実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。

入れた技の種類や入れたポイントから、普段の習慣の中で気を付けることや連動現象など不調発生のメカニズムが見えてきます。

以下は施術実績から見えてきた整体的不調のメカニズムを説明しています。

痛みや痺れの真の原因

緊張の蓄積現象が不調とかかわっている

たとえば、『発表会や競技会などの時にカラダが固くなってしまっている』こういう経験ありませんか?

これは、無意識下でカラダを管理してくれている自律神経などが、発表会や競技会へのストレスを受けて筋肉(筋膜)に緊張を入れてくることで起きているわけです。

この場合、自分の種目が終わればカラダが緩みます。

しかし、

  • 継続的なストレス要因
  • 一度に複数のストレスがかかる

このようなことがあると、緊張がカラダにかかったまま残ってしまう場合がある。

入ってくる量が多いと上乗せでかかって量が増えます。

これを緊張の蓄積現象と呼んでいます。

上図はイメージで、実際にはこのように少なくはなく、全身にわたってかかっています。

蓄積の量が増えると緊張が高まり不調が出やすい状態になります。

姿勢・負荷・癖による不調への影響は?

負荷による影響(癖、姿勢、使い疲れ)であれば、長く休めば一旦辛さが取れても良いはずですし、繰り返すことで筋肉がついたりしてカラダが順応しますから、それによって辛さが減っても良いはずです。

たとえば、側弯症のように遺伝で背骨が大きく曲がってられるお客様。

遺伝なので側弯自体は変化しませんが、訴えられている痛みについては改善していきます。

疲労系や姿勢など負荷の問題と痛みとの関係は必ずしも比例していないと感じています。

整体的不調の真の要因は?

再発や悪化や慢性化を繰り返してしまう不調。

これは、緊張の蓄積現象とカラダの許容範囲との関係で起きている現象だと実績から感じています。
カラダの許容範囲を緊張層が超える図

蓄積された緊張が治癒力により解放される量より、緊張が入ってくる量の方が勝っているから許容範囲をこえてしまう。つまり、緊張を生んでいる自律神経との密接なかかわりがあるのです。

ぎっくり腰など急にくるイメージがありますが、『くしゃみや少し無理な体勢』などがきっかけとなり許容範囲を超えてしまっただけで、許容範囲ギリギリまで蓄積が放置されていたことが主因なのです。

緊張は自律神経の乱れにより起こります。

  • 心的ストレスによる自律神経の乱れ
  • 冷え(体内の温度差)による自律神経の乱れ
  • 物理的刺激に対する防御反応

などが蓄積要因の代表的なもので真の原因と考えています。

骨(関節)のズレという考え方

骨のズレイメージ
骨のズレも緊張の蓄積が少なくなると、それに比例して自然に戻ります。

つまり、ズレとは蓄積のアンバランスが引き起こす結果にすぎません。

身体で一番ズレが発生しやすい顎関節(アゴの関節)の関節円盤のズレもおカラダの緊張が減るに比例して自然に戻る方向に動き出します。

緊張層のマスキングという現象

マスキング現象とは緊張層が広い範囲でカラダにかかり、その下の緊張層が自然に抜けにくくなる現象です。

事故やショックな事象などに対して発生していることが多く、慢性痛に関与していることが多く、改善するうえで重要なポイントになっている場合があります。

詳細は以下リンクをご参照ください。

マスキング現象にアプローチできると改善が早まる
整体におけるマスキング現象とは。 単純に言えば、カラダを広い範囲で緊張層が覆ってしまって、その奥にある緊張層が自然には抜けにくくなる現...

なぜそこに不調が出ているのか?整体的メカニズム

1.緊張の蓄積が許容範囲を超えた箇所

上記説明にあるように、緊張層の蓄積の多いポイントで緊張が高まりが起こり痛みなどとして現われる。

2.緊張の連動現象

カラダ全身が筋膜に包まれています。内臓系にも筋膜を通じてつながっています。

つまり、部分的に起きている緊張の高まりも他の部位に連動してしまうのです。

内臓系の緊張が要になっているケースなどは多々あります。

痛みが出ている箇所がアプローチすべきポイントではないことが多いのは、この連動現象がかかわっているからです。

3.緊張の蓄積のアンバランスからくる捻じれ

捻じれの影響でわかりやすいのは顎関節のズレです。

上記、『骨(関節)のズレという考え方』に動画を公開していますが、全身の捻じれの影響のしわ寄せがアゴの関節にズレという不調として出る場合があります。

アゴだけ調整することが意味のないことであるのは、このメカニズムによるものです。

元々持っている機能が制限される

1~3により、治癒力や代謝などカラダが元々持っている機能に制限がかかって不調が加速されると考えています。

全身の整体的不調に共通している

たとえば、頭痛や目の奥の痛みのように、負荷や筋肉量など物理的な影響の少ない箇所に痛みが出るのもこの原理で考えるとわかりやすいと思います。

単一的な因果関係で起きているのではなく、筋膜や自律神経がかかわる複合的な蓄積現象によって、結果的にその箇所に不調が出ていること。

同じく、踵、膝、股関節、腰、肩、首など負荷がかかる箇所でも90%以上この原理とのかかわりで不調に至っていると施術を通じて感じています。

痛い箇所の問題ではないことが多く、全身の緊張層に対してアプローチしていける技術が整体には必要なわけです。下図イメージのように、整体チェック法で緊張層を一つずつ捉えて、順序良く開放させていくと、その場で緊張が減った分の変化がカラダに起きます。

緊張層が減るとそれに合わせて辛さやねじれが減っていく

骨の歪みやズレ、骨盤の傾きも緊張層が減るに比例して変化します。

骨のズレも改善

元のページに戻るときは、ブラウザの戻るボタンで戻ってください。

どんな整体?
「無痛の整体」、「優しい整体」と聞いてどう思われますか? 骨は動くのだろうか?からだは整うの? と疑問を持たれる方もおられると...
他院との技術の違い
「揉まないって?どうされているのですか?」とお客様や同業者様から技術的な問い合わせがあります。 施術を受けた方から「なんでこれで痛...