顎のズレの原因?

顎のズレ(関節円板のズレ)がなぜ起きたか?原因は?

特に何かをしたわけではない。

しかし、気づいたら、

  • 口を開ける時に横にズレながら開くようになった
  • 口を開けると引っ掛かって音が鳴る

この様な経験をされているあなた様のヒントになればと、整体実績を基に解説したページです。

カラダの緊張のアンバランスが顎のズレを生んでいる実例

緊張が入るとその箇所は硬くなります。

緊張の入る量に左右差があれば、カラダにねじれが生じます。

左が緊張が偏って捻じれやすい状態→緊張が解放されると捻じれは解消
左が緊張が偏って捻じれやすい状態→緊張が解放されると捻じれは解消

全身が筋膜で覆われているためテンションの連動が起きます。カラダの捻じれが、顎に影響して関節円板がズレてしまうのです

以下、実例を動画で説明していきます。

緊張のアンバランスを取る前後の顎のズレの変化(Case1)

まずは、1名の実例をご紹介。

カラダの捻じれによる顔のブレの変化図(初回施術の前後)
カラダの捻じれによる顔のブレの変化図(初回施術の前後)

動画を取るのでカメラを見ていただいていますが、整体前は右に顔がぶれています。

整体の後は、顔が正面を向いています。

以下、動画で、開口の引っ掛かりの変化を比べてください。

施術前の動画チェック

関節円板が引っ掛かるので、下顎をずらしながら開けています。

施術後の動画チェック

カラダの捻じれ解消=関節円板の引っ掛かりが取れて、開口がまっすぐ方向に変化

※初回施術でその場で起きた変化で、アゴやカラダにストレッチやマッサージ・押圧は加えていません。カラダの緊張を取ってカラダの捻じれが減ることで変化しました。

口が斜めに開く・全身の捻じれの動画(Case2)

アゴや顔やカラダにストレッチやマッサージなどの手法を使っていません。

カラダの緊張を減らし左右差が少なくなったことで改善していきました。

顎のズレに対しておこなったこと

  1. 緊張の蓄積を解放させた
緊張の蓄積の解放をおこなうことで不調が減るイメージ図

それだけです。

緊張解放の詳細→ どんな整体?

緊張の蓄積の解放をおこなうことで、カラダ全体のテンションバランスが均一になるので、顎のズレ(関節円板のズレ)が正常な方向に戻るのです。

「何もしていないのに顎がズレるようになった。」その原因はカラダの緊張のアンバランスであり。自律神経の乱れがかかわることで起きています。

以下、それを説明いたします。

カラダの緊張のアンバランスでなぜ顎がズレるのか

自律神経の乱れと緊張の蓄積現象が不調に関わることは、

→ 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

で説明しております。

緊張の蓄積は左右対称にかかるとは限らない

神経を通じて内臓系や筋膜(筋肉)に入る緊張。

これが左右非対称にかかることでアンバランスが生じるのです。

緊張のアンバランスは緊張の蓄積の左右差によって生じることで、それによってカラダが捻じれる方向にテンションがかかるわけです。

顎はぶら下がった関節なのでテンションの影響を受けやすい

生活する上で、捻じれにカラダを任せることなく真っ直ぐに向く必要があります。

すると、捻じれ(左右のテンションの差)は、アゴというぶら下がった関節で発散される形になりやすいのです。

顎の関節円板の周囲でテンションの左右差が生じるので、関節円板のズレが生じて、引っ掛かりや鳴りが発生しているのです。

気を付けるべき生活習慣

顎や首に刺激を入れない

まず大切なのは、顎にマッサージや押圧を行わないことが大切です。

それで悪化している事例を多々見るからです。

無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

自律神経を乱す要因が真の原因

次に、自律神経を乱し、蓄積に関わるストレスは、

  • 冷え(温度差)ストレス
  • 心的ストレス

この2点が主なものです。

このうち、冷えストレスに対してご自宅で対策していただくだけでも、長期的には効果が出てきます。

温度差による自律神経の乱れを日常の中で抑える努力をされている方は、改善が加速的に早まることを日々の施術から感じています。

温度差を日々リセットするために、冷え取りが有効ですが、冷え取りの湯温には個人ごとの最適値がありますので注意が必要です。お客様ごとに整体チェック法で温度と時間を確認してお伝えします。

Sub Page
Contact

整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

2018年4月18日

Posted by 院長