歩きにくい・歩行困難の整体【動画解説付】

足が上がりにくく、つまづきやすくなったり、歩きにくくなったりの歩行困難が出た時は、必ず病院で検査をおこなうことが大切です。

しかし、検査で異常が無く、

  • 「加齢じゃないですか?」と言われてあきらめている
  • リハビリの進捗がかんばしくない

などでお困りの方は、筋肉(筋膜)に付帯する緊張の蓄積を取ることで改善する場合があります。

5年前に骨折してから歩きにくさが続いています 80代女性

「75歳で左足のスネを骨折して、それから、歩きにくいのがずっと続いとって、歩けないことはないんですけど、足の動きが悪いんです。」

「ボルトがスネと足首に両方入っとります。」

「色々ありますけど、一番気にしているのは歩きにくいことで、歳じゃけしょうがないんかな。」

娘さんのご紹介でご来院。80代女性。

改善を動画で見る

5回目までの歩行困難の改善経過をまとめています。

正確さを考えて、施術前だけで比較しています。

4回目のヒアリング時には、ご本人に改善の自覚が出てきて、

「歩くのはちょっとマシな感じです。」

5回目のヒアリング時には、

「だいぶ、カラダが軽い。」

「歩くの楽です。」

と喜んでいただけました。

5年前の骨折時に残った緊張や手術の時の緊張が、自然な緊張の開放を滞らせていたために起きていた歩行困難でした。

筋力や骨格系に問題が無かった事例で、「歳かなあ?」と思われている方で、この様に改善していかれる方は結構おられます。

詳しくはブログ→ 5年前に骨折してから歩きにくさが続いています 80代女性

左足に激痛が入り力が入れられない身体を支えられない 60代女性

「立ったり歩いたりで左足がビビッと強く痛みます。」

「力が入らないから左足で支えられないです。」

左足に力が入らない・強い痛みで歩行が困難な60代女性。

改善を動画で見る

3回目までの歩行困難の改善経過をまとめています。

正確さを考えて、施術前だけで比較しています。

歩く時だけでなく、寝ていても痛い状態でしたが、3回の施術で間隔を開けられる状態になりました。

この方は、医療の検査で骨格的な問題が指摘されていました。指摘されていた骨格的な問題は、整体では変化しません。

しかし、歩きに問題が無くなったということは、結果的に、痛みや力が入らないという現象には、骨格的な指摘箇所からの影響はあまり無かったことになります。

整体的要因としては、ストレスによる自律神経の乱れが関わっていました。

詳しくはブログ→ 左足に激痛、力が入らない。坐骨神経痛様な症状。腰椎すべり症と診断されましたーその後

ふらつきで真っ直ぐ歩けない 40代女性

「一ヶ月前から、ふらついて真っ直ぐ歩けない状態になりました。」

「日を浴びてもフラフラしたり、夜暗いところ歩くと平衡感覚がよくわからない、壁をつたっても怖い感じ。」

「朝、起きた時、流れるような目眩が時々あります。」

医療機関では検査で異常無く、自律神経失調症の漢方を処方された。
40代女性。

ふらつきが伴うので、左方向に引き寄せられて真っ直ぐに歩きにくい。立ちっぱなしが長くなってもふらつきが出てくる。カラダは左に傾き、右肩は常にこっている状態。

5回の施術で会社に復帰。7回の施術で間隔を開けられるようになりました。

心的ストレスによる影響が関わっていましたが、暑い時期特有の温度差ストレスによる自律神経の乱れも多くかかわり、医療では原因不明とされたふらつきになっていました。

暑い時期は、冷たい飲食やエアコンによる温度差ストレスに注意が必要で、それらによる自律神経の乱れは、カラダに残りやすい緊張になりやすいので注意が必要です。

詳しくはブログ→ ふらつきで真っ直ぐ歩けない

改善後のメンテナンス時の動画→ 自律神経が特に乱れやすい時期に突入(ふらつき改善後3ヶ月)

歩行困難について アプローチ 施術回数の目安

自律神経が乱れることによって筋肉や内臓系に緊張が入ります。

それが蓄積して許容範囲を超えると痛みなど不調になります。
(病院で異常が無いことが前提ですが、整体の範疇の不調すべてに緊張の蓄積は関わっています。)

自律神経が乱れて緊張がカラダに蓄積していくイメージ図

歩行困難も、病院で異常無ければ、この蓄積現象で筋肉に制限がかかっている状態なのです。

逆に、これらの緊張の開放を促していけば、その場で不調は改善の方向に変化します。

緊張の蓄積が開放されるに比例して不調が緩和しているイメージ図

緊張の蓄積が開放されるに比例して不調が緩和しているイメージ図

緊張の蓄積は、その大半は古い過去の緊張であることが多く、何らかの理由により自然な開放が進んでいないだけの状態なのです。

したがって、開放を促すきっかけ(技)を入れれば、その場で、カラダ(脳)が緊張を一つづつ開放してくれます。

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの原因に直接アプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、開放するように促していけば、カラダが自ら開放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

知られていない不調発症メカニズムとアプローチの考え方

●整体の考え方や技術の概要は下記リンクをご参照ください。

「無痛の整体」、「優しい整体」と聞いてどう思われますか? 骨は動くのだろうか?からだは整うの? と疑問を持たれる方もおられると...

●下記リンクに整体の範疇の不調に共通の不調発生メカニズムをまとめています。ご参照ください。

整体チェック法を使った施術でその場で起きる変化から、『どこに何の技を入れて変化したのか。』を知ることができます。 入れた技の種...

●整体技術の詳細は下記リンクをご参照ください。

「揉まないって?どうされているのですか?」とお客様や同業者様から技術的な問い合わせがあります。 揺らす整体で幅広く結果が出せる...

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

やってはいけないこと

不調を感じたときに、揉んだり叩いたり、痛い箇所を刺激しないことが大切です。

注意

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。
  1. ホーム >
  2. 整体による改善例 >