顔の痛み、三叉神経痛に悩むあなたへ

医療機関で解決しない顔の痛みや三叉神経痛に悩むあなたへ。

顔だけのアプローチになっていませんか?

整体実績から、顔の痛みや三叉神経痛は、カラダにかかっている【緊張の蓄積】がかかわっていることが多いです。

三叉神経痛と診断された方も、カラダの緊張の蓄積を開放するだけで、その場で痛みが変化するからです。
(※マッサージやストレッチは使いません。※無痛の技術です。)

当院では、【整体チェック法】という、どの部分に緊張の蓄積があるか?痺れや痛みにかかわる因果関係をチェックできる手法を持っています。

蓄積の大半は、本来は抜けていても良いはずの古い緊張が抜けにくくなっている状態なので、【整体チェック法】を使ってそれをカラダに気づかせ、開放するように促していけば蓄積が減り、その場でカラダが緩んでいきます。

医療機関で改善が止まってしまった場合、一度、自律神経に着目したアプローチと習慣改善をお試しください。

以下、事例をあげて、当院でのアプローチや考え方を説明いたします。

朝起きると、右頬がキャーッと痛む、顔を洗うことも出来ないくらいの痛み。 60代女性。

ブログ ”戻していく”と”今日は腰”のまとめ(2010.07.13)

60代 女性。20年来の三叉神経痛、紹介でご来院。

【症状】

  • 顔を洗うことも出来ないくらいの顔の痛み(朝起きると、右頬がキャーッと痛む)
  • 右肩も神経痛様な痛み(顔と同時期に起きて今に至っている)

病院でブロック注射と痛み止めの処方していただき、痛みを我慢しながら、現在に至っている。

【2回目施術のヒヤリング】

「朝の痛みが少し和らいだ。顔を洗うのも少しましです。」

【3回目施術のヒヤリング】

「かむ時の痛みが出てきた。キャッとなるから、食べ物は飲み込んでいます。」

「え?それは以前もあったのですか?」

「病院で、ブロックを顔に打つ前はそんな感じでした。」

(施術後)

「痛みは消えていると思いますから、確認で、ガムをかんでみていただけますか?」

「怖いっ!ええわ。」

「じゃ、ゆっくり口を開けてみてください。」

「楽じゃ、楽。」

「じゃ、ガムの確認はやめときますか?」

「いや、噛んでみます。」

「...大丈夫です。」 「このままずっとこれが続いたらええのに。」

【4回目施術のヒアリング】

3回目のガムの確認で問題なくなったが、その後、痛み再発。

【5回目施術のヒアリング】

「今日は腰を痛めて...」と、にこやかにご来院。

「鉢を持って腰が...。」

「はい、それはすぐ取れます。ところで、三叉神経痛は?」

「3日前から、かめるようになって、ご飯、噛んで食べてるんです。ふふ。」

それで、にこやかに。

4回目の施術後に一旦再発して、3日前から激しい痛みは無くなり、そのまま続いているらしいです。

施術をおこなってみると、三叉神経痛はほぼ問題なさそうです。

カラダはつながっていますから、主訴をきっちり捉えることが大切ですね。

楽になっていただけて良かった。

この方の場合、結果的に、肩の異常なコリが三叉神経を誘発していたことになります。コリを感じた時に、そこに強い刺激を入れ続けると、カラダが過剰に反応して自分で戻せない状態になりますので要注意です。

肩の痛みは、全身に溜まった緊張の蓄積が肩に影響して起きていたもの。そして、三叉神経痛は肩の緊張と連動していました。
一進一退がありましたが、全身の緊張の蓄積を開放することで、おカラダ(肩)が安定して、合わせて三叉神経痛も再発しにくくなってきました。

右よりの上唇から頭に突き抜けるような痛み。朝と夜寝ている時が特に辛い 30代女性。

「三叉神経痛は7年前から出始めて、出ては薬を飲む、そんな状態が続いていました。」

「ここ2~3日は酷くて、朝と夜寝ていても痛い。昼は薬が効きます。」

「痛みは、右よりの上唇から頭に突き抜けるような痛みなんです。」

30代女性。

整体要因リレーション:三叉神経痛

  • 冷えによる内部の緊張との連動 30%
  • ストレス系 15%
  • 股関節の緊張からの影響 30%
  • 肩の緊張からの影響 15%
  • 首の緊張からの影響 10%

相対解除の間接手法を使って、内部の緊張や部位間の連動を解放させて整えて終了。

冷え(体内の温度差)の影響も強いので、冷え取りの最適条件をお伝えしました。

【2回目施術のヒヤリング 前回から2日後】

「昨日はよく眠れました。」

「三叉神経痛は、半分に痛みが減った感じです。」

【3回目施術のヒヤリング 前回から3日後】

「朝、一回だけ、うがいの水を吐くときに痛みが走りました。」

「寝ている時に痛みが出なくなって、それが安心感になっています。」

【4回目施術のヒアリング 前回から2週間後】

「顔に痛みが出なくなりました。」

「右の歯で自然に噛めるようになりました。」

「顔の痛みが恐怖だったから、これが出なくなったことがなによりです。」

(他の複数の部位のお辛さもあって、同時に施術をおこなっています。回数に合わせて軽減しておりますが、ここでは三叉神経痛にしぼって掲載しております。)

この方の場合、冷えとストレスによる緊張の蓄積が、様々な部位に影響しているケースで、三叉神経痛はとくに冷えによる緊張の影響が強めでした。

蓄積した緊張層の解放と、新たに緊張がカラダに入らないように冷え取りをおこなっていただくことで改善していきました。

整体での冷えとは冷え性とは違い、カラダの温度差により自律神経が乱れてカラダに緊張が入ることです。温度差なので、エアコンとか冷たい飲食とかで気付かないうちに蓄積が起きています。

顔の左半分が痛く、口を開けるとこめかみに強い痛みが走る 30代女性

顎の整体で来られていますので、動画で開口を比較しています。
公開についてご本人の了解を得ています。下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

初回施術前

状態

顔の左半分が痛く、口を開けるとこめかみに強い痛みが走る。アゴが左に引っ張られてまっすぐ開かない。左奥歯の痛みもある。
左側の強い頭痛と腰痛もある。

要因

冷えとストレスからくる緊張が影響している。鼻炎も引き金になっている可能性がある。

施術後

初回施術後
顔に出ている痛みや頭痛は無くなりました。まだ、左に引っ張られますが、アゴの開口も施術前よりスムーズになりました。
詳細ブログ →顔の左半分が痛く、口を開けるとこめかみに強い痛みが走る →今度は右の顔が痛い(1年後の再来院)

首の痛みと顔の緊張から、口が痛く斜めに開いてしまう。30代女性。

初回施術前

状態

「アゴとこめかみと眉の内側が特に痛みます。首は、頭から首まで何かが乗っている感じ。」
「1年半前に子供を産んだのですが、妊娠後期から特にひどくなって」
顔全体が緊張していて、喋る合間のしぐさからもお辛さが伝わってきました。

要因

技を入れた経緯とその種類から、冷え障害から内臓系に緊張が入っていて、その緊張が連動して頭部まで上がっている状態でした。この冷えによる緊張連動は良くあるお辛さの要因パターンです。
後頭部のズレ、側頭部のズレ、関節円板のズレも合わせて調整しました。

施術後

初回施術後
まだバランスが悪いですが、開口がスムーズになりました。首と後頭部、アゴとこめかみ、眉の奥など痛みはすべて消えました。

詳細ブログ →首の痛みと顔の緊張から、口が痛く斜めに開いてしまう。

他の顔の痛み改善事例

ブログ 顔の痛みカテゴリー

顔の痛み、三叉神経痛について

顔に出てくる痛みや痺れ。お越しいただいた方のお辛さはかなりのものです。

施術を通じて感じること、

  • 顔に刺激を入れていた方が多い
  • 三叉神経痛といえど整体的要因がおおいにかかわっている
  • 痛い箇所に施術ポイントがない事が多い

病院で明確な異常がなければ、冷えやストレスにより自律神経が乱れてカラダに蓄積現象が起きて、その影響が顔にまで及んで痛みが出ているケースがほとんどです。

全身整体(蓄積の解放)によってカラダの改善に比例して顔の痛みも引いていきます。

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの原因に直接アプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、開放するように促していけば、カラダが自ら開放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

知られていない不調発症メカニズムとアプローチの考え方

●整体の考え方や技術の概要は下記リンクをご参照ください。

どんな整体?
「無痛の整体」、「優しい整体」と聞いてどう思われますか? 骨は動くのだろうか?からだは整うの? と疑問を持たれる方もおられると...

●下記リンクに整体の範疇の不調に共通の不調発生メカニズムをまとめています。ご参照ください。

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

●整体技術の詳細は下記リンクをご参照ください。

他院との技術の違い
「揉まないって?どうされているのですか?」とお客様や同業者様から技術的な問い合わせがあります。 揺らす整体で幅広く結果が出せる...

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

症例ブログ

やってはいけないこと

不調を感じたときに、揉んだり叩いたり、痛い箇所を刺激しないことが大切です。

ご参照→無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

注意

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。
  1. ホーム >
  2. 整体による改善例 >
  3. 顔の痛み、三叉神経痛