胸の圧迫感で目が覚める 首肩腰までこりでカチカチなんです

病院で異常無い不調は自律神経がかかわる緊張の蓄積で起きています。

不定愁訴も同様で、緊張の蓄積の量が多かったり、緊張がかかる範囲によって不定愁訴的に症状が出ていることが多いと実績から感じます。

胸の圧迫感で目が覚めます。40代女性

「胸の圧迫感で目が覚めます。」

「胸がソワソワする感じもあるし、胃のムカムカが強くて病院で胃カメラも飲んできました。」

「首から腰まで全体がこりでガチガチなんです。」

整体チェック法で要因リレーションを確認すると、

胸の圧迫感:

  • 冷えからの内部の緊張との連動 30%
  • ストレス系緊張の影響 30%
  • 太ももの緊張との連動 20%
  • 肩の緊張との連動 20%

胃の辛さ:

  • 冷えからの内部の緊張との連動 20%
  • ストレス系緊張の影響 20%
  • 太ももの緊張との連動 20%
  • 膝の緊張との連動 20%
  • 首の緊張との連動 20%

リレーション自体はシンプルですが、背部全体のこりの入り方からも全身に付帯する緊張量がかなり多いケースです。

整体チェック法に反応してくる緊張層を順序良く、相対解除の間接手法を使って開放していきます。

実際、蓄積量は多く、4-5回再調整を繰り返して、背部のこりや胸の気持ち悪さなど全て消えて終了できました。

2回目以降の経過

一週間間隔で4回受けていただいて、二週間を1回受けていただくと、

「夜に目が覚めるような胸の圧迫を感じなくなりました、」

「首や肩も、こりがさほどではないです。」

息子さんの受験など、現在進行形のストレスがあるので回数がかかりました。

一か月ほど間隔をあけてご来院、

「台風の時に胸の圧迫感がありましたけど、それ以外大丈夫です。」

状態が安定してきて、「しばらく様子を見てみます。」と区切りになりました。

整体所感

病院で異常無い不調は自律神経の乱れに着目することが大切で、不定愁訴だけでなく腰痛や肩こりも同様です。根本改善を考えるときは必要な理屈になります。

したがって、自律神経が何によって乱れるのか、普段、何に気を付ければよいのかを知ることが大切です。

体温調節機能の優劣であったり、個人ごとに補うべきことや気を付けることが違いますから、「自分にとって何が必要か?」を見つけ出して普段の習慣にしていくと、体調はどんどん向上していきます。

戻る自律神経失調症(不定愁訴)専門ページへ戻る

- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。