妊婦整体・産後骨盤整体・育児疲れ

以前のことですが、常連様の出産後のご来院で、
「妊娠中も整体OKだったの?来とけばよかった。」
と、言われることがありました。
技に対しての説明が不足していたわけです。

初回の施術時に、技の特性を時間をかけて説明するようになってからは、不安なく妊娠中のご予約をいただけるようになってきました。
(初来院の妊婦さんは、不安払拭のため安定期からの受け付けにさせていただきます)

何故、妊娠中でも安全で効果が得られるのか?

当院では【整体チェック法】という『カラダの筋反射反応』で判断する手法を採用しております。

整体チェック法を使うことで、

  • 現時点で入れてはいけない技が判断できる
  • 施術ポイントをピンポイントで特定できる
  • 自律神経系の技と組み合わせて施術できる

したがって、

  • カラダが受け付けない技が入ることが無い
  • 筋反射反応が得られる姿勢であれば施術可能

施術可能な姿勢とは、

  • 座位
  • 仰向け
  • うつ伏せ

体型の変化や辛さに合わせて施術姿勢を変えも、妊娠していない時と同様の施術効果を得られます。(無痛調整です。)

妊婦さんマタニティ整体

座ったり、動こうとしたときに電気が走る坐骨神経痛様な辛さ。 妊娠8ヶ月 30代女性。

「痛っ!座るだけで痛いです。座ってしまったら響かなくなるのですけど。」
「二週間前から右お尻に痛みが出て、尾骨から、今は左お尻に強く出ます。」
「最近は電気が走る様な痛みになって。」
「階段や動こうとする瞬間に強く出ます。」
詳細は、ブログ”妊娠8ヶ月の坐骨神経痛”

一旦痛くなると前にも後ろにも動けなくなる 妊娠8ヶ月 30代女性。

「動けないですーっ!」
入口で動けなくなってられます。手を取り一番近い椅子に誘導。
「一旦痛くなると前にも後ろにも動けなくなるんです。」
詳細は、ブログ”妊婦さんのお尻の痛み”

呼吸しづらくて夜眠れない 妊娠7ヶ月 20代女性。

「妊娠していますけど大丈夫ですか?」
「呼吸しづらくて、夜眠れなくなっているんです。」
詳細は、ブログ”呼吸しづらい、夜眠れない”

朝の頭痛と仰向けになれないレベルの腰痛 妊娠6カ月 20代女性。

「朝、目が覚めた状態で、首がガチガチ、頭がズキズキなんです。」
「腰も痛くて、仰向けになれないです。歩く時も響きます。」
詳細は、ブログ”妊婦さんの頭痛と腰痛”

午前中に起きる頭痛 妊娠6カ月 20代女性。

「ガンガン痛む頭痛が午前中の間起きることがずっと続いています。」
「吐くこともあるくらいで。」
「副鼻腔炎もあるから、そのせいもあるだろうと耳鼻科では言われました。」
詳細は、ブログ”妊娠6ヶ月の頭痛”

強くなったり弱くなったりの腰痛 妊娠5カ月 30代女性。

「昨日はすごく痛くて電話したのですが、今は痛くない状態です。」
「左のお尻から太ももまで痛くなるんです。」
「夕方に強まるし、ギックリ的にピキッと足に来ることもあります。」
詳細は、ブログ”妊娠中の腰回りの痛み”

股関節内側と恥骨周辺の強い痛み 妊娠9ヶ月 20代女性。

「股関節が痛くて、予約をお願いしたいのですが...。」
詳細は、ブログ”妊娠時のつらさ”ブログ”不安”

妊娠中は胎児の負荷がありますから、妊娠前からご来院いただいていた方でも不調が出やすくなります。
しかし、整体チェック法で一つ一つ緊張を解放させていく施術で感じることは、おなかの負荷よりも『冷え』『ストレス』による影響で症状が酷くなっていることが大半だということ。妊娠前からの常連様は冷えやストレスのことをご理解していただいている方がほとんどですが、その対策が不十分な状態になっていた(妊娠前に一旦改善していて、対策をおろそかにされていた。)わけです。冷え取りなどの習慣改善の条件は、妊娠してからは妊娠前より変わることがあります。
最適な条件をチェック法で調べてお伝えします。

妊婦さんマタニティ整体コラムへのリンク

産後の調整・育児疲れ解消

授乳中に起きる腰痛。特に左お尻に痛みが集中しております 40代女性。

「授乳で抱っこの間、腰が痛くて辛いんです。」
「一週間前からで、運転中、立ち座り、あぐら、かがんだり反ったりでも痛みます。」
詳細は、ブログ”授乳中の腰痛”

息がし辛いくらいの肩首痛。骨盤ベルトの影響もありそうです。 20代女性。

「やっと来れました。」
「首と肩がガチガチで、息しづらいです。」
詳細は、ブログ”出産後、骨盤ベルトは必要?”

改善していた腰痛が妊娠時から出て出産後も続いている 20代女性。

「一ヶ月前に出産したんです。」
「良くなっていた腰が、妊娠したら動けないくらいに痛くなって、」
「出産してからも、歩いて痛いし、仰向けできないし、寝返りができない状態です。」
詳細は、ブログ”寝返りできない!産後の腰痛”

育児と仕事を両立されている30代女性の不調。耳奥の神経痛と喉の違和感。

「最近、くいしばりが酷くなった感じなんです。」
「左耳奥にピキッと神経痛が頻繁に出たり、喉に何か固まりができてしまって。」
「首のあたりも重いです。」
詳細は、ブログ”喉の固まり感”

生まれたばかりの赤ちゃんとお母様がご一緒に。出産後の全身緊張が尾骨に出ている20代女性。

「尾骨がピキッと痛みます。」
「右に重みがかかった時、寝返りや歩くときです。」
詳細は、ブログ”産後の尾骨の痛み”

授乳のときに支障が出る寝違いに苦しむ30代女性。

「3日前に寝違えになって、だんだん酷くなってきました。」
「授乳のとき、下に向けない状態です。」
詳細は、ブログ”寝違えがだんだん酷く”

出産前後で位置が変わった仙腸関節痛 30代女性。

「右側ですが、骨盤か股関節かわからないんですけど、お尻の骨が痛いんです。」
「出産をしたのですが、出産前は左、出産後に右に移ったんです。」
詳細は、ブログ”骨盤痛?育児中の辛さ”

腰痛から坐骨神経痛に悪化が進む。育児ストレスが原因。30代女性。

「左のお尻の痛みと、締め付けられるような左足の痛みがあります。」
「最初は腰だけだったのですが。」
「病院ではブロック注射をして腰は少しましになりましたが、足には効かなくて。」
詳細は、ブログ”育児ストレスと坐骨神経痛”

あぐらをかくと、右股関節に外れそうな痛みが走る。立って、カラダを揺らすと股関節に響く。30代女性。

「産後3ヶ月なのですけど、股関節が痛くて...。」
ご主人の紹介で来られた30代女性。
あぐらをかくと、右股関節に外れそうな痛みが走る。
立って、カラダを揺らすと股関節に響く。
詳細は、ブログ”産後”

常連様の経過からも、育児中はお疲れをためやすい時期です。
常に注意をはらっているので、ストレス系の緊張が大きく関与しているということが施術を通じて感じるところです。
脳が神経を通じて入れている緊張なので、揉んだり揺らしたりの手法では緊張が解けにくいです。
整体チェック法と組み合わせた『自律神経系の技』を用いると、ストレスやカラダ内部の緊張を間接的に解放させることができます。カラダに蓄積した緊張を解放するに比例して、カラダの捻じれや骨盤周囲の歪みも緩和していき、辛さも同じく緩和していきます。

産後の調整・育児疲れ解消 整体コラムへのリンク

妊婦整体、産後調整・アプローチ・施術回数

上記は、ブログにアップした改善例をリストアップしております。
ブログ内に改善経緯を記しておりますが、『辛さの原因』について意外に思われた方は少なくないのではないのでしょうか?
使い疲れ冷え障害ストレスが整体的不調の3大要素なのです。

使い疲れは本来は自然消滅します。休めば取れるはずです。
なかなか消えないお辛さは、妊婦さんも冷え障害とストレスが大きくかかわっているのです。

知られていない不調発症メカニズム・当院の技術

●整体の考え方や技術の概要は下記リンクをご参照ください。

どんな整体?
「無痛の整体」、「優しい整体」と聞いてどう思われますか? 骨は動くのだろうか?からだは整うの? と疑問を持たれる方もおられると...

●下記リンクに整体の範疇の不調に共通の不調発生メカニズムをまとめています。ご参照ください。

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

●整体技術の詳細は下記リンクをご参照ください。

他院との技術の違い
「揉まないって?どうされているのですか?」とお客様や同業者様から技術的な問い合わせがあります。 施術を受けた方から「なんでこれで痛...

アプローチ概要

  • 整体チェック法で施術ポイントを明確にします
    • 整体チェック法はカラダの筋反射反応を利用した判断手法。技を入れるべきポイントが明確になります。
    • 技を入れるポイントに相対解除の手法で緊張消去法を入れます。
    • 相対解除の手法は、自律神経の特性を利用した間接手法なので、カラダ内部の緊張も間接的に解放できます。
  • 無意識に働いている器官を逆なでしない様に、意図的に優しい調整法しか使いません。
    • 骨格のズレに対して、三軸修正法の活用
    • ストレスや冷えからくる自律神経の緊張に対して、緊張消去法を使用
    • 過去の事象がからむ可動障害に、マスキング解除法を使用
  • 元々、人に備わっている”戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。
    • おからだの変化は、基本的にはその場で起きます。変化を確認しながら技を継続します。
    • 何の種類の技を入れたかで習慣改善に必要なものが明確になります。最後にお伝えします。

整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

やってはいけないこと

自律神経は刺激に対して反応してしまいます。
具体的には、刺激が入った箇所を守ろうと緊張を入れてきます。
つまり、緊張層が増えてしまうわけです。
刺激を入れないことが大切です。
ご参照→ 無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

注意

※注意 整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、
人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。

事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です