に成り立っていること
  • 押したり揉んだりせずに関節円盤を自然に戻せる技術は、他部位の調整すべてをカバーできること

離れた部位の不調であってもカラダの中で連動しあっています。
つまり、全身の不調の改善の上にアゴの改善が成り立っています。

全身を調和できる技術があることを「アゴの不調の改善」で説明できると考えています。
(動画データで公開許可をいただいたものが増えてきたため、現在は「声」の募集は中止しております。2015/04/30記 ⇒アゴの改善動画

口が開かない (岡山県総社市 藤井様)

岡山県総社市藤井様 お客様の声アンケートをいただいたとき、実名をご記入くださっていました。

未成年ということで、お母様を通じて確認いたしましたら、 「本人の意向なので実名でかまいません。同じ症状で悩んでおられる方々に読んで頂ければと思います。」とメールでご連絡いただきましたので、そのまま載せています。

藤井様は真っ直ぐ口を開けると指二本分しか開かない状態でした。最初に大きく右にずらすと3本まで開きます。

円盤がかなりずれ込んでいると思われ、今までの施術法では2.5本までしか開かず、リミットもある中でプレッシャーを 感じながらの施術になりました。

改良を加えた技で3回目を臨み、2.8本まで開けることに成功。トータル6回で、 真っ直ぐ3本開く様になりました。

生理痛など他部位の改善効果にも喜んでいただき、整体の効果に感心してくださり、口コミのご紹介もいただきました。

関連ブログ

顔のゆがみ 顎が鳴る (岡山市 YM様)

顔のゆがみ 顎が鳴る (岡山市 YM様)

YM様は顎関節の左に緊張があり、左にやや寄せながら口をあける傾向がありました。結果、右の顎関節がガクガクなる状態。口は開くのですが、顎の関節の緊張の差が顔のゆがみとして出ていました。

他の症状としては、腰痛や肩こりがあり、腰痛は朝起きるとき起き上がれないときがあった程。

顎の調整は通常の調整を行い、比較的早く変化を起こせたのですが、腰を安定させるのに3回ほどかかり、4回目のヒヤリングでは朝起きた時のつらさが、無くなっていた。

とても繊細な感覚を持った方で、腰の手技を行っている途中で、顎の緊張が緩むのを感じられたりされていました。

トータル5回で完了いたしました。

関連ブログ

顎が鳴る (岡山市 Y.O様)

顎が鳴る (岡山市 Y.O様)

Y.O様は腰痛でご来院くださいましたが、ヒヤリングを続けているうちに、顎の調子が悪いことがわかり、段階を経て顎の施術も増やしていきました。顎は十分開くのですが、閉じる時にガクンとなります。ガクガクの感じがかなりきつく、10年前に医療機関を頼り、明確な変化がなくあきらめていた状態です。腰痛がひどく、前屈時、強い痛みでわずかにしか曲がらない、後屈でも痛む状態だったので先ずは腰痛に集中。2回の施術で痛みが治まり3回目にほぼ安定傾向が出てきたので、顎の施術を本格的にスタート。3回の施術で顎のガクガク感はほぼ無くなりました。その後、2週間開けても状態は安定しており顎の施術は完了と判断しました。

カラダは連動しあうので、顎の調整は腰が安定してからのスタートにしましたが、ずっと詰めてご来院くださったので、早期に良い結果につながりました。

ガクガク鳴る度合いが強めだったので、正直どこまで安定するかわからない感じはあったのですが、スムーズな状態にもっていけて良かったです。

顎が痛い 口が開かない (岡山市 M.M様)

顎が痛い 口が開かない (岡山市 M.M様)

M.M様は左こめかみの痛みと口が指1.8本しか開かないという状態でご来院され、しゃべっても痛く、頭も痛い状態でした。首のこりや、骨盤のゆがみが大きく、口の状態や痛みから、正直、どれくらいかかるのか不安に感じました。基本手技を中心に、カラダの緊張を緩めることを行い、2回めのヒヤリングでは、「肩と首が楽になり、しゃべる時は痛くなくなりました」 この時、口は、2.3本まで開くように改善。さらに、3回目来られた時には、2.7本まで開いていて、4回目の時は、「痛みはぜんぜんないし、3本開きますよ」と、硬いものも食べられるようになっていました。

カラダのゆがみは自律神経のアンバランスからも起きます。自律神経の緊張を解きながら、カラダのゆがみが整ってくると、自然とアゴの状態が戻っていく典型的な例ではなかったかと思います。

都度、変化に喜んでくださり、お父様とお姉様をご紹介いただきました。

関連ブログ

口が開かない 時々顎が痛い (岡山県倉敷市 A.K様)

口が開かない 時々顎が痛い (岡山県倉敷市 A.K様)

A.K様は口が指1本しか開かないという状態でご来院、カクンと顎を鳴らすと指2本分を開けることができる。痛みは左側に出るが波がある状態。肩や首のこりが強く、後屈しただけで首に痛みを感じる状態。骨盤のゆがみも大きかった。初回の調整で、顎を鳴らさなくても真っ直ぐ2.2本分開けられるようになり、2回めのヒヤリングでもその状態は維持されていました。その後、多少の進退はありましたが、4回の施術で2.5本分の開口に落ち着きました。

幼少期からの治療経験と下顎の状態から、A.K様も私もこの開口が最善と判断し、ご卒業となりました。

施術をしていて、顎関節、肩部、腰部の引き合いが強く、ゆがみの取りにくさがあったため今後も油断はできない感はありますが、定期メンテで更なる安定を目指していきます。

口が開かない 右顎が痛い (岡山県瀬戸内市 Y.M様)

口が開かない 右顎が痛い (岡山県瀬戸内市 Y.M様)

Y.M様は口が指2本しか開かないという状態でご来院、痛みが右側に出ていて、物をかむと痛い状態。骨盤のゆがみは大きめ。右半身のつらさもある。痛みが酷いので、初回は顎にまったくさわらず、基本手技を行う。一週間後のご来院時、「前日からかめるようになりました」、顎は大分緩み、指2.8本まで開くようになっていました。3回目のご来院時には3本まで開けられるようになっていて、日常生活に支障がなくなり施術としては一区切り。

痛みもなくなり、顎の開きは問題ないのですが、開閉時の左右のぐらつきとクリック音が出ているので、継続してご来院くださります。

Y.M様はとても陽気で楽しい方ですが、人に気を使われるのか、ストレスをためやすい傾向があると感じております。

詰めてご来院いただける間に、Y.M様に合ったセルフケアを一緒に考えて行きたいと思います。

右顎が痛い (岡山市 M様)

右顎が痛い (岡山市 M様)

M様は口は開くのですが、顎の痛みが右側に出ていて、痛くて食べ物をかめない、口を開けても痛む状態。歯科で顎関節症と診断されてご来院。右肩から頭にかけての緊張も半年前から続いている。顎にはさわらず、カラダの緊張をとることを意識した施術を行う。一回目の施術で噛んだ時の痛みは2割程度に減り、二回目の施術後、次の日には痛みは全く消えた。

顎以外の不調も残っているので、継続してお越しくださいますが、短期間に変化したことの驚きと喜びから、ご紹介もいただきました。

例外もありますが、痛みだけであれば、比較的早く結果が出る傾向があります。

右顎が痛い 口が開かない(岡山市 YO様)

右顎が痛い 口が開かない(岡山市 YO様)

YO様は右顎の痛みでご来院、痛くて食べ物をかめない、口は真っ直ぐで指1.3本分、少しずらしても1.8本分しか開かない状態。ご本人は「肩はこらない」と言われていたが、肩の張りが強く、肩の緊張が首・顎に上がっていると感じた。2回目の施術前の確認で痛みは4割減、開口は指1.7本分。なかなか進展がなかったが、4回目の施術前の確認では、食事で普通に噛めるようになり、開口は2.9本分まで開くことを確認できた。8回目の施術前の確認で、口は楽に3本分開くようになり、若干残っていた右顎の違和感は完全になくなった。

腰のゆがみと肩の緊張の改善に合わせて顎が改善していき、肩も肩こりを感じるところまで感覚が回復。

4回目までに大きく変化した後はスローペースの改善になりましたが、信じて通ってくださり、お互いに満足な状態まで到達できて嬉しかったです。お友達のご紹介もいただきました。

口が開かない(岡山市 K.O様)

口が開かない(岡山市 K.O様)

K.O様は口が開けにくくてご来院、口を開けるときに、最初は右にずらして開けて、指2本分のところで音がなり、その後カクンといって指3本分まで開けられる状態。一週間前に痛みが出ていたが、ご来院時には痛みは緩和していた。肩こりでも悩まれていて、その緊張がアゴに影響していると感じた。痛みが緩和していたので、初回からアゴの調整を入れて、3回目までに真っ直ぐアゴを指3本分開けられるようになった。アゴの軌道としては、横にずらすことなく安定したのですが、お疲れがたまった時に一時的に開けにくさが発生したり、小さな音が残っていたりで、おカラダ全体の安定がもう少し必要です。

肩こりの改善効果も評価してくださり、今後のメンテで、更に”疲れにくいカラダ”を目指していきたいと思います。

口が開かない 右顎が痛む(岡山市 坂本様)

口が開かない 右顎が痛む(岡山市 坂本様)

坂本様は口が開けにくくて、ご来院時の開口は指2本分。右顎に痛みが発生し、カクカク音が鳴っている。

初回の施術でカクカクは無くなり、3回の施術で咀嚼が楽にり、開口は指2本から若干増えた。

4回の施術で、開口が指2.8本分になり、痛みが軽減、引っかかり感も減ってきた。7回目終了後は開口指3本分、違和感も無くなりご卒業。月一回のメンテに移行しました。

進捗はゆっくりでしたが、詰めて通ってくださって、変化の度に喜んでくださいました。まだ、若干アゴのバランスの調整が必要ですが、骨盤が安定しているので、月一回のの施術で維持と改善を計っていけると考えています。

顎の引っかかり感があり口が開けにくい 音が鳴る(岡山市 K.D様)

顎の引っかかり感があり口が開けにくい 音が鳴る(岡山市 K.D様)

K.D様はアゴに引っかかり感があり、開けにくさを感じられていて、音も鳴っている。初回の施術で音は無くなり、引っかかり感は若干ましになる。3回の施術で引っかかり感がなくなり、アゴのバランスもとれて、開口が楽になった。カラダのゆがみが強く、施術間隔を開けていきながら、カラダの維持とさらなる改善を行っていきます。ソフトな施術で最初は不安だったみたいですが、カラダを戻し維持する上で、自律神経に着目したソフトな技はとても有効です。

顎が痛い 口が開かない(岡山県倉敷市 H.U様)

顎が痛い 口が開かない(岡山県倉敷市 H.U様)

10年前から、アゴがカクカク鳴っていたが放置してきた。4日前から痛みが激しくなり、2日前からは、大きく開けたアゴを補助して戻さなければならない状態でご来院。痛みのため指1.5本分しか口は開けられない。痛みのためアゴの調整なし、カラダの調整のみを行ったため、その場では変化なし。帰宅後、あくびの時にアゴの緊張が解け、すっとアゴが開いた

H.U様は、口は早期に開くようになりましたが、アゴのバランスが安定するのに4回ほどかかりました。お仕事の関係で肩が凝りやすく、アゴにも影響するので、コリにくいカラダを目指して続けてご来院くださっています。

顎が痛い(岡山県瀬戸内市 M.S様)

顎が痛い(岡山県瀬戸内市 M.S様)

以前から顎の違和感はあったが、2日前からアゴを開けて閉じる時の痛みが出るようになってご来院。2回目にご来院された時のヒヤリングでは、まだ、痛みがあったので、不安な表情だったのですが、術後、「痛くない、口が楽に開く!」と喜んでくださいました。3回目も痛み再発なしでご卒業。「これ、すげーですね。」と喜んでいただけました。

顎が鳴る(岡山市 Y.A様)

顎が鳴る(岡山市 Y.A様)右顎が大きく開けた時にガクンとなる、そして、腰の違和感でご来院。

腰の歪みが平均より大きく、アゴは開口時に右に引き寄せられる形でアンバランスになっていました。

3回の施術で腰もアゴも良い状態で落ち着き、生理痛なども改善されて喜んでくださいました。

メンテナンス間隔でご継続くださいますので、さらに良い状態での安定を狙って施術していきます。

顎が痛い かみ合わせがおかしい(岡山県玉野市 Y.S様)

顎が痛い かみ合わせがおかしい(岡山県玉野市 Y.S様)

左アゴに、引っ掛かり、痛み、ゴリゴリ音、かむのが辛い状態でご来院。顎関節の円盤などのズレとアゴ周囲の緊張で不調が起きている感じでした。アゴの関節周囲で何が起こっているのかなと思うくらいゴリゴリしていましたが、いつもの施術で全身調整を行うと、2回の施術で痛みやゴリゴリが消え安定感が出てきました。3回目以降、一か月間隔で2回ご来院いただきましたが、アゴは安定しています。

顎が痛い 口が開かない(広島県福山市 A.S様)

顎が痛い 口が開かない(広島県福山市 A.S様)

右アゴに痛み、開口が指2.5本分しかあかない状態でご来院。とても几帳面な方で、アゴの悪化の経緯を丁寧にノートに書かれていて、それを読ませていただくところから始まりました。2005年くらい(ご来院は2010年11月)から不調が始まり、歯科で治療をされていましたが、2009年から下あごをずらさないと開けられない症状や痛みが始まる。医師にも相談して経過を見るが、2010年に入ってずらして開けることもできなくなり、じっとしていても痛みを感じるようになりご来院。

よくある関節円盤のズレとカラダの緊張からくるケースで、約3回の施術で、まっすぐ3本分開くようになり、痛みも解消。その後は、徐々に間隔をあける形でメンテナンスをしていきました。遠方からきっちり通ってくださり、改善も早かったです。

顎と顔が痛い 口が斜めに開く(鳥取県鳥取市 めっさ様)

顎と顔が痛い 口が斜めに開く(鳥取県鳥取市 めっさ様)

4年ほど前から続く首とアゴの痛み、1年半前、妊娠後期から特にひどくなって、アゴとこめかみと眉の内側が特に痛む状態。後頭骨のズレ、関節円盤のズレ、冷えからくる内臓の緊張の影響で、首を中心に顔全体へ緊張痛として広がっていました。3回の施術で改善しましたが、冷え取りや枕の改善なども積極的に取り組んでくださったので、早期改善につながったと思います。→関連ブログ 顔の痛み

顎が痛い 口が開かない(岡山県瀬戸内市 kimuko様)

顎が痛い 口が開かない(岡山県瀬戸内市 kimuko様)

左アゴに痛み、開口が指0.3本分しかあかない状態でご来院。食事がとれない状態で、尚且つひどい頭痛が発生している。初回、内臓全体の緊張、腰椎のズレを取ることで痛みは半分以下に軽減。トータル4回の施術で、開口とアゴの痛みが安定し、その後は健康目的でご来院いただけています。ご主人のご紹介もいただきました。→関連ブログ 昨日から食べてない

左奥歯がついていない、痛い 口が開きにくい(岡山県津山市 藤井様)

左奥歯がついていない、痛い 口が開きにくい(岡山県津山市 藤井様)

左アゴに痛みがあり左奥歯がついていない、口が開きにくい状態。トウモロコシを食べている時にグギッとなって、歯科で検査後ご来院くださいました。他部位のお辛さも何箇所かありアゴと合わせて調整していくと、初回の施術で奥歯がついてかみ合わせが正常になりました。他部位も3回の施術で楽になっていただき喜んでいただけました。→関連ブログ 奥歯がついていない

顎が痛い(鳥取県東伯郡 K.I様)

(鳥取県東伯郡 K.I様) 顎が痛い

K.I様はアゴの右側に痛みが発生していて、一年間の病院治療で改善がありませんでした。

食事で痛く、開ける時も痛い状態。

整体チェック法で技をかけていくと、ストレスの影響が強く、冷え障害の影響も強いケースでした。

3回ご来院くださり改善が安定。お友達のご紹介もいただきました。→関連ブログ マウスピースの弊害?

噛んだ時の痛み。 口が大きく開かない(香川県丸亀市 K.A様)

(香川県丸亀市 K.A様) 噛んだ時の痛み。 口が大きく開かない大学病院、歯科、顎関節症改善DVD、整体を試されて効果なくご来院。

要因は、冷えとストレスからくる緊張とアゴの関節円盤のズレでした。

結果は1回目で出ましたが、途中戻ることもあり、5回の施術である程度の安定を確認できました。

その後、3ヵ月以上経ち、状態を維持できていることをご連絡くださり、「顎の整体お客様の声」をいただくことができました。

暑い8月、公共機関を乗り継いで、片道3時間半かけてのご来院で、途中夏バテもおこされてハラハラしましたが、安定のご連絡いただけてとても嬉しいです。

関連ブログ 口の痛みと開けづらさ

口が開かなくて右アゴに痛み (岡山市 ゆうこ様)

口が開かなくて右アゴに痛み (岡山市 ゆうこ様)

「一ヶ月前から、口が開かなくて右アゴに痛みがあります。」

「同時に、頭もボーッとして元気が出ない。暇があったら寝ていたい状態です。」

3回の施術で、全身のお辛さもアゴのお辛さも順調に改善。

施術を通じて、戻りが無く、これで一つの区切りになると思います。

ゆうこ様はかなり重度の緊張の重なりがありましたが、パターン的にはよくある顎関節症の緊張リレーションでした。

冷えに気を付けていただいて、また時々メンテナンスお待ちしております。

関連ブログ 口が開かないし頭がボーッと

顎がズレているガクガクする(岡山県井原市 E.F様)

顎がズレているガクガクする (岡山県井原市 E.F様)

『顎関節症で10年以上悩んでいます。最近、大学病院で診察していただきましたが特になにも治療はしてもらえていません。関節が完全にズレていますと言われたのですが…』

メールをいただきました。

E.F様は、口を開けると右が鳴って左が鳴る。大きなゴリゴリする振動。変則的な横の動きがありましたが、珍しいケースではありません。

3回の施術で症状が緩和し、肩こりや首の痛みも改善しました。

半身浴もきっちり習慣にされて、そのおかげもあって早期のご卒業になりました。

メンテナンスでのご来院お待ちしております。

関連ブログ 関節が完全にズレている

強打からアゴの痛みや異音発生(岡山市 大島様)

強打からアゴの痛みや異音発生(岡山市 大島様)
奥歯が曲がったかのような打撃をアゴに受けて以来のアゴの不調。ヒアリングでは、

  • 前歯に入れ歯がある感じ
  • 噛み合わせがおかしい
  • 音や痛み

強打がきっかけなので、改善には期待しすぎないように申し上げてスタートしました。

整体チェック法でチェックしていくと、冷えやストレスの要素が強かったです。

毎回、違和感なくなった状態で終了して、4回の施術で再発しにくい状態になりました。

4回目の施術から3ヶ月後のご来院時にお客様の声をいただきました。

良い状態で安定してよかったです。
また、メンテナンスお待ちしております。