五十肩・四十肩のあなたへ【動画で解説】

五十肩、四十肩が、医療機関の検査で異常ないのにいつまでも改善しないあなたへ。

『肩甲骨や腕だけのアプローチ』になっていませんか?

整体実績から、医療の検査で異常がなければ、自律神経の乱れがかかわる【緊張の蓄積現象】で痛みや可動障害が起きています。

緊張の蓄積が痛みや可動制限を生んでいて、それが解放されるイメージ図

【緊張の蓄積が痛みや可動制限を生んでいて、それが解放されるイメージ図】

蓄積で緊張が高まることで、

  • 肩甲骨周りの可動域が狭まる
  • 痛みが出てくる
  • 筋膜を通じた他部位との連動現象がみられる

ことがわかっています。

つまり、全身の緊張を解放することが改善には大切なのです。

当院では、【整体チェック法】という、どの部分に緊張の蓄積があるか?など、五十肩・四十肩と関連している緊張をチェックできる手法があります。

蓄積の大半は、本来は抜けていても良いはずの古い緊張が抜けにくくなっている状態なので、【整体チェック法】を使ってそれをカラダに気づかせ、解放するように促していけば蓄積は減ります。
(※無痛の技術です。※マッサージやストレッチなどは使いません。)

緊張の蓄積が減るに比例して、その場で起こる五十肩・四十肩の変化をお客様と確認しながら施術を進めていきます。

痛みや可動域の変化は95%以上の方に初回の施術で体感していただけています。

以下、改善動画を見ながら、当院でのアプローチや考え方を説明いたします。

痛みで腕が上がらない五十肩・四十肩4名様の動画ダイジェスト

動画:4名様ダイジェスト

(動画は公開の許可をいただけた場合のみの公開になります。)下に動画が表示されない場合、JavaScriptがオフになっているか、古いバージョンのAdobe Flash Playerを使用しています。最新のFlashPlayerを入手してください。

  1. 腕があがらない後ろに回らない五十肩。痛みで目がさめることがあります。60代女性
  2. 四十肩かなあ。左肩が痛くて、後ろのものを取ろうとしたら激痛が走る。50代男性
  3. 四十肩か?急に右腕が痛くて上がらなくなりました。40代女性
  4. 右腕が痛くて上がらない。3日前から、夜、痛みで目が覚めます。40代女性

解説

施術では、肩や背中や腕に一切マッサージや圧力を加えていません。カラダに溜まった緊張の解放をおこなっただけです。

緊張の蓄積が減ると痛みとズレも変化して元の機能を取り戻すイメージ図

緊張の蓄積が減ると痛みとズレも変化して元の機能を取り戻すイメージ図

4名様の技を入れた経緯から、腕が上がらなくなった原因は、緊張の蓄積が、肩甲骨周囲で許容範囲を超えて、痛みや可動障害を起こしていたのでした。

肩甲骨周囲の緊張には、他部位の緊張との引き合いがかかわっていることが多いです。他部位との引き合いを一つ一つきっちり取っていくことが改善には必要です。

緊張は、心的ストレスや冷え(温度差)ストレスが要因で自律神経が乱れて身体内部や筋膜に蓄積していくので、それに対する対策が大切になります。

4ヶ月前に右腕が上がらなくなりました 40代男性

(2018.01.17)の四十肩事例

「4ヶ月前に、急に右の二の腕にぴんと張るような激痛が出て病院に行きました。」「炎症だろうと注射を2本打ってもらったら激痛は治まったのですが、動かしたら痛いし腕は上がらないままなんです。」

「耳の手術を一ヶ月前にしたのですが、それからは何故かじっとしていても痛い状態になって、寝ているときに痛みで目が覚めることがあります。」

ご紹介でご来院。40代男性。

40代男性の四十肩改善動画:初回から3回目まで経過まとめ

3回の施術で腕があげやすくなり、腕を後ろに回したときの痛みが無くなりました。まだ、課題は残っていますが、この後は、メンテナンス間隔で大丈夫です。

解説

このお客様も自律神経が関わる緊張の蓄積でした。肩周囲に刺激を入れなくても可動域と痛みの変化がありました。

過去に事故や怪我や手術などいつも以上にカラダに緊張が入る状況があると、緊張が自然に抜けにくい状況が発生する場合があります。

それにより滞りが起きやすくなり、蓄積しやすい状態になることがあります。

同様に、痛い箇所、緊張の高まった箇所を引っ張ったり揉んだりをすると、カラダの防御反応が働いて悪化する場合があるので注意が必要です。

自分のカラダは自分が一番知っている? ドキドキしたとき、からだはどうなりますか? 意識しなくても心拍数が上がり、カラダが緊張します た...

五十肩・四十肩改善ブログへのリンク

五十肩・四十肩 改善事例ブログ(上記紹介分は除いています。)

五十肩、四十肩について

肩関節に石灰が溜まっていたり、腱が切れていたり、その場合は医療の範疇になります。

まず医療の検査をきっちりおこなってください。

医療機関で異常が発見されない肩関節の機能障害は自律神経の乱れからくる緊張の蓄積がかかわっていることが大半です。

緊張の蓄積のイメージ図

  • 緊張の蓄積により緊張が高まる
  • 筋膜を通じた連動現象(引き合い)で他部位からの影響も加わる

よくあるのが、カラダ内部(内臓系)緊張との連動が強く肩関節周囲にかかる場合があります。

影響の元はカラダ内部で、そことの引き合いなので、運動療法やストレッチでは明確な変化がなく来られることがあります。

「一年前は左肩に五十肩が出ていました。治ったと思ったら、右に出てきました。」

この様に、カラダ内部の緊張とか、他の部位との連動(引き合い)で可動域障害や痛みが出ている場合は、左肩から右肩へにたいに影響が移動する場合もあります。

痛みが出ている箇所が悪いのではなく、他の影響から結果的に起きている現象なので、因果関係をきっちり捉えて解決していく必要があります。

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

当院の整体技術は、赤ひげ塾バランス活性の技術に三軸修正法のコンセプトを導入して発展させたものです。

カイロプラクティックや武道医整体も習いましたが、その技術は一切使用しておりません。

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、解放するように促していけば、カラダが自ら解放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

知られていない不調発症メカニズムとアプローチの考え方

●整体の考え方や技術の概要は下記リンクをご参照ください。

「無痛の整体」、「優しい整体」と聞いてどう思われますか? 骨は動くのだろうか?からだは整うの? と疑問を持たれる方もおられると...

●下記リンクに整体の範疇の不調に共通の不調発生メカニズムをまとめています。ご参照ください。

整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

●整体技術の詳細は下記リンクをご参照ください。

「揉まないって?どうされているのですか?」とお客様や同業者様から技術的な問い合わせがあります。 揺らす整体で幅広く結果が出せる...

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

やってはいけないこと

不調を感じたときに、揉んだり叩いたり、痛い箇所を刺激しないことが大切です。

注意

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。
  1. ホーム >
  2. 整体による改善例 >
  3. 五十肩、四十肩