怒りは痛みを生む 首痛で頭が動かなくなった常連様

痛みは、基本的には、自律神経が関わる日々の緊張の蓄積によって起きます。

緊張の蓄積で痛みが発生 → 緊張の開放で痛みが消える

緊張の蓄積で痛みが発生 → 緊張の開放で痛みが消える

しかし、強いストレスによって一気に許容範囲を超えて痛みとなる場合があるので、ストレスによる影響は予測がつきにくい面があります。

首痛で頭が動かなくなった常連様

「昨日、歩いていると首が急にピキンとなって、痛くて、頭が動かせなくなりました。」

「横になったら起き上がれないくらいなんです。」

40代女性。

3ヶ月間隔でメンテナンスでご来院いただいている常連様。

前回の施術から、一ヶ月しか経っておりません。

強いストレスが予想されます。

横になると起きれない可能性があるらしく、座って施術をおこないます。

整体チェック法でチェックしながら、反応する緊張層を相対解除の間接手法を使って開放を促します。

予想通り、ストレス系がほとんどで、全身を覆っています。

怒りは強いストレスになる

「言いたいことは言うことにしているから...。」

上司に対して主張があったみたいで、交渉?をされたみたいです。

感情的には、『怒り』

急に首にピキンとくるのが理解できます。

全身を覆う緊張と首の付け根の連動。

内部に溜まった緊張と首の付け根の連動をまず開放していきます。

確認すると、

「横には向けるようになりました。」

頭の上下で強い痛みが残ります。

首にも直接ストレス系緊張がかかっています。

たくさん出てきます。

続けて、ひたすら緊張の開放を促して、

「上下向けます。左の肩と膝が痛くなってきました。」

元々奥に潜んでいた緊張も表面化してきました。

それらに連動する緊張層を開放させて、

「あ、抜けました。」

立って動いていただいて、

「大丈夫です。楽です。」

完全なストレス痛でした。

施術を終えて

やはり、その件でのストレス痛でした。

と、簡単に施術ポイントの経緯を説明させていただくと。

「予防できませんか?」

腹立たしいことを後で思い返すことが、特に自律神経の乱れにつながるので、それを避けるとそれだけ影響は抑えられるかもしれませんが、実際にはむずかしいですよね。

怒る要因の解決。

ということになると思います。

- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。