膝の痛み・膝に力が入らないあなたへ

医療機関でなかなか解決しない膝の痛みなど、膝の不調に悩むあなたへ。

半月板の問題を診断されていても必ずしもそれが痛みにかかわっているとは限らない事実。

当院では、整体チェック法で因果関係を明確にしながら、その整体的要因に直接アプローチする整体をおこなっています。(無痛調整です。)

膝痛はカラダのバランスの影響を受けやすい箇所です。
しかし、冷えやストレスによる緊張の蓄積現象も大きくかかわっているってご存知ですか?
ここでは、当院でのアプローチや考え方を説明いたします。

膝が痛くて正座できない 70代女性。

ブログ ”若さ”より抜粋(2010.05.13)

「母なんですが...膝が痛くて正座できないんです。そんなんもできます?」

70代女性。お客様である娘さんと一緒にお越しくださいました。

「卓球の試合に出すぎて痛くなったのかも。レントゲンでは異常なくて、ヒアルロン酸の注射を10回打っています。」

右足の曲がりが悪く、膝裏に違和感。痛みがスネと太ももに出ている状態。

(一回目)

骨盤修正後、三軸コンセプトの技で、関節のズレと筋肉の緊張を取って、反応が消えたところでベッドの上に正座していただく。

「できた!痛くないです。」

まだ、少し違和感が残っていたので、それを消して、さっと基本手技をかけて終了。

正座の再確認と、卓球の動きをしていただいて痛みが出ないことを確認。

俊敏な動きを見せていただけました。

(二回目 10日後)

「膝周りはなんとも無いです。卓球の試合も出てきましたよ。」

「むくみも取れて、膝のえくぼが見えてます。」

「でも、正座の時、足首が張るような感じがして...」

これは、基本手技だけで取ることができました。

もう、膝に関しては大丈夫でしょう。

わずかな骨のズレが可動障害を起こすことはよくあります。骨のズレが戻らないのは周辺の筋肉が緊張しているためで、緊張を解放していきながら関節を調和させていきます。
筋肉の緊張は、ストレス、冷え、使い疲れなどの影響がありますので、普段、緊張をリセットできる習慣のアドバイスも行います。

正座できない(ストレス性の膝の緊張痛) 50代女性。

ブログ ”正座ができなくて”より抜粋(2011.11.01)

「正座ができない状態なんです。」とお電話。

「2ヶ月前に歩きすぎて、両膝が腫れて熱も出て、一週間歩けなくなって」

「一ヶ月前から膝の体操をしているけど痛みが取れないんです。」

50代女性。

動きの確認で、膝が80°くらいしか曲がっていません。

チェック法を使いながら無痛の技をかけていきます。

カラダ全体での緊張層が多く、それを解除。

膝は、ストレス系の緊張が重なっていて、痛みと可動域をテーマに解除を繰り返します。

7回か8回だったか、確認と調整を繰り返し、

「付きました!正座できます。」

少し膝に痛みが残る状態でしたが、カラダが技を受け付ける限界が来たので終了。

放置期間が短いので、すぐに正座まで持って行けると思っていたのですが、思った以上に時間がかかりました。

何らかのストレスが原因でカラダの防御反応などが起きて筋肉が緊張を解かなくなる場合があります。このような時に膝の体操をしても逆効果で、ますます緊張を強めてしまいます。
緊張は層の様に重なっているので、それを一つずつ解放していく技術があればその場で変化を起こせます。

膝の痛み改善ブログ・コラムへのリンク

膝の痛み 改善事例ブログ

膝の痛み 整体コラムへのリンク

膝痛について

私事、2002年の第27回 河口湖日刊スポーツマラソンで初めてフルマラソン完走できました。遠征までして、というプレッシャーを自らに課して制限時間ギリギリでの初完走でした。
膝痛というと当時の事を思い出します。

大会の半年前くらいから出始めたのですが、ある程度距離を走ると両足お皿の上に激痛が走るようになったのです。
激痛ですが、止まると何ともなくなる。屈伸してもなんともない。しかし、再度走り始めるとまた激痛が出てくる。

当時は、整体師ではなかったので、自律神経と痛みの関係を知りませんから、理解不明の膝痛としてとしか捉えることしかできませんでした。

しかし、今は違います。同じようなお客様も来られて、真の原因を認識できています。

医療機関でなかなか改善しない膝痛の方は、自律神経が乱れて起きる緊張の蓄積が影響している場合が多々あります。

冷え(体内の温度差)とかストレスによって自律神経が乱れる。

冷えは温度差なので、走った後の冷たい飲料やシャワーしか浴びない生活習慣などが影響します。スポーツの現役の方にもその影響が実際にみられ、「運動で発熱しているのだから関係ない。」と考えがちですが、それらの影響を整体で取るだけでその場で痛みが変化するのです。(温度差なのでスポーツされている方のほうが多いとさえ感じています。)

あの時、そのことを知っていたら...。

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの原因に直接アプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、開放するように促していけば、カラダが自ら開放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

知られていない不調発症メカニズムとアプローチの考え方

●整体の考え方や技術の概要は下記リンクをご参照ください。

どんな整体?
「無痛の整体」、「優しい整体」と聞いてどう思われますか? 骨は動くのだろうか?からだは整うの? と疑問を持たれる方もおられると...

●下記リンクに整体の範疇の不調に共通の不調発生メカニズムをまとめています。ご参照ください。

実績からわかった整体的不調の発生メカニズム
整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

●整体技術の詳細は下記リンクをご参照ください。

他院との技術の違い
「揉まないって?どうされているのですか?」とお客様や同業者様から技術的な問い合わせがあります。 揺らす整体で幅広く結果が出せる...

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

やってはいけないこと

不調を感じたときに、揉んだり叩いたり、痛い箇所を刺激しないことが大切です。

注意

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。
  1. ホーム >
  2. 整体による改善例 >
  3. 膝の痛み