頭痛(片頭痛)

医療機関の検査で異常ないのに続く頭痛(片頭痛)のあなたへ。

頭痛と自律神経の関係はご存知ですか?

慢性化した繰り返す頭痛は、自律神経の乱れによる緊張の蓄積が関わっています。

自律神経に働きかけ緊張の解放を促す施術でカラダを緩め整えます。

(※マッサージなど意味のない刺激は入れません)

95%以上の方に初回の施術で頭痛の変化を体感していただけています。

以下、事例をあげて、当院でのアプローチや考え方を説明いたします。

繰り返す頭痛には自律神経の仕組みが関わっている

「頭痛が小学1年からほぼ毎日出ています。」と、ご来院の顎関節症とめまいも併発の19歳女性の改善動画↓

緊張の蓄積を開放し、他部位との引き合いを開放することで、小1から毎日でていた頭痛が出なくなった事例になります。

ブログ→ 小1からの頭痛・中2からのめまい・1年前から顎関節症

緊張の蓄積が頭痛を起こしている

当院では、マッサージでコリを一時的に散らしたり、ストレッチで筋や筋膜を伸ばす手法は使いません。

自律神経がカラダにかけている緊張を一つ一つ紐解きながら解放を促していきます。

緊張の蓄積とその解放のイメージ図

緊張の蓄積とその解放のイメージ図

すると、緊張の解放に比例して、その場で頭痛の変化を確認できるのです。

自律神経が乱れて筋膜にかかる緊張。それが蓄積することで、病院の検査には出ない不調としてカラダに現れてくるのです。

整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

以下、頭痛事例の改善経過を2事例ピックアップします。

頭痛薬が効かない!常にある後頭部の締め付け痛と歯茎痛 20代女性。

「歯茎の痛みが3ヶ月前から始まり、頭の締め付けは一ヶ月半前から常にあるんです。」

「毎日辛いのに、頭痛薬が効かない。」

「耳が詰まった感じが出ることも多いです。」

20代女性。

大学病院も含め複数の病院の検査で異常無くご来院。

「こんなに続く頭痛って初めてで。」

「常に、どうしたらいいんだろうと悩んでいるんです。」

「病院では食いしばりが原因ではと言われました。」

頭の締め付けは後頭部に常にあって、動いていただくと、前屈でおでこにズキズキ痛みが付加される。

整体チェック法で見た他部位との連動

(頭痛:後頭部の締め付け痛)

  • からだ内部の緊張との連動
  • ストレス系緊張
  • 肩の緊張との連動
  • 頭部自体の緊張の蓄積
  • 股関節の緊張との連動

(歯茎の痛み)

  • からだ内部の緊張との連動
  • ストレス系緊張
  • 肩の緊張との連動

緊張の蓄積の解放でおきた変化

初回施術

最初の確認

「脈打つように後頭部の締め付けが強まっています。」

2回目の確認

「後頭部は減ってきました。」

「違う場所、以前痛くなっていた箇所に出てきました。」

3回目の確認

「あ、おでこだけが残って、他はすっきりしてきました。」

「この整体。不思議ですね。」

最終、痛みは頭のてっぺんに移動。

てっぺんは違和感レベルに減少して、他の辛さは無い状態になりました。

2回目施術(前回から3日後)

「かなり良くなって。自分のカラダを信用できるようになってきました。」

「びっくりです本当に。」

「頭の締め付けが無くなって、耳の詰まりもすこしだけ。」

「場所が変わって、髪の生え際に少しだけ痛みが残っています。」

「歯茎は上部に違和感が出ているだけです。」

「耳のつまりは出てもレベルは10分の3以下です。」

施術で、お辛さ無くなり終了。

数週間後、お電話で

「今も辛くないので、足湯をしながら様子を見てみたいと思います。」

「大切なことに気づかせてくださってありがとうございました。」

施術ポイント解説

「食いしばりをしているから歯茎が痛むし、後頭部にも影響してしまう。」という理屈で、『意識して歯と歯を離しておいてください。』と指導があったらしいです。

施術を通じて感じることは、食いしばりにも理由があるということ。カラダに蓄積した緊張が高まると、それを発散するために食いしばってしまうと考えています。
つまり、カラダの緊張の蓄積を少なくすれば解決する場合があります。

  • 既に蓄積している緊張層は整体で解放
  • 新たな緊張層が蓄積しないように冷え取りなどを行う

お電話の時に分かったのですが、温度差ストレスに対する予防として、足湯器をご自身で購入されました。

自律神経の乱れがかかわる緊張の蓄積を溜めないようにするには、整体を受けるだけでなく、入ってくる緊張を防ぐことが大切で、この方にとって温めは効果的です。

ひどい頭痛でバランスが取れない 40代女性。

「一週間前から頭痛がひどくなり、3日間仕事を休んでいるんです。」

「頭がボーッとして、歩きだしたらバランスが取れない。」

40代女性。

頭痛自体は3年前くらいからで、最初は頭が割れそうに痛い経験をされたそうです。

医療機関で異常無く、様々な治療で変化はあるがすっきりせず、自律神経の乱れと言われた。

今回、仕事に差し障るレベルに再発。

整体チェック法で見た他部位との連動

  • からだ内部緊張との連動
  • 全身を覆う緊張

主に、この連動がチェック法に反応しました。

緊張の蓄積の解放でおきた変化

初回施術

最初の確認

「ボーっとしています。」

痛みは?

「痛くないかな。」

2回目の確認

「ボーッとした感じが少し狭くなった感じ。」

「痛み無いです。」

3回目の確認

「動いてもいいですか?」

「まだ頭に重りを載せている感じ、重心が上にあるような。」

4回目の確認

「ちょっと軽い感じ。」

さらに数回の微調整で

「だいぶ取れてきました。」

「大丈夫です。」

2回目施術(前回から4日後)

「その日は良かったけど、次の日は元に戻りました。」

「肩と腰の痛みが出てきて、その次の日は激しく後頭部が痛くなってずっと眠っていました。」

「念のために脳外科に行きましたが異状ありませんでした。」

「今はボーッとした感じが出ています。」

治癒力が働くことによる好転反応でしょう。

今回も同様の施術で楽になって終了。

3回目施術(前回から10日後)

「あれから大分良いです。」

「たまに仕事で疲れた時にふらっとするくらいです。」

よかった。

治癒力が活性化してきました。

チェックするとわずかな緊張層だけで、それを解放。

防御反応もないので基本手技をかけて終了。

施術ポイント解説

温度差ストレスで自律神経が乱れた場合は、主にカラダ内部(内臓系)に緊張がかかることが多いです。

内部の緊張は筋膜を通じて、様々な部位に連動しコリや痛みに発展します。

整体チェック法で頭痛に関連する緊張を捉え、緊張の解放を促す手法をかけていくと、整体の範疇の不調はその場で変化していきます。

温度差ストレスとは、冷たい飲食、エアコンで足元が冷える、季節の変わり目など、日常、知らず知らずのうちに影響を受けています。

カラダに溜まりやすい緊張の代表的なものです。

頭痛(片頭痛)について

上記事例からいえることは、病院で異常がない頭痛は、全身の緊張との引き合い(連動)が関わって結果として頭痛として出ているということです。

全身で起こる緊張の蓄積に加え、

緊張の蓄積イメージ

緊張の蓄積イメージ

筋膜を通じた緊張の連動(引き合い)現象が頭痛に関わっているのです。

全身が筋膜で覆われ、筋膜の全身スーツを着ているような状態。そこに緊張がかかると引き合い現象が起きる。

全身が筋膜で覆われ、筋膜の全身スーツを着ているような状態。そこに緊張がかかると引き合い現象が起きる。

全身の緊張に対してアプローチしていく必要があるのです。

緊張の解放を促す技術

緊張の蓄積が減ると辛さと歪みが改善するイメージ図

緊張の蓄積が減ると辛さと歪みが改善するイメージ図

無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法(整体チェック法)を使って、頭痛に関わっている緊張のポイントを特定して、解放を促していきます。

実際に、緊張の解放に比例して、その場で痛みは変化していきます。

蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態なのです。

今入れなくてよい緊張であることをカラダ(脳)に気づかせ、解放するように促していけば、カラダが自ら解放を進めてくれます。

普段の生活習慣に目を向ける必要がある

全身にかかっている緊張の影響が、結果的に頭部に痛みとして現われている場合が多く、自律神経の乱れと密接な関係があります。

つまり、自律神経を乱す要素を生活習慣の中で排除していくことも大切と考えています。

  • 温度差ストレス
  • 心的ストレス
  • 刺激ストレスに対する防御反応

緊張の蓄積による不調は、入りと出の問題であり、流動的なものです。だから、不調には波があるのです。

現在進行形の緊張(ストレス系)は残るが、他の古い緊張の蓄積が減れば辛さは変化するイメージ

現在進行形の緊張(ストレス系)は残るが、他の古い緊張の蓄積が減れば辛さは変化するイメージ

古い付帯した緊張は、自律神経に着目した整体で解放を加速させることができますが、新たに入ってくる緊張に対して、日常で防いでいくことが大切で、当院では、そのアドバイスに力を入れています。

やってはいけないこと

刺激に対して、からだがその箇所を守ろうとして緊張を入れてきます(防御反応)。

体感的には辛さが一時的に変化する場合がありますが、緊張の蓄積という意味では悪化することになりますので、刺激系で対処しないほうが良いです。

防御反応の詳細→ 無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

当院の整体技術は、赤ひげ塾バランス活性の技術に三軸修正法のコンセプトを導入して発展させたものです。

カイロプラクティックや武道医整体(関節を鳴らす整体)も習いましたが、その技術は一切使用しておりません。

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、解放するように促していけば、カラダが自ら解放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

不調発症メカニズムとアプローチの考え方の詳細ページリンク

●整体の考え方や技術の概要は下記リンクをご参照ください。

 どんな整体?

●下記リンクに整体の範疇の不調に共通の不調発生メカニズムをまとめています。ご参照ください。

 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

●整体技術の詳細は下記リンクをご参照ください。

 他院との技術の違い

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

頭痛(片頭痛)ブログへのリンク(直近)

Contact整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。