どんな整体?

「無痛の整体」、「優しい整体」と聞いてどう思われますか?

骨は動くのだろうか?からだは整うの? と疑問を持たれる方もおられると思います。
私も以前は他流の「力を必要とする整体」をおこなっていたので、信じられなかったのですが、施術を受けてみて導入の決心をしました。

2007年3月より正式導入。

『カラダの機能を妨げているものを取り除くことで、本来の状態に戻していく整体』

カラダが中から緩む技術。

自律神経に着目した、変化を起こせる整体です。

施術の考え方

医療機関、療法、色々試したけど良くならない。

無意識に起こるカラダの反応を無視した施術を受けていませんか?

“凝った箇所を強く揉む”、”骨を無理やり動かす”、たとえばこれらの行為は、カラダが反発する方向に反応します。
一時的には良くても、しばらくすると、硬くなったり、すぐ戻ったり。

無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

  1. 自律神経に着目した整体理論
    当院では、無意識にカラダを管理してくれている器官(自律神経など)の特性に則した手法で、自然におカラダを元の状態に戻す技術を使っております。したがって、意図的に優しい手技しか使いません。自然に戻すので、施術効果の持続性が評価されています。
  2. お辛さの因果関係を ”整体チェック法” で明確にします。
    技を入れるポイントを整体チェック法ではっきりさせます。直接的にアプローチできる施術体系のため改善の速さに違いが出ます。
    何の技をいれたか?で習慣改善のポイントも明確になります。アドバイスと合わせて、根本解決を目指していきます。
  3. 施術前後で不調の変化を確認する
    緊張が減りバランスが整うと、それに合わせて整体的不調はその場で変化していきます。
    可動域やバランスやお辛さの変化を確認をしながら技を繰り返します。
    残った不調に対しては、おカラダに負担がかからない範囲で微調整を試みます。
  4. 痛みのみを追うことをしません
    技をかけるうえで痛みなど不調の変化を意識しますが、痛みが消えたことが整体としての完了ではありません。
    整体の最大のメリットはカラダの機能パフォーマンスがアップすること。
    骨盤周囲のバランスにこだわった全身整体で、毎回、カラダ全体の調和を確認します。
  5. “戻る力”を活性化して、”疲れにくいカラダ”を目指しています
    ・あなたが、慢性化から抜けだし、普段、辛さを感じないこと。
    ・無理をして辛さがでても一日休めば元に戻ること。
    が、わたしが目指す姿です。

からだの整え方

『カラダを中から緩めて整える』と表現することがあります。

不調や歪みは緊張の蓄積現象によって起きていることがわかっています。

  1. 緊張の蓄積の大半は過去の古い緊張
  2. 過去の緊張であることを脳に気づかせる
  3. 脳が自ら緊張を開放してくれる

カラダ(脳)が、自ら緊張を開放してくれることでコリや痛みがその場で変化する。自然な筋膜リリースを実現させた手法で、これを『中から緩む』と表現しています。

ずっと以前は、カラダの左右差やズレを探して、押したり捻ったりする手法を使った時期はありました(2006年頃、半年間くらい)。

しかし、それによって緊張を脳が開放してくれるわけではなく、そもそも、ズレや左右差は原因ではなく、緊張の蓄積のアンバランスが起こす結果に過ぎないと施術実績から感じています。

以下、自律神経が関わる蓄積現象と不調の関係、そして、整え方の説明です。

緊張の蓄積が不調や歪みを生んでいる

緊張の蓄積という言葉は初めて耳にされる方が多いと思います。

主に冷え(体内の温度差)やストレスがかかわって、自律神経の乱れによって起きている現象です。
緊張層の蓄積現象

蓄積現象によって、

  • 緊張の蓄積が許容範囲を超えた箇所不調が出やすくなる
  • 蓄積の偏りからカラダが捻じれる現象(姿勢、骨盤の傾きなど)
  • 緊張の蓄積が元々持っている機能を低下させている

が起きる訳です。

緊張の蓄積現象の詳細は下記リンクにまとめました。ご参照ください。

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

足底筋膜炎など踵に出る痛み、頭痛やめまい、育児中によくある搾乳による手の痛みなどにも、この緊張の蓄積が大いにかかわっています。意外ではないですか?

使いすぎ、反復動作など、疲労系だけで起きているような不調。

疲労系だけであれば、スポーツと一緒で休めば一旦取れるはずですし、筋肉が付いたりでカラダの順応力が解決してくれることが大半です。

しかし、疲労系のはずなのになかなか辛さが変化しないケース。

これには上記緊張の蓄積がかかわっていることが多いのです。

  • 過剰に動かす箇所に脳が緊張をかけて休ませようとする
  • 他部位からの連動現象が過剰に動かす箇所に影響しやすい

疲労箇所がどうにかなっているのではなくて、連動現象など他部位からの影響があるので、休んでも抜けにくく、影響の度合いによっては悪化する場合もあるのです。

めまいなど不定愁訴(自律神経失調症)も病院で異常無ければ、緊張の蓄積が広範囲で高まったことにより、痛みのような狭い範囲ではなく広い範囲での不快感という形で現われた現象と施術を通じて感じています。

関連→ 自律神経失調症(不定愁訴)に悩むあなたへ(改善事例と解説)

緊張の解放に比例して整体的不調は変化

蓄積した古い緊張や連動を解放する技術があります。

自律神経系の技で、元々、人に備わっている”元に戻す力”を利用した技です。

本来、消えていても良いはずの緊張がカラダに残って、蓄積して不調に関わっているので、それをカラダに気づかせ、開放するように促していけばどんどん消えていきます。

整体チェック法を使って緊張を順序良く開放していくと、

  • 痛みや痺れの緩和
  • 動きの可動域が増える
  • 姿勢が改善

本来持っている機能を邪魔している緊張層が減るに比例して、その場でおカラダに変化が起きます。(蓄積の量によって変化量の個人差はでます)
緊張の蓄積が解放されていくイメージ

骨の歪みやズレ、骨盤の傾きも緊張層が減るに比例して変化します。

骨のズレも改善

骨盤周囲のバランスの変化

片方の足が短くなっていると「骨盤が〇〇で...。」と説明を受けた方もおられると思います。
骨盤調整

この現象も緊張の蓄積現象によるアンバランスが起こしていることです。

揉んだり捻って筋を伸ばしたりしても緊張の蓄積が減るわけではないので、当院ではその手法は使いません。

緊張が解放されることで骨盤周囲の不要な引き合いが無くなると、力を加えなくてもお客様の力で自然と揃ってきます。

姿勢バランスの変化

バランス調整

全身施術で、

  • 部位間の連動
  • カラダ内部との連動

など、不要な引き合いが少なくなると、骨格も自然とお客様の力で元のバランスに整います。

複雑化しやすいアゴの関節円板のズレも改善

全身の緊張の蓄積を解放すると、複雑化しやすいアゴの関節円板のズレも改善方向に変化します。
ご参考動画↓(下に動画フレームが表示されない方はYoutube→顎関節症とカラダの連動動画

緊張を解放する技術

  • 整体チェック法で不調に連動する緊張を明確にする
  • 緊張の開放を促すきっかけを入れる(緊張消去法)
整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技のポイントなど不調とかかわっている緊張を明確にすることができる
緊張消去法
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、開放するように促していけば、カラダが自ら開放を進めてくれます。
整体チェック法で緊張を認識してもらい、開放のきっかけを入れる手法なので内部にかかる緊張に対しても開放を促していくことができます。

【整体チェック法】と自律神経系の技である【緊張消去法】で蓄積の解放を進めていきます。

技術について下記リンク、『他院との技術の違い』も是非合わせてご参照ください。

他院との技術の違い
「揉まないって?どうされているのですか?」とお客様や同業者様から技術的な問い合わせがあります。 揺らす整体で幅広く結果が出せる...

緊張で自律神経がカラダに緊張を入れるイメージ
今現在起きているストレスなどの緊張は、その事象が過ぎる必要がありますが、蓄積している古い緊張については自律神経に着目した技で解放していくことができる訳です。

蓄積した緊張の古い緊張を減らすと辛さも減るイメージ図

蓄積した緊張の古い緊張を減らすと辛さも減るイメージ図

整体チェック法の反応を元に緊張の開放を促す手法は、お客様が自ら緊張を開放をしてくれる訳で、カラダに負担がかかることは無く完全無痛です。

施術の流れ

痛みと関節可動域の確認

可動域とお辛さの確認
この時、立って前屈していただいたり、後屈していただいて、お体の左右差や、痛みの出る位置や関節可動域を確認します。静止した状態での左右差や、バランスも確認します。

施術

整体チェック法で古い緊張の開放を促すことで、緊張が減ることと、内部・表層含めた緊張の引き合い(連動)が少なくなるので、全身の不調とバランスが改善方向に変化していきます。

都度、バランス・不調・可動域など変化を確認しながら緊張の開放を繰り返します。

おカラダにエージングをかけるために、下図のような呼吸法に合わせて、ゆらゆらと揺らす手法をかける場合もあります。

手技

確認・説明・アドバイス

おカラダに無理がかからない範囲で再調整を繰り返し、整体チェック法の反応を基準にして施術に区切りをつけます。

施術終了後、どのポイントに緊張がかかり不調に関わっていたか、など、施術による変化に対して説明をさせていただきます。習慣改善の必要があれば、そのアドバイスも行います。

ご質問があれば遠慮なくおっしゃってください。
メール等によるアドバイスも受けさせていただいております。

施術時間:

「営業案内」にお時間の目安を入れております。

お時間で区切るものでなく、おからだの状態により施術時間は変化します。
整体料金はお時間の増減に関係なく一律です。
施術回数や施術間隔のご参考は、下記リンクをご参照ください。

よくある質問Q&A
整体はボキボキと怖いイメージがあるのですが。。。 何回ぐらい通えば楽になりますか? 通う間隔は? 自律神経に着...

整体の適応範囲・メリット

自律神経失調症(不定愁訴・自律神経の乱れからの不調)・顎関節症・頭痛・顔の痛み・三叉神経痛・首の痛み・首こり・股関節痛・坐骨神経痛・肩こり・肩甲骨の辛さ・五十肩・四十肩・肩の痛み・手のしびれ・足底筋膜炎・背中の痛み・膝の痛み・尾てい骨痛・鎖骨周辺の痛み・寝違え・腰痛・ぎっくり腰・妊婦整体・産後調整・育児疲れ解消など、病院の検査で異常無い全身のお辛さでご利用いただいています。

整体による改善例
「この整体院で整えると、どんな変化が起きるのかな?」 元の良かった状態に戻ろうとする力は皆様が持っています。 戻ろうとす...

問い合わせフォーム(無料)

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。
※当院の整体は、精度の高いチェック法で辛さの要因を特定しながら技をかけていく、全く新しい手法の整体です。
旧来の理論による、按摩・マッサージ・指圧や鍼灸、カイロプラクティック(AKA-博田法含む)、バキボキ式の矯正は行っておりません。
元のページに戻るときは、ブラウザの戻るボタンで戻ってください。