五十肩・四十肩【動画で解説】

五十肩、四十肩が、いつまでも改善しないあなたへ。

『肩甲骨や腕だけのアプローチ』になっていませんか?

整体実績から、医療の検査で異常がなければ、自律神経の乱れがかかわる緊張の蓄積で、結果的に肩に痛みや腕の可動制限として現れていることが多いのです。

緊張の蓄積とその解放で辛さが減るイメージ図

全身に及んだ緊張を減らすことで、その場で五十肩や四十肩の変化がみられるのです。

当院では、【整体チェック法】という、どの部分に緊張の蓄積があるか?など、五十肩・四十肩と関連している緊張をチェックできる手法があります。

蓄積の大半は、本来は抜けていても良いはずの古い緊張が抜けにくくなっている状態なので、【整体チェック法】を使ってそれをカラダに気づかせ、解放するように促していけば蓄積は減ります。
(※無痛の技術です。※マッサージやストレッチなどは使いません。)

痛みや可動域の変化は95%以上の方に初回の施術で体感していただけています。

以下、改善動画を見ながら、当院でのアプローチや考え方を説明いたします。

五十肩・四十肩と自律神経による緊張の蓄積との関係

医療機関では、レントゲンやMRIで腱が切れていないか?石灰が関節に溜まっていないか?など検査してくれると伺っています。

肩関節に石灰が溜まっていたり、腱が切れていたり、その場合は医療の範疇になります。

しかし、レントゲンやMRIで異常が無くても腕が上がらなく痛むのは、自律神経の仕組みが筋膜にかける緊張に目を向けることで解決することが多いのです。

動画: 五十肩・四十肩の原因を3名の改善動画で解説

この動画では、ストレッチやマッサージを一切加えず、緊張の解放を促し、緊張の蓄積が減ることで肩の痛みと腕の可動域がその場で改善していきました。

緊張の蓄積の詳細→ 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

  • 緊張の蓄積が筋肉の強い緊張状態を起こしていた
  • 筋膜を通じた他の部位からの引き合い(連動)があった

五十肩・四十肩は全身に及ぶ緊張へのアプローチが必要ということです。

自律神経が筋膜にかける緊張に着目した施術

緊張は、ストレスで自律神経が乱れて筋膜にかかっているわけですから、

  • ストレスの種類とその対策
  • 緊張の蓄積の解放技術

これらを追求した施術とストレスに対する習慣改善で根本改善を目指していきます。

緊張解放の詳細→ どんな整体?

タイプ別にみる五十肩・四十肩改善経過動画

左手が後ろにまわらない・上がらない・痛みで目が覚める五十肩 60代I様 4回で改善

五十肩改善動画:初回から4回目まで

経過

4回の施術で、肩の痛みと腕の可動域は生活で問題ない状態になりました。

解説

施術では、肩や背中や腕に一切マッサージや圧力を加えていません。カラダに溜まった緊張の解放をおこなっただけです。

腕が上がらなくなった原因は、緊張の蓄積が、肩甲骨周囲で許容範囲を超えて、痛みや可動障害になっていたわけです。

特にI様に特徴的だったのは、からだ内部の緊張との引き合いです。

緊張がかかることで筋膜を通じた引き合いが起きたイメージ

緊張は、心的ストレスや冷え(温度差)ストレスが要因で自律神経が乱れて身体内部や筋膜に蓄積していくので、それに対する対策が大切になります。

4ヶ月前に右腕が上がらなくなりました 40代男性 3回で改善

「4ヶ月前に、急に右の二の腕にぴんと張るような激痛が出て病院に行きました。」「炎症だろうと注射を2本打ってもらったら激痛は治まったのですが、動かしたら痛いし腕は上がらないままなんです。」

「耳の手術を一ヶ月前にしたのですが、それからは何故かじっとしていても痛い状態になって、寝ているときに痛みで目が覚めることがあります。」

ご紹介でご来院。40代男性。

四十肩改善動画:初回から3回目まで経過まとめ

経過

3回の施術で腕があげやすくなり、腕を後ろに回したときの痛みが無くなりました。

まだ、課題は残っていますが、この後は、メンテナンス間隔で大丈夫です。

解説

このお客様も自律神経が関わる緊張の蓄積でした。肩周囲にマッサージやストレッチを入れなくても可動域と痛みが改善しました。

元々は、技をかけた経緯から、温度差ストレスや心的ストレスによる緊張によって、最初の症状が出ていたと思われます。

自然に治癒が進んでいたと思われますが、耳の手術がきっかけとなって、緊張の解放の滞りができてしまったみたいです

過去に事故や怪我や手術などいつも以上にカラダに緊張が入る状況があると、緊張が自然に抜けにくい状況が発生する場合があります。

マスキング現象と呼んでいますが、それにより滞りが起きやすくなり、蓄積しやすい状態になることがあります。

 マスキング現象へのアプローチが改善を早める

マスキング層によって滞っている緊張に対して、自然な解放を促していくことで、上の動画のように腕の可動域と痛みが改善しました。

ブログから五十肩・四十肩改善事例リンクを掲載

五十肩、四十肩について当院の考え方

上記事例解説にあるように、医療機関で異常が発見されない肩関節の機能障害は自律神経の乱れからくる緊張の蓄積を減らすことで改善するケースが大半なのです。

緊張の解放を促すと、緊張の高まりが減りへ、筋膜を通じた他部位との連動(引き合い)も減るので、筋肉が緩み、筋膜のテンションバランスも改善されて可動域が変化していくからです。

他部位との連動(引き合い)が影響するので、辛い箇所に施術ポイントがないことが多く、このポイントを整体チェック法できっちり捉えながら施術を行っていけるのが当院の施術の特徴になります。

緊張解放の詳細→ どんな整体?

医療機関の検査はとても大切で、人によっては、「腱が切れていた。」みたいにレントゲンではわからなくて、MRIで判明したみたいな事例がありますから、医療での肩関節の状態の把握はとても大切です。

医療機関で異常が見られない場合は、自律神経に着目した施術をお試しください。

緊張の解放と、自律神経の乱れを抑える習慣改善のアドバイスで改善を目指していきます。

やってはいけないこと

不調を感じたときに、揉んだり叩いたり、痛い箇所を刺激しないことが大切です。

痛いのに無理をして過剰に腕を動かすことも悪化につながります。

詳細→ 無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

施術回数の目安

五十肩・四十肩でご来院の方は、とても手がかからない方とその逆の方と別れやすい傾向があります。

手のかかる方のヒアリングでは、「動かしておかないと固まってしまうよ。」というアドバイスを受けている方が多く、上記、からだの防御反応によって、徐々に悪化しているからです。

痛い箇所を刺激されてない方は、3回以内の施術でメンテナンス的に間隔を開けていけるケースがほとんどです。

初回の施術時に、その後の施術回数の目安とおすすめの施術間隔をお伝えします。(ご来院を強制するものではありません。)

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。
Contact

整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

Information:新型コロナ対策について

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

2012年5月5日

Posted by 院長