股関節痛・股関節の可動域

医療機関で異常無い股関節の痛みや可動域制限(減少)。

もしくは、変形性股関節症と診断されたが手だて無く、少しでも楽になりたい方へ。

辛い箇所だけのアプローチになっていませんか?

下図は、緊張の解放のみで、その場で起きた股関節の痛みと可動域の変化です。

自律神経の乱れが起こす緊張を解放して、その場で、股関節痛と股関節の可動域・腰痛が変化した事例
自律神経の乱れが起こす緊張を解放して、その場で、股関節痛と股関節の可動域・腰痛が変化した事例

痛みが無くなり、可動域の改善が見られましたが、技をかけたポイントは股関節以外の箇所が多分にあったのです。

医療機関の投薬やリハビリで改善が思わしくない股関節痛は、骨格の状態・炎症以外の問題へも目を向ける必要があります。

当院は、自律神経の働きに着目した整体で、股関節の不調に対して結果を出しております。

股関節痛の変化は95%以上の方に初回の施術で体感していただけています。

股関節の痛みと可動域には自律神経の仕組みが関わっている

たとえば、人前で緊張するみたいに、カラダが硬くなる現象。これは、自律神経の仕組みが筋膜に緊張をかけることで起きています。

人前というストレスがなくなれば、自然と緊張は解放されます。

しかし、ストレスの内容によっては、筋膜に緊張がかかりっぱなしになる場合があります。

このかかりっぱなしの緊張が、股関節の不調にも影響しているのです。

股関節の痛み可動域制限と自律神経との関わり解説動画↓

緊張の高まりが股関節の痛みと可動域の制限(減少)を生んでいる

緊張の蓄積

実績からわかった整体的不調の発生メカニズムで解説していますが、緊張の蓄積(緊張が溜まる)ことでカラダの緊張が高まります。

緊張が蓄積して辛さが出ているイメージ図

緊張は筋膜を通じて連動する(引き合い)

人のカラダは筋膜の全身スーツを着ている状態。

緊張がかかることで筋膜を通じた引き合い(連動)が起きたイメージが図
緊張がかかることで筋膜を通じた引き合い(連動)が起きたイメージ

他の部位の緊張からの影響が起きるのは、筋膜を通じた連動現象があるからで、特に股関節にはその影響が集中しやすいと感じています。

緊張の蓄積と筋膜を通じた引き合い(連動)で、股関節周りの緊張が高まると、股関節痛や股関節の可動制限が起きるのです。

緊張の自然な解放を促す技術が必要

カラダに溜まった緊張(緊張の蓄積)を減らすとその場で股関節の不調は変化します。

自律神経に着目した技

ストレスを受けて自律神経が筋肉に緊張を入れているイメージ図
ストレスを受けて自律神経が筋肉に緊張を入れているイメージ図

自律神経の仕組みがかける緊張は、その仕組み自体に開放してもらう必要があるので、自律神経に着目した技で対処していきます。

筋膜を通じた他部位との引き合い(連動)を取る

他の部位から、筋膜を通じた引き合い(連動)があるということは、他の部位の緊張を解放する必要があります。

つまり、全身にかかった緊張がアプローチの対象になるということです。

緊張の蓄積とその解放で辛さが減るイメージ図

緊張解放の詳細は→ どんな整体?

ストレッチやマッサージで股関節の不調が改善しないわけ

自律神経の仕組み(脳)が入れている緊張が溜まって、筋肉が硬くなったり、痛みを発したり、可動域制限が起きているわけです。

それを無理に伸ばしても、自律神経の仕組みが元の状態に戻していきます

硬い箇所や痛い箇所を揉んでも、自律神経の仕組みが緊張を解放してくれるわけではありません

股関節の痛み・可動域を改善されたお客様の経過と施術ポイント解説

お客様の声は、なるべく動画や写真で改善経緯を公開することが声として伝わりやすいと考えており、お客様の許可をいただき公開しております。

股関節の緊張が高まり歩きにくい80代女性の改善動画

動画:初回から5回まで改善経過

緊張の蓄積の解放に比例して、足運びや歩きスピードが改善していきました。

改善回数

5回目の施術のヒアリングで、カラダの軽さと歩きの楽さをおっしゃられています。

つまり、4回の施術で歩行についての股関節の可動域制限が改善されたことになります。

連動(引き合い)のポイント

このお客様の施術ポイントは、股関節など脚部にかかる緊張だけでなく、

  • カラダ内部と股関節との引き合い(連動)

が、股関節の可動域制限を起こしていました。

股関節の痛み・可動域制限70代女性の改善写真

初回施術(左)2回目施術(右)

右股関節の痛み・股関節の可動域制限 初回と2回目施術前後の変化の写真
右股関節の痛み・股関節の可動域制限 初回と2回目施術前後の変化の写真

改善回数

2回の施術で股関節の痛みは無くなり、可動域制限はまだ課題がありますが、初回より大きく変化しております。

3ヶ月後のご来院で、股関節の状態の良い維持状態を確認できております。

連動(引き合い)のポイント

整体チェック法でみた右股関節痛と可動域制限との連動(引き合い)部位

  • カラダ内部の緊張との連動
  • 太もも・スネの緊張からの連動
  • 肩甲骨の緊張からの連動

2事例に共通すること

  • 緊張の蓄積
  • 筋膜を通じた他部位との連動(引き合い)

が、股関節痛と可動域の制限に関わっていたこと。

緊張の解放だけでその場で起こる変化から、ほとんどの股関節の慢性的な不調に、自律神経の乱れが起こす緊張が関わっているのです。

他の股関節痛改善事例 ブログから直近事例抜粋

基本的に、改善事例のほとんどは、自律神経の仕組みが関わることで起きているのです。

変形性股関節症の整体事例から自律神経との関係を考える

股関節に異常がない股関節痛は、緊張の蓄積で痛みや可動域の障害が起きています。

先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全により、変形性股関節症と言われて来られるお客様はどうでしょうか?

実際、同様の施術で緊張の解放に比例して、改善方向に変化するのです。

ブログ→ 9ヶ月前から右の二の腕の痛み・元々変形性股関節症で歩きがアンバランス

ブログ→ 変形性股関節症で脛から股関節までズキズキ痛む

ヒアリングで感じるのは、

  • 痛みがなかったころは先天性股関節脱臼は無かったのか?
  • 先天性ならもっと早く痛みが出てもよいのでは?

など、痛みの出始めるタイミングの疑問。

さらには、ストレスや酷使など明確なきっかけがあったりで、関節に異常がない股関節症と同じレベルで自律神経との関わりを感じるのです。

変形性股関節症の手術について思うこと

変形性股関節症で人工関節に変える手術を検討される方もおられると思います。

しかし、人工関節に変えても緊張の蓄積自体は無くならないと考えています。

実際に、「手術をしたけど痛みが抜けない。」とおっしゃられる方がおられるのです。

人工関節の手術前に、自律神経に着目した整体を是非お試しいただければと考えています。

側弯症と股関節痛の関係

側弯症という一見バランス的に不利と思われる症状でも、必ずしもそれが痛みに直結しているかと言えば「そうではない」というのが当院での施術を通じた見解です。

服の上からはっきりわかるレベルの側弯症の方でも、痛みは緊張の蓄積が原因だったという事例がほとんどです。

側弯症自体は遺伝なので変化することはありません。

しかし、痛みの発症タイミングを考えると、痛みは、緊張の蓄積によって後天的に発生したもので、側弯症だからとあきらめなくてもよいのではないかと、改善事例から感じるところです。

当院での股関節痛の整体について

他院との技術の違いのページに書いていますが、『痛みとズレが相関関係にないこと』『どうしても緩められないケースに遭遇した』この2つの経験からたどり着いた技術。

ズレと痛みに相関関係ないこと、どうしても緩められなかった理由が、自律神経に着目した技術の導入で、わかってきたのです。

からだに起きていることには、必ず理由があります。自律神経に着目してそれらを紐解き、元の良かった状態に近づけていく整体です。

良い状態を自分で維持できるカラダへ

緊張が減るに比例して、その場で股関節の痛みや可動域は変化します。

緊張の蓄積の少ない状態を維持できるようになれば、もともと持っている治癒力がうまく働くようになることをお客様を通じて感じています。

新たに入る緊張に目を向けた習慣改善

緊張は自律神経の乱れで起きていること。

したがって、新たに発生する緊張を防がないと、また蓄積が増える可能性があります。

つまり、

真の原因はストレス(心的・温度差など)。

自律神経の乱れを抑えていく習慣改善が、股関節の状態を安定させるために必要で、そのアドバイスを大切にしています。

やってはいけないこと

改善の過程ではやらないほうがよいという意味です。

筋力トレーニング・体操

筋力トレーニングや体操は元々カラダには良いことなのですが、痛みなど不調が出ているときはやらないほうが良いです。

実際にヒアリングで経過を伺う中で、痛いときに負荷をかけることでの悪化を確認できています。

マッサージ・ストレッチ

不調を感じたときに、揉んだり叩いたり、痛い箇所を刺激しないことが大切です。

股関節は手の届きやすい箇所なので、つい、つらいと手が伸びますが、刺激に対して自律神経の仕組みが緊張を入れてきますのでかえって緊張が高まり痛みが増します。

詳細→ 無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

貧乏ゆすりをするリハビリ

比較的負担が少なく、軽度の股関節痛の時には改善がみられる場合があるかもしれませんが、貧乏ゆすりの指導で悪化しているケースがあります。

日々、状態をチェックして改善がみられない場合は、治癒力を妨げていると判断したほうが良いと思います。

施術回数の目安

股関節の痛みの改善に対して、刺激を入れないほうが良いのは、上記やってはいけないことにまとめていますが、刺激によって起こるからだの防御反応が改善回数を左右する場合があります。

一般的には3回以内の施術で間隔を開けていけるようになる方が多いです。

刺激を入れてこられた方は、それによる防御反応を解きながら緊張の解放を行っていきますので、回数が増えてしまう傾向があります。

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

個人差があることなので、初回の施術で、その後の施術回数の目安をお伝えします。 (ご来院を強制するものではありません)

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。
Contact

整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

Information:新型コロナ対策について

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

2012年5月5日

Posted by 院長