顎関節症・顎の痛み【動画で解説】

医療機関の検査で異常なく、物理療法で改善しない顎関節症(顎の鳴り・顎の痛み・口が斜めに開く・口の開けにくさ)。

顎や首など、上半身だけのアプローチになっていませんか?

実績から、顎関節症は顎関節周囲だけの問題ではないことがわかっています。

病気や疾患や生まれつきでなければ、95%以上の方が初回の整体で変化を実感していただいています。

顎はカラダの歪みやコリの影響を常に受けている

顎(あご)の状態、かみ合わせ・鳴り・ズレなどは、カラダに影響を与えます。逆に、カラダの状態も顎へ影響します。

つまり、顎とカラダは常に連動している(引き合っている)のです。

動画:顎関節症とカラダの状態が影響しあっている

施術では、顎に押圧したり、カラダにストレッチは一切加えていません。

自律神経が筋膜にかけている緊張を順序良く解放させていくと、開口は徐々に自由になり真っ直ぐな方向に変化、同時に、カラダの捻じれ、可動域も改善していきました。

(腰痛・肩こり・頭痛など併発する不調も同時に変化していきます。)

全身へのアプローチが必要

顎に影響を与えているカラダの状態とは、通常より硬くなっているカラダの部位。つまり、自律神経が筋膜にかけている緊張すべてが、顎の不調と関わっていることになります。

当院では、顎関節症と緊張部位との因果関係をチェックできる手法を持っています。

  • どの部位からの影響で顎のズレが生じているのか?
  • どの箇所に溜まった緊張と連動して顎に痛みが出ているのか?

など。

全ての施術で、主にボディ側に施術ポイントがあって、全身の緊張にアプローチしなければ、顎関節症の改善と安定は望めないのです。

詳細ページ→ 顎関節症とカラダの連動を動画で解説

タイプ別にみる顎関節症改善動画(お客様の声)

当院では、改善経過を動画でまとめたものが、「お客様の声」として伝わりやすいと考えています。

お客様に改善効果を実感していただいた後、動画の公開許可をいただいて公開に至っているからです。

顎が鳴る・引っ掛かって口が開きにくい

口が真っ直ぐ開かない ガクガク鳴る 倉敷市 N.S様

初回施術から3回まで開口まとめ動画

5年程前に痛みが出て異常に気づいた。歯科の診断で、マウスピースを現在まで使っている。痛みは現在無いが、開閉がスムーズに行かない状態で紹介でご来院。N.S様は3回の施術で満足されました。まだ、改善の余地はありますが、この様に、関節円板のズレは、整体により自然に戻っていきます。

口を開けるとコンと音が鳴る。頭痛もあります。 岡山市 Y.T様

初回から3回まで開口まとめ動画

ブログ 「 口を開ける時に右アゴがカコンと鳴ります。片頭痛にもある30代女性 」でアップした動画を一本にまとめて見やすくしています。

  • 口を開けるとコンと顎が鳴る
  • 2週間に1度の割合で片頭痛が起きて、左目中心に出る時と、右こめかみに出る時がある

初回施術:顎の音が消え、開口が少しアップ。頭痛が消えた。

2回目施術前(2週間後):治癒力で開口にさらに余裕がでて、顎の音は時々鳴るレベル。頭痛はまだ出ていない。

3回目施術前(17日後):開口状態は維持。顎の音は鳴っていません。頭痛は右側に弱いのが出たくらいで、薬を飲まなくて良いレベル。

口が途中で止まる 岡山市 Y.T様

5年前から顎関節症に悩み、歯科で相談してこられました。口を開けると指2本分のところで止まってしまう。

初回から3回まで開口まとめ動画

初回施術:なんとか指3本分まで開くようになりました。

2回目施術:「口が良く開く日と開きにくい日が交互にありますが、良く開く日が増えました。」

まだ、若干の引っかかり感があるみたいですが、施術後は無くなり、楽に開くようになりました。

3回目施術:引っかかり感は戻っていないし、順調に改善しています。

施術で、違和感なく楽に開く形で終了。

詳細はブログ→アゴの関節円盤のズレで口が指2本分しか開かない

整体コラム(顎関節症カテゴリ)からの抜粋

顎が痛くて口が開きにくい

右顎が噛むときも開けるときも痛い 鳥取県30代女性

「一週間くらい前から右アゴに痛みが出て、右で噛んだ時に痛みます。」

「開けづらいし、肩や腰も痛みます。」

初回施術から3回まで開口まとめ動画

初回施術:噛んだ時の痛みは半分になりました。

2回目施術:「開閉がスムーズに感じます。痛みは3日ほど良かったですがまた出てきました。」

施術後は、「ずいぶん楽になりました。噛むときの痛みは最初の10分の1くらいです。」

3回目施術:「調子いいです。食事で右でも噛めます。」「痛みは、前の術後の1レベルの痛みが残っていますが、今回は全然ぶり返しが無いです。」

施術では、痛み無く開口も調子よく終了できました。

詳細はブログ→マウスピースをしだして右アゴに痛みが出てきました

お客様の声もいただきました。

お客様の声 鳥取県K.I様

噛む時と開ける時の右顎の痛み 岡山市 20代女性

「ずっと調子よかったのですけど、2週間前から顎に痛みが出てきて。」

「頬杖が原因かもしれません。」

8年ぶりのご来院です。(2009年に4回の施術で開口と痛みの改善)口を開けると右顎に痛み。噛むときも右顎に痛み。開口に制限がかかっている。

初回から2回までの開口まとめ動画

初回施術:痛みは無くなり終了。開口はあまり改善されていません。

2回目 6日後:

「だいぶ良いです。噛むのできます。」

「噛みあわせに戻り感があります。」

施術で開口がアップして、顎周辺が緩み機能を取り戻しました。

詳細はブログ→頬杖が原因?噛む時と開ける時の右アゴの痛み

痛みや引っ掛かりが無いけど口が開きにくい

口が開きにくい!食事で疲れる。開口の改善に回数がかかった 山口県30代女性

「1年前、食事中に噛む時にグキッとなって、それから徐々に、口が開け辛い状態まで進行しました。」

「マウスピースなども試しましたが、開け辛いのは続いています。」

「食事では開けにくいだけでなく、疲れます。」

「首の痛みや、右腰、左膝にも不調が出やすいです。」

初回から6回までの開口まとめ動画

術前には少し戻りながらも徐々に開口アップ。3回目の術後に見た目にわかりやすい開口変化が起きました。

  • 術後の変化:4回目以降十分な開口を確保
  • 術前の状態:徐々に開口が広がっている

詳細はブログ→口が開きにくい!食事で疲れる。開口の改善に回数がかかった。

不定愁訴を伴う顎関節症

口が痛くて開かないし頭がボーッとする 岡山市 ゆうこ様

「一ヶ月前から、口が開かなくて右顎に痛みがあります。」
「同時に、頭もボーッとして元気が出ない。暇があったら寝ていたい状態です。」

専門学校の発表会のお疲れとカゼが重なり、お辛さが一気に出たみたいです。良くあるケースのアゴの不調ですが、緊張が重度で頭がボーッとして全くお元気がありません。

初回施術から3回まで開口まとめ動画

初回施術で、口が開いてきました。

頭のボーッと感は、10分の2まで減り、顎の痛みは、10分の3くらいまで減りました。

ストレス系の緊張がマスキングがらみで全身を覆っていました。冷えからくる内部の緊張との連動が頭までかかっていて、これがボーッとする感覚の主因になっていました。

2回目施術:前回の状態を維持しています。

「痛みは、あくびの時だけ初回の半分くらいの痛みが出ます。」
「頭のボーッと感はなくなりました。でも、眠いのはあります。」
「動作がまだ鈍くて、下のものを取る時とか、小走りしにくい。」

前回同様の施術で、お辛さが気にならないレベルで終了。

3回目施術:「あご楽です。頭も完全に取れたし、全身の不調がだいぶ無くなりました。」

さらに開口が楽になっています。顎の痛みもなくなり終了しました。

詳細はブログ→頭がボーッとするだけでなく、口が痛いし開かない

お客様の声いただきました。

お客様の声 ゆうこ様

毎日の頭痛、中二からのめまい、一年前から顎関節症 岡山市19歳女性

「頭痛が小学1年からほぼ毎日出ています。」

「何度か頭痛で入院もしたことありますが、MRIなど検査で異常がでないんです。」

「めまいは中二くらいから出るようになって、朝が多くて、立っているのが辛くなります。」

「顎関節症は一年前からで、両顎の痛みと口の開きにくさがあります。」

顎関節症は顎関節に痛み、開きにくさもあります。

初回から2回まで開口まとめ動画

頭痛とめまいは出なくなり、顎の痛みは消え、開口もアップしました。

一ヶ月後お母さまのご来院で、「娘はあれから本当になんとも無くなったんですよ。」と良い状態が維持できていることの確認ができました。

詳細はブログ→小1からの頭痛・中2からのめまい・1年前から顎関節症

噛み合わせが気になる顎関節症

左奥歯が浮いてついていない 岡山県津山市 S.F様

「先週、トウモロコシを噛んで顎がグキッとなりました。」
「左奥歯が浮いていて、噛むと痛くて、口が開けにくいです。」

口がうまく開いていません。

初回から3回まで開口まとめ動画

初回施術後:

「前歯に当たっていたのが当たっていない!」
「奥歯が浮いていたのがついています。」

まだ少し口が開けきれて無い感じがありますが、治癒力によるエージングがかかるので施術はここまでです。

2回目施術前(前回から1週間後):

「顎は痛みが取れて楽になっています。」

動画は術前の状態ですが、前回術後からさらに余裕ができて、問題ない状態です。 顎以外のお辛さがまだ出ているので調整して終了。

3回目施術前(前回から1週間後):

「顎は気になりませんでした。」

顎は2回目も3回目も戻りなく、初回の施術で不調要因は解放できていたことになります。 後はメンテナンス間隔で大丈夫です。

岡山県津山市藤井様 お客様の声

顎関節症ブログ集

動画入り顎関節症改善ブログ

お客様に改善効果を実感していただいた後、公開を許可していただけた動画を載せたブログ集です。

2009年から経過を動画に記録してきました。公開許可をいただけた動画だけなので少ないですが、ほとんどの顎関節症タイプで実績を作ってこれたと思っています。

きっと、あなた様の顎関節症もこの中にあると思います。

かみ合わせが整体で変化した事例ブログ

顎の痛みブログアーカイブ

ブログアーカイブ → 顎の痛みカテゴリ

専門サイトでまとめております。以下リンクも、是非ご参照ください。

顎関節症と腰の意外な関係!岡山市【顎の整体】

顎関節症について

顎関節症は、外傷や病気以外で起こる顎周囲の不調の総称で、顎関節の円板がズレて口が開きにくかったり、顎周囲の筋肉が緊張で痛んだりします。

病気や外傷が無いのに、気づいたらズレや痛みが出ていたという方は、自律神経の仕組みが顎の不調にかかわっているからなのです。

自律神経の乱れと緊張の蓄積が顎関節症に関係

上記実績から、顎関節症は、カラダ全体に付帯する緊張の蓄積の影響をうけていることがわかっております。

緊張の蓄積とは、ストレスなどから自律神経が乱れてカラダに緊張がかかり、それが溜まっていく現象です。

詳細→ 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

カラダ全体で筋膜を通じた連動現象が起きるので、緊張の蓄積の影響が顎関節に影響しやすいわけです。

  • 全身の緊張のアンバランスが顎のズレを生む
  • 緊張の高まりが痛みを生む
緊張のバランスが変わると辛さだけでなく骨のズレやカラダの歪みも改善するイメージ
緊張のバランスが変わると辛さだけでなく骨のズレやカラダの歪みも改善するイメージ

たとえば、上図のように緊張の左右差があると、カラダに捻じれる方向にテンションがかかります。

捻じれに逆らいカラダを正面に向けようとすると、顎関節のようなぶら下がった関節に向けて、その捻じれが発散される形になるのです。

からだの緊張のアンバランスが関節円板のズレに影響する(引き合い現象)図

テンションの左右差から関節円板がズレるので、引っ掛かったり、ガクンとなったり、口が開かなくなったりが起きるのです。

顎のズレを実例で説明→ 顎のズレの原因?

そして、緊張の蓄積が顎に達して、カラダの許容範囲を超えると顎の痛みとして現れるわけです。

これは、顎がズレているから痛むのではなくて、それを解説したページをご用意しています。

顎の痛みとズレの関係性ページ→ 顎の痛みの原因は顎のズレ?

自然な筋膜リリースを実現した独自の技術

当院では、マッサージでコリを一時的に散らしたり、ストレッチで筋や筋膜を伸ばす手法は使いません。

揉んだり伸ばしたりしても、自律神経の仕組み(脳)が緊張を開放することはないと考えているからです。

緊張の自然な解放を促す自律神経に働きかける安全な手法

整体チェック法という不調との因果関係をチェックできる手法で、顎関節症に関わる緊張を特定して、緊張に対し自然な解放を促していきます。

蓄積の大半は、本来は抜けていても良いはずの古い緊張が抜けにくくなっている状態なので、【整体チェック法】を使ってそれをカラダに気づかせ、解放するように促していけば蓄積は減ります。

緊張解放の詳細→ どんな整体?

蓄積が減ると、その場で顎関節症が変化していきます。

緊張の蓄積とその解放で辛さが減るイメージ図

整体チェック法を使ってポイントを明確にしてアプローチするので、変化はほとんどのケースでその場で起きます。変化をお客様と確認しながら進めていきます。

医療機関の治療で改善しない顎関節症は、是非、緊張の蓄積を取る整体をお試しください。

やってはいけないこと

顎や首へのマッサージ

不調を感じたときに、不調箇所を揉んだり叩いたりしないことが大切です。

インターネットの情報を見てマッサージをおこない。それで痛みが出てご来院されたお客様は少なくないです。

開口練習

開口練習に注意してください。緊張の蓄積が関わっている状態は、本来、休息をとるべき状態のことが多いです。

無理に開口することにカラダが反発して、さらに緊張を入れてくる場合があります。それによって、悪化されて来られている方が多いです。

マウスピースの是非について

お客様のヒアリングと経過から、マウスピースで顎関節症が改善するとは当院では考えていません。

カラダに付帯する緊張がそれによって解放されないからです。

ただ、柔らかいマウスピースは、食いしばりに対する歯の保護として役立っているとヒアリングから感じています。

逆に、硬いマウスピースは注意が必要と感じています。

実際に、マウスピースを継続されている方から、「硬いマウスピースにしたら、首と肩が以前よりこるようになった。」というヒアリングがあるからです。

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

当院の整体技術は、赤ひげ塾バランス活性の技術に三軸修正法のコンセプトを導入して発展させたものです。

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、解放するように促していけば、カラダが自ら解放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

Contact

整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

Information:新型コロナ対策について

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。

2012年5月5日

Posted by 院長