妊婦整体 – 産後骨盤調整 – 育児疲れ

以前、常連様の出産後のご来院で、

「妊娠中も整体OKだったの?来とけばよかった。」

と、言われることがありました。技に対しての説明が不足していたわけです。

当院では、不調に関わっている緊張に対して、自然な解放を促すことで筋膜を緩める安全な手法を使っています。

施術可能な姿勢は、

  • 座位
  • 仰向け
  • うつ伏せ

妊婦さんの状態に合わせた姿勢で施術を受けていただけます。

出産後の骨盤調整について、 押したりひねったりしても骨盤周りの機能性やバランスは回復しません。

育児疲れは、負荷や使い疲れ以外の要因に注目する必要があります。

以下、当院の整体のアプローチを紹介いたします。

妊婦さんに安心な整体

妊娠時によくでる腰痛、股関節痛、頭痛、肩こりなど不調は、自律神経がかけてくる緊張がうまく解放されなくて起きています。

→ 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

カラダに溜まった緊張が少なくなれば不調は改善します。 (緊張の蓄積の解放)

当院では、自律神経の仕組み自体に緊張を開放してもらう手法を用いています。

つまり、カラダが自ら緊張を解放するわけで、安全に筋膜が緩んでその場でおからだが変化していきます。

緊張を緩める際に、筋反射をを利用したチェック手法(整体チェック法)で不調に関わっている緊張を明確にしながら解放を促していきます。

緊張解放の詳細→ どんな整体?

  • 安全に緊張が解放される手法
  • 緊張の解放に比例した変化をその場で確認できる
  • 押圧など刺激を入れないので座位や仰向けでも施術可能

産後の骨盤調整に必要なこと

骨盤調整は、ひねったり押したり揉んだりしても意味がないと実績からわかっています。

出産時に全身に入る緊張。これがカラダに残って アンバランスや機能不全を生んでしまう場合があるのです。

たとえば、事故などでびっくりした時は全身に緊張が入ります。この広い範囲で入った緊張で緊張が滞り(マスキング現象) 、緊張が高まるため不調のきっかけになったりするのです。

「事故の後、病院で異常無いけどしばらくして首が痛くなって治らない。」という方の施術でそれが確認できることが多いです。

出産の様に辛さを我慢する状況でも同様の現象が起こる場合があり、出産時の緊張の滞りを解放していくのが産後の骨盤調整なのです。

出産時の緊張マスキングにアプローチすることで、骨盤周囲は機能的に変化し、骨盤のアンバランスだけでなく、全身のバランスが整ってきます。

骨盤ベルトについての見解

ヒアリングで、出産前からお越しいただけているお客様は、出産後も骨盤ベルトをされない方が多いみたいです。

病院で勧められて購入された常連様から、「痛いからベルトするのすぐやめた」と伺うことがあり、その方の施術を通じても骨盤ベルトの必要性は私にはわからないというのが見解です。

歪んでも元に戻る状態、 意図的に歪めても元に戻る状態、つまりカラダの機能アップをはかるのが整体で、何かで矯正することで機能改善が狙えるとは考えていないです。

育児疲れの原因は負荷ではない

妊娠時同様に、不調は「負荷の問題だからしかたない」と思い込みがちですが、本来、負荷の問題はカラダの順応力が解決してくれることが多いのです。

抱っこによる腕肩腰の辛さ、搾乳による手の痛み。

施術を通じて感じるのは、負荷というより、ストレス面で許容範囲を超え、自律神経系(脳)がそれをやめさせようと、腕や腰や手などにセーブをかけてきているのです。

これは、緊張の蓄積という意味でカラダに余裕が無くなっているから起きている現象で、緊張の滞りを取ってカラダに余裕ができれば解決することが多いのです。

緊張の蓄積とその解放で辛さが減るイメージ図
緊張の蓄積とその解放で辛さが減るイメージ図

妊婦整体・マタニティ整体の施術事例

座ったり、動こうとしたときに電気が走る坐骨神経痛様な辛さ。 妊娠8ヶ月 30代女性。

「痛っ!座るだけで痛いです。座ってしまったら響かなくなるのですけど。」
「二週間前から右お尻に痛みが出て、尾骨から、今は左お尻に強く出ます。」
「最近は電気が走る様な痛みになって。」
「階段や動こうとする瞬間に強く出ます。」
詳細は、ブログ”妊娠8ヶ月の坐骨神経痛。動くと電気が走る様な痛み”へ

一旦痛くなると前にも後ろにも動けなくなる 妊娠8ヶ月 30代女性。

「動けないですーっ!」
入口で動けなくなってられます。手を取り一番近い椅子に誘導。
「一旦痛くなると前にも後ろにも動けなくなるんです。」
詳細は、ブログ”妊婦さんのお尻の痛み「一旦痛くなると動けなくなります」”へ

呼吸しづらくて夜眠れない 妊娠7ヶ月 20代女性。

「妊娠していますけど大丈夫ですか?」
「呼吸しづらくて、夜眠れなくなっているんです。」
詳細は、ブログ”妊娠7ヶ月、呼吸しづらい、夜眠れない”へ

朝の頭痛と仰向けになれないレベルの腰痛 妊娠6カ月 20代女性。

「朝、目が覚めた状態で、首がガチガチ、頭がズキズキなんです。」
「腰も痛くて、仰向けになれないです。歩く時も響きます。」
詳細は、ブログ”妊娠6ヶ月。寝た状態で朝痛む、妊婦さんの頭痛と腰痛の施術。”へ

午前中に起きる頭痛 妊娠6カ月 20代女性。

「ガンガン痛む頭痛が午前中の間起きることがずっと続いています。」
「吐くこともあるくらいで。」
「副鼻腔炎もあるから、そのせいもあるだろうと耳鼻科では言われました。」
詳細は、ブログ”妊娠6ヶ月の頭痛。午前中にガンガン吐き気がするくらいの頭痛がでます。”へ

強くなったり弱くなったりの腰痛 妊娠5カ月 30代女性。

「昨日はすごく痛くて電話したのですが、今は痛くない状態です。」
「左のお尻から太ももまで痛くなるんです。」
「夕方に強まるし、ギックリ的にピキッと足に来ることもあります。」
詳細は、ブログ”強くなったり弱くなったり妊婦さんの腰回りの痛み”へ

股関節内側と恥骨周辺の強い痛み 妊娠9ヶ月 20代女性。

「股関節が痛くて、予約をお願いしたいのですが...。」
詳細は、ブログ”妊娠時のつらさ – 妊娠9ヶ月で、股関節内側と恥骨周辺の強い痛み”・ブログ”安産を願い、不安要因を少しでも取り除きたい”へ

産後整体・育児疲れの施術事例

授乳中に起きる腰痛。特に左お尻に痛みが集中しております 40代女性。

「授乳で抱っこの間、腰が痛くて辛いんです。」
「一週間前からで、運転中、立ち座り、あぐら、かがんだり反ったりでも痛みます。」
詳細は、ブログ”授乳中の腰痛”へ

息がし辛いくらいの肩首痛。骨盤ベルトの影響もありそうです。 20代女性。

「やっと来れました。」
「首と肩がガチガチで、息しづらいです。」
詳細は、ブログ”出産後、骨盤ベルトは必要?”へ

改善していた腰痛が妊娠時から出て出産後も続いている 20代女性。

「一ヶ月前に出産したんです。」
「良くなっていた腰が、妊娠したら動けないくらいに痛くなって、」
「出産してからも、歩いて痛いし、仰向けできないし、寝返りができない状態です。」
詳細は、ブログ”妊娠時の腰痛が産後も続いて寝返りができない”へ

育児と仕事を両立されている30代女性の不調。耳奥の神経痛と喉の違和感。

「最近、くいしばりが酷くなった感じなんです。」
「左耳奥にピキッと神経痛が頻繁に出たり、喉に何か固まりができてしまって。」
「首のあたりも重いです。」
詳細は、ブログ”喉に固まりが付いている感じ。育児中の体調不良。”へ

生まれたばかりの赤ちゃんとお母様がご一緒に。出産後の全身緊張が尾骨に出ている20代女性。

「尾骨がピキッと痛みます。」
「右に重みがかかった時、寝返りや歩くときです。」
詳細は、ブログ”産後の尾骨の痛み”へ

授乳のときに支障が出る寝違いに苦しむ30代女性。

「3日前に寝違えになって、だんだん酷くなってきました。」
「授乳のとき、下に向けない状態です。」
詳細は、ブログ”育児ストレス?寝違えで首が動かせない”へ

出産前後で位置が変わった仙腸関節痛 30代女性。

「右側ですが、骨盤か股関節かわからないんですけど、お尻の骨が痛いんです。」
「出産をしたのですが、出産前は左、出産後に右に移ったんです。」
詳細は、ブログ”骨盤痛?育児中の仙腸関節付近の痛み”へ

腰痛から坐骨神経痛に悪化が進む。育児ストレスが原因。30代女性。

「左のお尻の痛みと、締め付けられるような左足の痛みがあります。」
「最初は腰だけだったのですが。」
「病院ではブロック注射をして腰は少しましになりましたが、足には効かなくて。」
詳細は、ブログ”育児中のストレスから坐骨神経痛へ、足が締め付けられる痛み”へ

あぐらをかくと、右股関節に外れそうな痛みが走る。立って、カラダを揺らすと股関節に響く。30代女性。

「産後3ヶ月なのですけど、股関節が痛くて...。」
ご主人の紹介で来られた30代女性。
あぐらをかくと、右股関節に外れそうな痛みが走る。
立って、カラダを揺らすと股関節に響く。
詳細は、ブログ”産後3ヶ月なのですけど、股関節が痛くて”へ

妊婦整体・産後骨盤調整・育児疲れ まとめ

上記、施術事例リンクから、ストレスによる影響で自律神経が乱れ、緊張が筋膜にかかり、溜まってしまって、コリや痛みになっているっことが施術経過からわかります。

負荷の問題でしかたないと考えずに、付帯した緊張の滞り(緊張の蓄積)を減らしていく施術をお試しください。

自律神経の乱れが関わるということは、普段から新たに入る緊張を減らすことも大切です。

あまり知られていないストレスとして、温度差ストレスがあります。

  • 冷たい飲食
  • エアコンで足元が冷える
  • ヒートショック現象

これらに普段から気を付けるだけで、自律神経の乱れはかなり違ってきます。

合わせて、からだの温度差をリセットする習慣として、半身浴などが有効です。

やってはいけないこと

自律神経は刺激に対して反応してしまいます。
具体的には、刺激が入った箇所を守ろうと緊張を入れてきます。
つまり、緊張層が増えてしまうわけです。
刺激を入れないことが大切です。
ご参照→ 無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

当院の整体技術は、赤ひげ塾バランス活性の技術に三軸修正法のコンセプトを導入して発展させたものです。

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、解放するように促していけば、カラダが自ら解放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

Contact

整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

Information:新型コロナ対策について

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

2015年12月1日

Posted by 院長