坐骨神経痛

医療機関の検査で異常なかった坐骨神経痛。もしくはヘルニアなどレントゲンで指摘があったが整体的要因を取って少しでも楽になりたい方へ。

坐骨神経痛は、自律神経が関わる筋肉の過緊張で起きている

ご存知ですか?

医療機関の投薬やリハビリで改善が思わしくない坐骨神経痛の大半は、筋肉の過緊張の解放で改善方向に変化していくのです。

緊張の蓄積が減るとそれに合わせて辛さが減っていくイメージ図
【緊張の蓄積が減るとそれに合わせて辛さが減っていくイメージ図】

当院では、【整体チェック法】という痛点との関連を調べる手法で整体的因果関係を明確にしながら技を入れ、その場で起こる変化をお客様と確認しながら進めていきます。

痛みやしびれの変化は90%以上の方に初回の施術で体感していただけています。

以下、実例をあげて解説。当院でのアプローチや考え方を説明いたします。

坐骨神経痛は自律神経が関わる筋肉の過緊張で起きている

どんな整体?で解説していますが、当院では、ストレスにより自律神経が乱れて筋膜にかけてくる緊張を解放して筋肉を緩める施術をしています。

筋肉の過緊張は緊張が溜まる(蓄積)ことで起きています。すべり症・狭窄症・ヘルニアなど骨や軟骨の状態を指摘されてご来院される方も、緊張の解放に比例した改善を確認できるのです。

Case1:坐骨神経痛で足に力が入らない60代女性。3回で改善(動画)

下の埋め込み動画は、マッサージやストレッチは入れず、溜まった緊張の解放のみで改善したものです。↓

動画

病院の診断

整形外科では、4番と5番の腰椎すべり症からくる坐骨神経痛と診断。

動きの確認

左足で支えられない。

左の太ももに強い痛み。

施術経過

  • 3回の施術で痛みと歩行の改善
  • 「夜寝ているときも、痛みを感じない日が出てきました。」

施術ポイント

全身に溜まった緊張が、結果的に左の股関節から下(臀部、太もも、スネ)に影響している状態でした。

特に影響が大きかったのが、からだ内部下方の緊張との引き合い

Case2:足の太ももの裏(ハムストリングス)の強い痛みから解放40代女性。6回で改善

この方も、マッサージやストレッチは入れず、溜まった緊張の解放のみで改善しました。

ご来院時の痛みの位置とからだの可動域

右お尻から膝裏までの痛み・首痛・前屈角度60°・後屈角度19°
右お尻から膝裏までの痛み・首痛・前屈角度60°・後屈角度19°

座ってお尻の痛み。立つているだけで、お尻と太ももの裏 ( ハムストリングス )の痛み。前屈もお尻と太ももの裏が痛むが、立位のほうが強い。頭上で首の強い痛み。肩甲骨間の詰まり感。

前屈角度60°・後屈角度19°

3回目施術前の痛みの位置とからだの可動域

右お尻から太もも裏中ほどまでの痛み・腰に痛み出た・首痛・前屈角度90°・後屈角度45°
右お尻から太もも裏中ほどまでの痛み・腰に痛み出た・首痛・前屈角度90°・後屈角度45°

右のお尻から太もも裏の痛み弱まり、腰に強く痛みが出てきた。

前屈角度90°・後屈角度45°

7回目施術前の痛みの位置とからだの可動域

坐骨神経痛も腰痛も無い・首肩は残るが以前より良い・前屈角度110°・後屈角度35°
坐骨神経痛も腰痛も無い・首肩は残るが以前より良い・前屈角度110°・後屈角度35°

中腰が多い立ち仕事ですが、疲れたら腰に出るけどシップ貼るに至らない。休むと自然に消える。

肩首は前より良くて、朝の痛みが出なくなった。

結果、6回の施術で坐骨神経痛は改善していることになります。

施術ポイント

からだ内部の緊張との連動と、痛みのないほうの左太ももの緊張との連動が目立つことと、よかれと刺激を入れられていたので、その防御反応の影響を取ることがポイントになった施術でした。

痛い箇所以外のポイントの緊張を減らすことで、部位間の引き合いが減ってくるので、痛みだけでなく可動域の改善も見られるわけです。

Case3:MRIでヘルニアが神経に直接当たっていた坐骨神経痛の50代男性 8回で改善

状態から、かなり回数がかかりました。 この方も、マッサージやストレッチは入れず、溜まった緊張の解放のみで改善しました。

ご来院時の状態

3ヶ月前に左お尻から足全体に痛みとしびれ。MRIでは、神経にヘルニアが当たっている坐骨神経痛と診断。

立位でも痛み。後屈で強まる。横になっても強い痛みをこらえられている状態。

改善経過

8回の施術で改善。6か月後の紹介の付き添いで、

「今日は部下をお願いします。」 「俺、定期的に受けたほうがええんじゃろな。でも、痛みが無くなったら延び延びになってしまう。」

と、 再発ないことを確認できました。

施術ポイント

  • からだ内部の緊張との連動
  • ストレス
  • 不要な刺激を受けての防御反応

3名様の施術の共通点

辛い箇所以外に主となる施術ポイントがあった

  • 他の部位に溜まった緊張との連動(引き合い)
  • 全身の緊張の蓄積の解放に比例して改善
  • 良かれと不要な刺激を入れることで悪化していた

技を入れてその場で起きる変化から、坐骨神経痛で来られるお客様は、自律神経の乱れがかかわる緊張の蓄積と筋膜を通じた連動(引き合い)で、結果的に、脚部に筋肉の過緊張が起きて、痛みやしびれになっている場合が珍しくないのです。

緊張の蓄積の詳細→ 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

筋膜を通じた連動があるので、他の部位に溜まった緊張からの影響があるのです。

他の坐骨神経痛改善ブログへのリンク( 直近)

坐骨神経痛について

医療機関では

医療機関では、レントゲンやMRIで状態を撮って、骨の状態、椎間の状態の確認。血液検査などで病気など疾患の確認を主に行うと聞いております。

そして、リハビリなど物理的な運動療法や投薬などで痛みやしびれの軽減をはかるみたいです。

医療機関の検査はとても大切ですから、不調が出たら、まずは医療機関の受診が大切です。

施術を通じて

骨格的要素(すべり症・ヘルニアなど)を指摘されている方がおられますが、上記、緊張の解放をおこなうことで改善するケースが少なくありません。

医療と並行して、緊張を減らす施術を是非お試しいただきたいと考えています。

腰椎すべり症が確認された方

腰椎分離症などでズレているといわれてお越しくださる方が多いですが、なぜずれるか?の理由が、腰の骨周囲の筋肉のアンバランスにあると考えています。

実際に、 施術で腰の骨周囲の筋肉のアンバランスが整うに比例して、痛みやしびれが改善される事例は多く、スポーツに復帰できる方もおられることから、お医者様に手術を勧めらるケースでなければ、元の良かった状態に戻る可能性があると実績から感じています。

ヘルニアが確認された方

ヘルニアによる神経圧迫がレントゲンやMRIなどで確認された方が、施術で改善されるケースは少なくありません。

整体で痛みやしびれや可動域が改善後、レントゲンで再チェックされたら、「ヘルニア自体は残っている。」というヒアリングがあります。

緊張の解放で周囲の筋肉を緩むことが、神経圧迫の影響を少なくしていると考えています。

腰の牽引について

腰の牽引は、緊張した箇所が牽引されることで、カラダの防御反応が起きて、かえって緊張を高めてしまう場合があることをヒアリングから感じています。

牽引箇所の緊張が高まると、それだけで辛さにつながることがありますから、牽引が合っているか合っていないかの判断を、お医者様とよく相談されることが大切と思います。

当院での坐骨神経痛の整体とは

自律神経に着目した手法で筋肉を緩めて整えていきます。付帯する緊張の解放でお辛さに変化が起きるのは、皆様共通です。

自然な筋膜リリースで原因に直接アプローチ

当院での技術の特徴は、カラダに溜まった緊張に対して自然な解放を促していけることです。(緊張の蓄積の解放)

緊張とは、理由があって自律神経の仕組みが入れている。

つまり、自律神経の仕組み自体に開放してもらわなければならないわけで、そのきっかけを入れることを技と呼んでいます。

からだが自ら解放してくれるので、内部の引き合っている部位の緊張も解放可能です。

筋肉が緩み、全身の不要な引き合いが減ることでバランスや辛さが改善されていきます。

理想的な筋膜リリースと考えています。

緊張解放の詳細→ どんな整体?

やってはいけないこと

強いマッサージで悪化されて来られる方がありますが、一番多いのはストレッチで悪化されている方です。

ストレッチは坐骨神経痛を悪化させる

ハムストリングスが突っ張ってくると、ついストレッチで伸ばしたくなりますが、緊張の蓄積によって発生している張りや痛みに対しては、ストレッチなど刺激は入れないほうが良いです。

お尻の梨状筋への強い指圧によって悪化されているお客様も多いです。

自律神経の仕組みが入れている緊張なので、無理に伸ばしても、カラダとしては伸ばされまいと防御反応を起こし、かえって緊張を高めてきます。

ストレッチ直後は良くなったような感覚になることがあるので、気づかずに繰り返して、徐々に悪化するパターンが多いです。

防御反応の詳細→ 無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

自律神経に着目した習慣改善のアドバイス

緊張の蓄積に対して自然な解放を促すことで、基本的にはその場で坐骨神経痛の辛さの変化は起きます。

その時に入れた技やポイントによって、緊張の蓄積を抑える習慣改善へのヒントが見えてきます。

新たに入ってくる緊張を減らさないと、また、緊張が溜まって再発する可能性があるので、ストレスによる自律神経の乱れを軽減させる習慣改善のアドバイスは大切で力を入れています。

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

当院の整体技術は、赤ひげ塾バランス活性の技術に三軸修正法のコンセプトを導入して発展させたものです。

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、解放するように促していけば、カラダが自ら解放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

Contact

整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

2012年5月5日

Posted by 院長