寝違えはマクラが原因なのか?枕の高さについての考察

寝違えのように、首の付け根の痛みの施術はよくあります。

お客様からは、「マクラがあってないからかなあ?」とマクラが原因ではないか?という声を伺うことが多いですが、実際には、『マクラはきっかけ』に過ぎないと施術から感じるところです。

「どんなマクラがいいの?」という質問をいただくことがよくありますが、当院での考えをまとめてみました。

寝違えの施術事例から原因を考える

最近の、寝違え様な首痛の事例で、どの部位にアプローチして何が関わっていたかを2事例みていきます。

左首とその付け根が痛くて左に向けない20代男性

力仕事をされている方で、整体チェック法では、

  • 脚部の緊張との連動 90%
  • 内部緊張との連動 10%

というリレーションが反応。

その部位の残緊張の解放を促していくことで、その場で痛み無く左に向けるようになりました。

「家で、普通にじっとしている時でも、足に痛みが出ることがよくあるんです。」

と、最後の説明中におっしゃられていました。

足の辛さに対する対処がよくなくて防御反応が起き、それによって脚部の緊張の自然な解放が妨げられていたと施術経緯からわかりました。

筋膜を通じた連動現象がカラダ全体で起きます。

慢性的に脚部に溜まったの緊張との連動現象が、何かをきっかけに左首に関わって、左首と脚部との引き合いで痛みが起きていた事例でした。

マクラが変わったから?首回りが重痛い40代女性

引っ越し。そして、マクラが変わったらしく、首回りの不調でご来院。

様々な部位からの残緊張が整体チェック法に反応してくるので、解放を促していくと、

左首の痛みが顕著化してきました。

「痛い。突っ張る。」

今回の首周りの不快感の芯となっていた緊張と思われます。

整体チェック法では、ストレス系の緊張が反応。時系列としては、浸水のあった時系列でチェック法が反応します。

被災された方で、チェック法が反応した浸水のあった時系列に紐付く残緊張に対して、自然な解放を促していくと、その場で左首の痛みは抜けて行きました。

不調の根幹はその時のストレスの残緊張で、マクラが変わったことはきっかけにすぎなかった事例です。

寝違えの真の原因

病院で異常が無い整体の範疇の痛みは、自律神経の乱れが関わる緊張の蓄積現象で起きています。

蓄積に関わりやすい自律神経の乱れ要因は、心的ストレスや温度差ストレスが主です。

緊張の蓄積がコリや痛みや歪みを生むイメージ図

緊張の蓄積がコリや痛みや歪みを生むイメージ図

緊張の蓄積の多い箇所に痛みが出たり、カラダ全体が筋膜で覆われているため、緊張の連動現象によって他の部位に痛みが出たりすることが施術からわかっています。

どこに緊張が溜まるか?連動現象の影響はどこに向かうのか?

いくつかのパターンがありますが、一つのパターンとして、何か不要な刺激を受けたり無理な負担がかかった箇所にかかりやすいと言われています。

寝る時に無理がかかっている箇所があれば、そこに緊張の蓄積の影響がかかりやすいことになります。

つまり、マクラは首に痛みが出るきっかけになっているだけで、寝違えの真の原因は、緊張の蓄積がカラダに起きていること、つまり、普段のストレス(心的・温度差)に対する対策が不十分であったことになります。

最適なマクラとは?

不調が改善して、メンテナンスで継続されているお客様から、

「最近、私、マクラ無しでも寝れるんです。」

と、ご報告いただくことがあります。

カラダに付帯する緊張の蓄積が減ると、寝ている間に、少々無理な体制が生じてもその影響が出にくくなるわけです。

マクラの高さは体調にあわせて変化させるべき

緊張が溜まってくると、姿勢が悪化し、緊張の左右差で捻じれも生じます。

これは、無理に正す方向に矯正しないほうが良いので、悪化分を補う方向でマクラの高さを決めるとよいと考えています。

つまり、緊張が溜まると、いつもより高めのマクラがあっていると考えられます。

寝返りのしやすさが大切

マクラの基本形は、かまぼこの板のような平らな形状で、寝返りがしやすいことが大切です。

したがって、硬さはある程度あるほうがよく、頭が沈まないほうが良いです。

そこに、タオルをかけて高さを増やしたり、取って減らしたりして、寝返りを実際にうってみて確認しながら、その日のマクラ高さを決定するのが良いと考えています。

- About Us -
整体院ほぐし庵

完全無痛の技術。
技術的特徴
●不調の原因(緊張)を捉える技術(整体チェック法)
●緊張の開放を促す技術
この2つが一体化していることが特徴。
緊張の開放に比例した、不調やバランスの改善をその場で確認できます。
病院の検査で異常ない全身のお辛さに対して変化が期待できます。

整体改善事例は、
ブログ →岡山整体修行日記 をご参照ください。
※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。