股関節痛・股関節の可動域

医療機関で異常無い股関節の痛みや可動域。

もしくは、変形性股関節症と診断されたが手だて無く、整体的要因を取って少しでも楽になりたい方へ。

辛い箇所だけのアプローチになっていませんか?

医療機関の投薬やリハビリで改善が思わしくない股関節痛は、骨格の状態・炎症以外の問題へも目を向ける必要があると考えています。

自律神経の仕組みが起こす筋肉の過緊張

当院は、自律神経の働きに着目した整体で、股関節の不調に対して結果を出しております。

股関節痛の変化は95%以上の方に初回の施術で体感していただけています。

以下、事例をあげて、当院でのアプローチや考え方を説明いたします。

股関節は他の部位との引き合いが起きやすい部位

当院では、マッサージでコリを一時的に散らしたり、ストレッチで筋や筋膜を伸ばす手法は使いません。

自律神経がカラダにかけている緊張を一つ一つ紐解きながら解放を促していきます。

下図は、緊張の解放のみをおこない、その場で起きた変化です。

自律神経の乱れが起こす緊張を解放して、その場で、股関節痛と股関節の可動域が変化した事例

自律神経の乱れが起こす緊張を解放して、その場で、股関節痛と股関節の可動域が変化した事例

痛みが無くなり、可動域の改善が見られましたが、技をかけたポイントは股関節以外の箇所が多分にあったのです。

  • 自律神経と痛みの関係
  • 緊張の蓄積と連動現象による他部位との引き合い

以下、医療機関や刺激系の施術で改善していない方へのご参考になるように、動画やスナップショットを用いて説明していきます。

股関節の痛みと可動域は自律神経との関わりが大きい

ストレスを浴びると自律神経が乱れ、カラダ(筋膜)に緊張が入ることは、すでに知られていることです。

ストレスを受けて自律神経が筋肉に緊張を入れているイメージ図

ストレスを受けて自律神経が筋肉に緊張を入れているイメージ図

この緊張が蓄積する場合があることが、実績から分かっています。

緊張の蓄積現象と筋膜を通じた緊張の連動現象

緊張の蓄積と筋膜を通じた連動現象が股関節痛と股関節の可動障害を起こしている

緊張の蓄積と筋膜を通じた連動現象が股関節痛と股関節の可動障害を起こしている

緊張の蓄積で緊張が高まり、人のカラダは筋膜の全身スーツを着ている状態なので、筋膜(筋肉)にかかった緊張は、引き合いにより全身で影響し合うことになります。

筋膜を通じた引き合い(連動)現象があるので、特に股関節の不調は他部位からの影響を多分に受けます。つまり、全身にかかった緊張がアプローチの対象となるのです

緊張の蓄積の詳細→ 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

緊張の蓄積の解放で股関節の痛みと可動域が変化(動画・写真)

緊張の解放を促す技術があります。蓄積の解放に比例した変化を動画と写真で見ていただきます。

股関節の緊張が高まり、可動域制限で歩きにくい80代女性:動画

改善回数

5回目の施術のヒアリングで、カラダの軽さと歩きの楽さをおっしゃられていますので、4回の施術で歩行についての股関節の可動域制限が改善されたことになります。

連動(引き合い)のポイント

このお客様の施術ポイントは、股関節など脚部にかかる緊張だけでなく、

  • カラダ内部と股関節との引き合い(連動)

が、股関節の可動域制限を起こしていました。

股関節の痛み・可動域制限70代女性:写真

初回施術(左)2回目施術(右)
右股関節の痛み・股関節の可動域制限 初回と2回目施術前後の変化の写真

右股関節の痛み・股関節の可動域制限 初回と2回目施術前後の変化の写真

改善回数

2回の施術で股関節の痛みは無くなり、可動域制限はまだ課題がありますが、初回より大きく変化しております。

3ヶ月後のご来院で、股関節の状態の良い維持状態を確認できております。

連動(引き合い)のポイント

整体チェック法でみた右股関節痛と可動域制限との連動(引き合い)部位

  • カラダ内部の緊張との連動
  • 太もも・スネの緊張からの連動
  • 肩甲骨の緊張からの連動

緊張の蓄積の解放で、他部位との引き合い(連動)が開放されたことで、右股関節の痛みと可動域が改善していきました。

詳細→ ストレッチをしても可動域が広がらない股関節痛のあなたへ

2事例に共通すること

  • 緊張の蓄積
  • 筋膜を通じた他部位との連動(引き合い)

が、股関節痛と可動域の制限に関わっていたこと。

当院では、ストレッチやマッサージを使用せずに、緊張の解放を促す手法をつかって、その場で起きる変化をお客様と確認しながら施術を進めていきます。

自律神経の乱れが起こす緊張は、ほとんどの股関節の慢性的な不調に関わっているのです。

変形性股関節症の整体事例から自律神経との関係を考える

股関節に異常がない股関節痛は、ほとんどのケースで緊張の蓄積が関わっています。

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全により、変形性股関節症と言われて来られるお客様はどうでしょうか?

実際、同様の施術で緊張の解放に比例して、改善方向に変化するのです。

施術事例→ 変形性股関節症と緊張の蓄積との関係

ヒアリングで感じるのは、

  • 痛みがなかったころは先天性股関節脱臼は無かったのか?
  • 先天性ならもっと早く痛みが出てもよいのでは?

など、痛みの出始めるタイミングの疑問。

さらには、ストレスや酷使など明確なきっかけがあったりで、関節に異常がない股関節症と同じレベルで自律神経との関わりを感じるのです。

変形性股関節症の手術について思うこと

変形性股関節症で人工関節に変える手術を検討される方もおられると思います。

しかし、人工関節に変えても緊張の蓄積自体は無くならないと考えています。

実際に、「手術をしたけど痛みが抜けない。」とおっしゃられる方がおられるのです。

人工関節の手術前に、自律神経に着目した整体を是非お試しいただければと考えています。

股関節痛の整体について

最初は、カラダや骨の左右差を診て関節や骨にアプローチしたり、カラダをひねったりすることで左右差を少なくしていく技術で開業しました。

しかし、リピートの方を施術していて感じたこと。

  • ズレ(左右差)が元に戻っていることが多い
  • ズレが戻っていても痛みが出ていないことがある
  • 施術の間隔が開いていきにくい

次に、全くアプローチが異なる、『チェック法とゆらゆら揺らす技』で全身を整える、押したり揉んだりしない整体を習いました。

ソフトな刺激なのに、不思議とカラダが整うに比例してお辛さも変化、対処できる範囲が広がっていきました。

しかし、時々、なぜかどうしても緩められないケースに遭遇した経験がありました。

これが、自律神経に着目した技術の導入で、なぜ緩められなかったのかがわかってきたのです。

理由があって自律神経の仕組みが入れている緊張なので、自律神経の仕組み自体に開放してもらわなければならないという考え方の技術 = 自然な解放を促す技術。

自然な解放を促す手法について簡単にまとめます。

緊張を捉えて自然な解放を促す技術で蓄積を減らす

整体チェック法というお客様の無意識に働く機関が起こす筋反射で、アプローチすべき緊張をチェックする手法があります。

整体チェック法で、股関節痛に関連する緊張一つ一つ捉えて、自然な解放を促していきます。

緊張の蓄積が減るとそれに合わせて辛さが減っていくイメージ図

なぜ緊張を解放できるのか?

緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張が、何らかの理由によりカラダに残ってしまって起きていることが多いのです。

古い残緊張の自然な解放を促すとカラダに余裕ができてくるイメージ図

  1. 現在進行形の緊張は今かけるべき緊張=対象外
  2. 過去の古い残緊張=きっかけを入れることで解放してくれる

古い残緊張は、「今は入れてなくてよい緊張。」であることをカラダ(脳)に気づかせ、解放するように促していけば、カラダが自ら解放を進めてくれます。

カラダが自ら解放してくれるわけですから、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。

カラダに無理のかからない自然な筋膜リリースとなります。

全身へのアプローチと習慣改善で股関節痛を改善していく

  • 緊張の蓄積現象
  • 筋膜を通じた連動現象

によって、結果的に股関節に不調が出ているということ。

全身へのアプローチが必要です。

  • 整体チェック法でアプローチする緊張を明確にする
  • 緊張に対して自然な解放を促す

安全で無痛な、自然な筋膜リリースにより股関節の不調が改善していきます。

  • 緊張は自律神経の乱れが関わっている

自律神経の乱れを抑えていく、習慣改善をお伝えします。

やってはいけないこと

不調を感じたときに、揉んだり叩いたり、痛い箇所を刺激しないことが大切です。

股関節は手の届きやすい箇所なので、つい、つらいと手が伸びますが、刺激に対して自律神経の仕組みが緊張を入れてきますのでかえって緊張が高まり痛みが増します。

詳細→ 無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

他の股関節痛改善事例 ブログから直近事例抜粋

Sub Page

Contact整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。