背中の痛み

医療機関で異常無いのに背中が痛い。など、背中の辛さがあるあなたへ。

筋肉の過緊張による痛みと自律神経の関係

ご存知ですか?

緊張の蓄積と、それが減るとそれに合わせて辛さが減っていくイメージ図

緊張の蓄積と、それが減るとそれに合わせて辛さが減っていくイメージ図

当院では、筋肉にかかった緊張に対して自然な解放を促す、自律神経に着目した手法で全身を整えていきます。

緊張の蓄積が減るに比例して、その場で起こる背中の痛みの変化をお客様と確認しながら施術を進めていきます。

背中の痛みの変化は95%以上の方に初回の施術で体感していただけています。

以下、事例をあげて、当院でのアプローチや考え方を説明いたします。

背中がピキッとなって、深呼吸で背中が痛い 20代女性の事例

「息を深く吸うと背中が痛いです。」

「昨日、ベッドに転がった時にピキッとなって。」

紹介でご来院。20代女性。

慢性的な強い肩こりもあり、後ろに反っていただくと背中の痛みだけでなく肩も痛みます。

チェック法でチェックしながら無痛の技をいれていきます。

下腹部内部の緊張が、首、肩、背中に影響しています。

加えて、首にはストレス系の緊張がかかっていて、普段の肩こりの元は首にもある感じです。

全身の緊張バランスと合わせて反応箇所を調和させて確認。

「背中の痛みが減ってきました。肩が楽!」

残った痛みの関連をチェックしていくと、背中の痛点付近のじん帯も反応します。

調整と確認を繰り返して、

「息を吸っても痛く無いです。動いても大丈夫です。」

「肩が軽くなりました。」

肩周辺の慢性的な辛さは、カラダ内部の緊張と首にかかっているストレス系の緊張の影響によるものと思われます。

背中の痛かった箇所の状態はさほど悪くなくて、本来であれば軽いストレッチなどで戻るレベルでした。

しかし、元々存在していたカラダ内部の緊張と連動してしまって治癒力で戻せない状態に陥っていたと思われます。

こういうケースは良くあります。

半身浴でカラダ内部の緊張は溜めにくくできます。

お勧めの温度と時間をお伝えして終了しました。

施術ポイント解説

温度差や心的ストレスで自律神経が乱れると筋膜に緊張がかかります。緊張が溜まって蓄積してくると、筋肉の緊張が高まってきます。

その高まった箇所に負荷など刺激が入り、カラダの許容範囲を超えると、突如として強い痛みが発生してしまう場合があります。

緊張の蓄積が許容範囲ギリギリの状態で何かがきっかけとなり許容範囲を急に超えるイメージ(ぎっくり背中発生イメージ)

緊張の蓄積が許容範囲ギリギリの状態で何かがきっかけとなり許容範囲を急に超えるイメージ(ぎっくり背中発生イメージ)

カラダの許容範囲ギリギリに緊張が溜まり、いつ超えてもおかしくない状態の時に、ギックリ腰やギックリ背中と言われる現象は起きることが多いと感じます。

再発防止としては、カラダの許容範囲に対して余裕がある状態、蓄積の少ない状態を保つように普段から、温度差ストレスや心的ストレスへの対策をしておくと良いのです。

背中の痛みが2ヶ月前の出産後から続いています。骨自体が痛い感覚です 20代女性の事例

「背中の痛みが2ヶ月前の出産後から続いています。骨自体が痛い様な感覚です。」

「かがむときに出やすいです。」

紹介でご来院。20代女性。

骨に異常無く、整形でブロック注射したが変化なかったみたいです。

挙上で肩に強いコリ。頭上で首の後ろに痛み。

背中は今は曲げても痛みが無い。

後屈では腰に痛み。

整体チェック法でみた整体要因リレーション:

背中はストレスの影響が直接かかっている。

痛みの出方が短期間に変化していることが、現在進行形のストレスと連動して出たり引いたりしているのでしょう。

背中以外は、肩の緊張との連動、頭部緊張との連動が整体チェック法に反応します。

整体チェック法でチェックしながら、内部の緊張や部位間連動に対して、順序良く自然な解放を促していきます。

出産時のマスキングも反応しました。関連する緊張層をチェックしながら解放。

確認で、

「肩、ぜんぜん取れています。」

前屈は?

「背中の痛みが出てきました。」

後屈?

「あ、反れる。」

再調整で、

「背中の痛みの位置が上がってきました。」

再調整で、

「今度は、背中の痛みが下がってきました。」

再調整で、

「ほぼ取れました。」

冷え取りの個人毎の最適値をお伝えして終了。

背中の痛みは消えてきましたが、まだ、要因となっている緊張の蓄積が残っていますから、間隔を開けて表面化するのを待ちます。

(2回目 10日後)

「首と背中は出てきました。抱っこするし。」

「首は後ろではなく横に出ています。」

2回目は背中の痛みに関して結構手こずりました。

緊張の解放が進むにしたがって痛みが強まり、痛みの核となるポイントに到達するもマスキング現象も絡んで複雑化していました。

「痛い!骨が痛いって感じ。」

マスキングに絡んでいる古いストレス系緊張をチェック法で順序良く解放して確認。

「あ、もう全然。痛くないです。」

よかった。

この後は、メンテナンスで施術間隔は開けていけます。

施術ポイント解説

医療の検査で異常無かった不調は、自律神経の乱れが関わる緊張の蓄積現象で起きていることが多いです。

蓄積を解放していく過程で、残った蓄積の付帯バランスが変わってきます。痛みの位置が移動したり強まったりするのは、それにより起きていることです。

ストレスが強くかかわっているときは、医療の検査で異常なくても、ブロック注射や痛み止めが効きにくくなる傾向があるとヒアリングから感じています。

育児などで常に注意をはらっていたり、睡眠が阻害されたりする環境では、脳が休まらない状態になります(脳疲労)。この状態が長く続くと、脳が痛みを出して、この状況を変えようとしてくるため、痛み止めとかが効きにくくなるといわれています。

抱っこなど負荷の問題より、このように、心的ストレスの影響のほうが不調に関わっている割合が多いのです。

背中の痛みについて

「引っかかっている感じ。」「骨がずれている感じ。」

この様に骨格的に何か起きているかのような感覚をヒアリングで伺うことがあります。

病院の検査で異常なければ、こういった事例にも自律神経の乱れによる緊張の蓄積が関わって、筋肉の過緊張から痛みが起きていることが多いのです。

自律神経の仕組みが起こす緊張と背中の痛みの関係

ストレスを浴びると自律神経が乱れ、カラダ(筋膜)に緊張が入ることは、すでに知られていることです。

これが、筋膜に蓄積する場合があり、それが筋膜を通じて全身で連動し合います。

緊張の蓄積と筋膜を通じた連動現象によって痛みが出る

緊張の蓄積と筋膜を通じた連動現象によって痛みが出る

病院で異常がない背中の痛みとは

上記、筋膜を通じた引き合い(連動)現象と、緊張の蓄積現象により、結果的に背中に痛みが出ている。(背中で許容範囲を超えている)

つまり、背中への緊張だけでなく、他の部位の緊張からの影響も受けて、背中に痛みが発生しているわけです。

医療の検査で異常がでない辛さは、この自律神経の仕組みが関わっていることが多くて、痛い箇所に原因がないケースが多いのはこの理屈によります。

緊張の蓄積の詳細→ 実績からわかった整体的不調の発生メカニズム

緊張の解放を促す

当院では、マッサージでコリを一時的に散らしたり、ストレッチで筋や筋膜を伸ばす手法は使いません。

緊張の蓄積と、それが減るとそれに合わせて辛さが減っていくイメージ図

緊張の蓄積に対して、自然な解放を促していく技術があります。

無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法を使って、背中の痛みに関わっている緊張のポイントを特定して、解放を促していきます。

蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態なのです。

緊張解放の詳細→ どんな整体?

実際に、緊張の解放に比例して、その場で痛みは変化していきます。

アプローチ概要

施術モットー

  1. 整体チェック法で因果関係を明確にします
    ”整体チェック法” を使い、お辛さの関連ポイントにアプローチ。その場で起きる変化を確認しながら調整を進めていく施術体系になっております。
  2. 施術後のお辛さの変化を確認します
    整うことで起きる可動域の変化や、不調の変化を確認していただきます。
    変化の確認で、気になる箇所があれば必ず教えてください。負担がかからない範囲で微調整を繰り返します。
  3. 習慣改善のアドバイスもします
    私も以前そうでしたが、カラダに良くない習慣を良かれと思って行っていることがあります。

技について

当院の整体技術は、赤ひげ塾バランス活性の技術に三軸修正法のコンセプトを導入して発展させたものです。

カイロプラクティックや武道医整体(関節を鳴らす整体)も習いましたが、その技術は一切使用しておりません。

整体チェック法
無意識にカラダに起きる筋反射反応を利用したチェック手法。技を入れるポイントなど整体的因果関係をお客様から取得しながら進めます。
技とは
不調に関わる緊張の蓄積の大半は、過去の古い緊張であることが多く、本来、消えていても良いはずの緊張が抜けにくくなっている状態です。それをカラダ(脳)に気づかせ、解放するように促していけば、カラダが自ら解放を進めてくれます。したがって、カラダ内部の緊張も解放可能なのです。
なぜ優しい調整法なのか
元々、人に備わっている”元に戻す力”を邪魔しないためです。強い刺激に対してカラダ(脳)は緊張を入れて守ろうとするので(防御反応)、強い刺激は改善の妨げになります。
安全な施術
整体チェック法の反応とセットになった技で、カラダ自ら動いてもらう手法なので、カラダが望まないポイントに技が入るというものではありません。

元々、人に備わっている”元に戻る力”を有効に使います。改善の早さと持続力が評価されています。整体チェック法が使いこなせて、自律神経系の技と一体化していることが他院にない技の特徴になります。

施術回数の目安

  • 施術回数にかかわる要素
    • 蓄積した緊張の量
    • 刺激によるカラダの防御反応の影響
    • 生活習慣の影響

平均的には、3回以内の施術でメンテナンスとして間隔をあけられる方が多いですが、状態による個人差があります。
初回の施術時に改善予測や、お勧めの施術間隔などをお伝えします。(ご来院を強制するものではありません)

やってはいけないこと

不調を感じたときに、揉んだり叩いたり、痛い箇所を刺激しないことが大切です。

防御反応の詳細→ 無意識に起こるカラダの反応と刺激の関係

背中の痛み改善ブログへのリンク(直近)

Contact整体院 ほぐし庵

Address : 岡山市南区築港新町2丁目11-10

【完全予約制】【駐車場有】

Tel : 090-9418-4644

Tel 受付時間 8:00~21:00

Mail : 予約・問い合わせメールフォーム

不定休 → 営業予定表

※注意 このホームページは、当院の整体施術によるお客様の改善経過のヒアリングと観察を基にまとめたものです。医療行為はおこなっておりません。整体は筋肉や骨格のバランスを整えることで、阻害要因をなくし、人が本来持っている自然治癒力を働きやすくするための技術です。事故や疾病が原因と思われる場合は内科や整形外科等の医療機関の診断をまず受けることが大切です。